Tetsuya T

研究者・技術者

企業の研究/開発者。

実験と数値シミュレーションの両方を行っており、実験家と理論家の橋渡しを行う。

業務では主にデバイス開発を行っている。

数値シミュレーションでは量子化学計算、有限要素法(CFD,電磁場解析)、モンテカルロ法の他、画像処理など分野を超えた様々な領域に従事。


大阪大学大学院理学研究科修了。

学生時代はForntran95をメインに使用しており、OpenMPとMPIの並列化を併用したスパコンでの大規模数値計算を行っていた。


使用するプログラミング言語(頻度順):

Python(メイン)、Fortran、Perl、Swift、Octave、C++、 C言語、Java

  • Students
    70
  • Courses
    1
  • Reviews
    8