WEBデザイナーコース(必須アプリ基本機能操作習得パック)Adobe CC 2015版
4.4 (8 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
56 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add WEBデザイナーコース(必須アプリ基本機能操作習得パック)Adobe CC 2015版 to your Wishlist.

Add to Wishlist

WEBデザイナーコース(必須アプリ基本機能操作習得パック)Adobe CC 2015版

WEBデザインに必須のDreamweaver、イメージ画像や商品写真の補正・加工に必要なPhotoshop、ロゴやデザインパーツ制作に欠かせないIllustrator、これらのCC 2015版の基本的な使用法をまとめて習得できるパックです。
4.4 (8 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
56 students enrolled
Last updated 1/2016
Japanese
Current price: $12 Original price: $50 Discount: 76% off
3 days left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 10.5 hours on-demand video
  • 1 Article
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion

Training 5 or more people?

Get your team access to Udemy's top 2,000 courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What Will I Learn?
  • ウェブページ制作に必須のDreamweaver、イメージ画像や商品写真等の修整・加工に必須のPhotoshop、ロゴやインターフェースのパーツ制作に欠かせないIllustrator、これらWEBデザインに必要な3つのソフトウェアの基本的な使用法がわかります。
  • [Dreamweaver]WEB制作がより向上したDreamweaver CC 2015の新しいUIを使いこなすことができる
  • [Dreamweaver]レスポンシブWEBデザインの実装を簡単に行う事ができる
  • [Dreamweaver]テキストの状態からマークアップし、cssスタイルパネルを活用し、コーディングの知識がそれほどなくとも、Web基準に沿ったまま直観的に作成を行うことができる。
  • [Dreamweaver]テキストからマークアップ、レスポンシブWEBデザインの適用まで一貫して行う事ができる。
  • [Photoshop]ウェブページに使用する、商品の写真やイメージ画像をより綺麗に補正、加工して使用することができるようになります。
  • [Photoshop]写真の切り抜きや色補正、合成ができるようになります。
  • [Photoshop]写真にテキストやオブジェクトを配置することができるようになります。
  • [Photoshop]RAW画像編集ができるようになります。
  • [Illustrator]ウェブページに使用するロゴやパーツを制作することができるようになります。
  • [Illustrator]様々な形状のオブジェクトを配置・変形し、さらに複数のオブジェクトを合成することができるようになります。
  • [Illustrator]鉛筆ツールや曲線ツールやパスツールを使って、自由な形状のオブジェクトを作ることができるようになります。また、ブラシツールの絵筆で手書き風のオブジェクトを作成したり、スプレー散布の表現などができるようになります。
  • [Illustrator]文字を変形させたり、効果的なレイアウトができるようになります。
  • [Illustrator]オブジェクトを立体的に押し出したり、オブジェクトの回転体を作り出すなど3D効果が使えるようになります。
View Curriculum
Requirements
  • 各ソフトウェアの2015版がPCにインストールされていること。
  • このコースに含まれる3つのコースが、単体で公開されていることを知っていること。
Description

このコースは、現在公開中の3つのコース(誰でもわかる Adobe Dreamweaver CC 2015・誰でもわかる Adobe Photoshop CC 2015・誰でもわかる Adobe Illustrator CC 2015)をパックにしたものです。


●誰でもわかる Adobe Dreamweaver CC 2015
2015リリース版のAdobe Dreamweaver CCの基本的な利用方法を学習します。スマートフォンやタブレット向けにレスポンシブデザインの実装を行いながらDreamweaver CC 2015の便利な機能紹介、webページ作成の基礎を初心者の方に向け丁寧に解説しています。
3つのセクションで構成されます。

  1. ・基本的なマークアップの方法などを学びます。作成するサンプルサイトの完成例を確認し、Dreamweaverの画面構成を学習、HTMLの基本的な要素のマークアップ操作を行い、CSSの基礎を学んで、最後にDiv要素によるグループ化を行います。テキスト情報を保ったままロゴ画像をCSSで配置する方法など、テキストを意味づけ整理を行う事で効果的に閲覧者に伝える方法がわかります。
  2. ・セクション1で作成した要素に対し詳細にデザインを適用する方法を学びます。CSSスタイルパネルを活用しながら、IDを追加して基本的なデザインレイアウトを行っていく中で、IDと要素を組み合わせたセレクタの設定、floatに対しclearfix等を使ったレイアウト崩れの直し方等も学び、記述を短縮するCSSのショートハンド等のCSSが理解できます。
  3. ・デザインの仕上げを行い、スマートフォンやタブレットでも読みやすくなるように、レスポンシブデザインを実装します。画像をレスポンシブ化し、メディアクエリーのブレークポイントの追加を行い、タブレット用、スマートフォン用のスタイル設定を行っていきます。アップロードの際に便利なクロークの設定なども行います。


●誰でもわかる Adobe Photoshop CC 2015
2015リリース版のAdobe Photoshop CCの使い方を初心者の方を対象に解説しています。新しくなったPhotoshopに早く慣れたい人にも有効です。
3つのセクションで構成されます。

  1. ・Photoshopの画面の説明や、ファイルの開き方といった初歩的な操作から、デジタル画像の基本知識や範囲選択の方法などを学習します。
  2. ・レイヤーの仕組みと写真の色調を補正してより良く仕上げる方法を学習します。
  3. ・Raw画像の補正方法や、フィルターやレイヤー効果などの特殊な効果の設定方法、Web用画像を効率的に書き出す方法などを学習します。


●誰でもわかる Adobe Illustrator CC 2015
Adobe Illustrator CC 2015の使い方を初心者の方を対象に解説しています。新しくなったIllustratorに早く慣れたい人にも有効です。
3つのセクションで構成されます。

  1. ・画面構成や基本的な操作方法を学び、そのあと様々な形状のオブジェクトの配置して変形をしたり、複数オブジェクトの重なりや整列の方法、オブジェクトの合成方法について学びます。
  2. ・ペン、曲線、鉛筆ツールで自由な形状のオブジェクトの作成方法を学びます。さらにブラシツールによる豊富な絵筆の手書き表現や、スプレー散布の表現を学びます。そして文字の入力とレイアウト方法などについて学びます。
  3. ・写真を配置して切り抜き表示する方法、使用している色を効率的に管理する方法、アートワークに使用されている色を一括で変更する方法、オブジェクトを3D表示させる方法、入稿前のチェックに便利な機能について学びます。


<!>また、それぞれの映像内で使用されている演習ファイルがダウンロードできます。アプリケーションがインストールされているPCをお持ちの場合は、視聴しながら、あるいは視聴後に、実際のアプリケーションで操作してみましょう。

Who is the target audience?
  • これからWEBデザインをはじめる人
  • 旧バージョンのソフトウェアを使っていたけれど、全体的に2015版に切り替える人
  • WEBデザインが目的ではないが、複数のAdobeソフトの基本操作を習得したい人
Compare to Other Dreamweaver Courses
Curriculum For This Course
49 Lectures
10:38:08
+
ここで全ての演習ファイルをダウンロードできます。
1 Lecture 00:01
ここで全ての演習ファイルをダウンロードできます。
00:01
+
Dreamweaver CC 2015 その1:画面構成、HTMLの基本的な要素のマークアップ操作、CSSの基礎、Div要素によるグループ化などを学習します。
8 Lectures 01:20:06

「サンプルサイト」「モックデザイン」について学びます。

Preview 03:42

「Dreamweaverの画面構成」「パネルの操作」「関連ファイルと3つのビュー」について学びます。

Dreamweaverの画面構成
06:51

「新規ドキュメントの作成」「新規サイトの定義」について学びます。

新しいドキュメントの作成とサイト定義
02:55

「プロパティインスペクターを使ったマークアップ」「テキストの読み込み」「見出し要素のマークアップ」「コードビューでのマークアップ」「セクション要素のマークアップ」「リストのマークアップ」について学びます。

マークアップ
18:53

「画像の挿入」「代替プロパティの指定」「動画の挿入」「Photoshopとの連携」について学びます。

画像と動画の挿入
09:50

「CSSとは」「ボックスモデルの概要」「CSSの添付」「新しいCSSファイルの作成」について学びます。

CSSの基本
19:36

「CSSによる背景画像の配置」「CSSによるロゴ画像の配置」について学びます。

CSSによる画像の配置
08:51

「ヘッダー内のグループ化」「セクション内のグループ化」について学びます。

DIV要素によるコンテンツのグループ化
09:28
+
Dreamweaver CC 2015 その2:IDやclassを設定して詳細にデザインを設定する方法を学習します。
5 Lectures 58:33

「ヘッダー部分の設定」「コンテンツ部分の設定」「フッター部分の設定」について学びます。

IDの追加と基本的なデザインレイアウトの指定
19:00

「IDと要素を組み合わせたセレクタの設定」「li要素を横に並べる」「ビデオを横に並べる」について学びます。

IDと要素を組み合わせたセレクタの設定
10:32

「float属性を使って横に並べる」「Adobe Edge Web Fonts」について学びます。

ナビゲーションの設定
07:46

「clearfixの利用」「position属性の指定」について学びます。

Preview 09:32

「classの追加」「複数箇所へのclassの適用」について学びます。

classの追加
11:43
+
Dreamweaver CC 2015 その3:仕上げを行い、スマートフォンやタブレットでも内容が読みやすくなるレスポンシブデザインの実装方法などを学びます。
6 Lectures 57:22

「asideとdivを横に並べる」「divの内容を横に並べる」「画像をレスポンシブにする」について学びます。

基本レイアウトの仕上げ
09:30

「CSSによるボタンの作成」について学びます。

Preview 04:04

「リンクの設定」「リンクのスタイル設定」について学びます。

リンクの設定
04:19

「descriptionの設定」「viewportの設定」について学びます。

メタ情報の設定
02:39

「メディアクエリーのブレークポイントの追加」「タブレット用のスタイル設定」「スマートフォン用のスタイル設定」について学びます。

レスポンシブなWebページ
26:36

「リモートサーバーの設定」「クロークの設定」「アップロード」について学びます。

アップロード
10:14
+
Photoshop CC 2015 その1:Photoshopのインターフェースと基本操作を学びます。
6 Lectures 01:33:05

「ファイルを開く」「Adobe Bridgeでファイルを開く」「ファイルを保存する」「Photoshopのワークスペース」「パネルとパネルグループ」について学びます。

Preview 19:35

「ドキュメントの新規作成」「ドキュメントウィンドウのアレンジ」「ズーム操作とパンアートボード」について学びます。

ドキュメントの新規作成、複数ドキュメントの整列表示、画面内を拡大縮小と移動操作、1ドキュメント内に複数の画面デザイン(用紙)ができるアートボード、を学びます。
12:14

「解像度とピクセル」「カラーモード」「ビット」「汎用的な画像形式とPhotoshop」について学びます。

デジタル画像を扱うために必要な、解像度・ピクセル・RGBやCMYKのカラーモード、8/16ビットモードの違い、様々なファイル形式、について学びます。
19:41

「切り抜きツール」「角度補正による切り抜き」「画像解像度」について学びます。

画像内の必要部分だけを切り抜く方法、斜めの写真を補正しつつ不要部分を切り抜く方法、画像解像度を変更する方法、について学習します。
13:29

「選択操作の基本」「範囲の自動選択」「選択範囲の調整」「境界線を調整」について学びます。

単純な長方形や楕円での範囲選択、フリーハンドで囲う方法、点を打っていき直線で囲う方法、同色を自動的に判別して範囲設定し、その範囲を自然に切り抜く方法を学びます。
17:22

「ブラシツールの基本操作」「塗りつぶしツールとグラデーションツール」について学びます。

絵筆で塗ったようなブラシ、スプレーのようなブラシ、などのペイントツールの使い方。選択範囲を単色やグラデーションで塗りつぶす方法、などを学びます。
10:44
+
Photoshop CC 2015 その2:レイヤーの構造とレイヤーの種類について学び、写真の修復方法も学びます。
5 Lectures 01:28:11

「レイヤーの仕組み」「レイヤーの基本操作」「レイヤーマスク」「描画モード」について学びます。

レイヤーの仕組みと基本操作について学び、画像の不要な部分を隠すレイヤーマスク、下のレイヤーと様々なルールで色合いをブレンドする描画モード、について学びます。
21:41


「埋め込みとリンク」「スマートオブジェクト」「画像の変形」について学びます。

リンク画像と埋め込み画像の違い、拡大縮小操作で劣化しないスマートオブジェクト、ワープによる画像の変形、について学びます。
18:24

「調整レイヤーとは?」「明るさ・コントラスト」「レベル補正」「トーンカーブ」「色相彩度と自然な彩度」について学びます。

元画像に変更を加えずに特定範囲に色調補正を行える調整レイヤーで、明るさ・コントラスト、レベル補正、トーンカーブ、色相・彩度などでの調整方法を学びます。
23:55

「修復の基本」「コンテンツに応じた塗りと修復」について学びます。

不要な人物や物体を自然に削除したり、移動したりする様々な修復方法について学びます。
16:51
+
Photoshop CC 2015 その3:Raw画像編集、画像合成やテキストのレイアウト、フィルターやレイヤー効果の演出、Web用の画像保存方法を学びます。
6 Lectures 01:24:17

「Raw画像を開く」「Raw画像とAdobe Camera Raw」「Raw画像の補正」について学びます。

Adobe Camera RawによるRaw画像の補正方法を学びます。白飛びや黒潰れの補正方法も学びます。
22:47

「パノラマ画像の合成」「HDR画像の合成」について学びます。

複数写真を合成してパノラマ写真を作る方法や、露出の異なる複数写真からHDR合成によりダイナミックレンジの広い1枚の画像にする方法を学びます。
11:23

「ポイントテキストと段落テキスト」「文字パネル」「Typekit」について学びます。

変形できるポイントテキスト、範囲内で自動的に改行する段落テキスト、字間・行間の調整、豊富なフォントライブラリーであるTypekitの使い方、について学びます。
13:33

「フィルターギャラリー」「ぼかし」「Camera Rawフィルター」「スマートフィルター」について学びます。

写真に絵画風などの豊富なフィルターを重ねる方法、範囲外をぼかす方法、Camera Rawをフィルターとして使う方法、などについて学びます。
17:06


「クイック書き出し」「書き出し形式」「画像アセットの生成」について学びます。

レイヤー名やレイヤーグループ名を拡張子付きのファイル名にしておくと、Web用画像として自動保存される設定方法を学びます。
14:41
+
Illustrator CC 2015 その1:Illustratorの画面の各部名称と役割、そして基本操作と言える各種の必須ツールの使い方について学びます。
4 Lectures 58:27

「新規ドキュメントの作成」「ファイルの保存」「ファイルを開く」について学びます。

新規ドキュメントの作成時の設定(WEBか印刷用か)、ファイルの保存方法、保存されたファイルを開く方法がわかります。
08:03

「Illustratorのインターフェース」「ワークスペースの保存と管理」「アートボード」について学びます。

画面UI各部の役割、それらを自由に配置してレイアウト情報として保存し管理する方法、1つのドキュメントに異なる大きさの複数画面(用紙)を作成する方法がわかります。
09:39

「ズームツールと手のひらツール」「オブジェクトの選択」「オブジェクトの作成」「線と塗りのプロパティ」「オブジェクトの変形」「オブジェクトの重ね順と整列、グループ化」「パスファインダー」について学びます。

画面内を拡大縮小・移動する方法、様々な形状のオブジェクトを配置して色を設定したり変形させる方法、複数オブジェクトの重ね順変更・整列・合成などの方法がわかります。
32:32
+
Illustrator CC 2015 その2:パスの基本操作やブラシツール、レイヤーの基本操作や文字入力といった重要な機能について学びます。
4 Lectures 01:00:48

「パスとアンカーポイント」「曲線ツール」「鉛筆ツール」「ライブシェイプとライブコーナー」について学びます。

パスの基本操作を覚えて、曲線・鉛筆ツールを使って自由な形状のオブジェクトを作ることができます。またオブジェクトの角の丸みを一括で簡単に調整する方法もわかります。
19:19


「レイヤーの基本操作」「アピアランスの設定」「編集モード」について学びます。

レイヤーの構造と操作方法、オブジェクトに適用されている色など外観の設定を効率よく編集する方法、グループ化を解除せずに中のオブジェクトを編集する方法がわかります。
12:18

「文字の入力」「ポイント文字とエリア文字」「パスに沿った文字の入力と文字タッチツール」「文字のアウトライン化」について学びます。

変形可能なポイント文字の作り方、設定した範囲内で文章を自動改行してくれるエリア文字の作り方、パスに文字を沿わせたり1文字づつ変形レイアウトする方法がわかります。
13:18
+
Illustrator CC 2015 その3:画像の切り抜きや、効率的な色管理、写真をベクトル化したり3D効果を持たせたり、入稿用データの確認機能を学びます。
4 Lectures 56:50

「スウォッチパネル」「グラデーションの設定」「パターンの作成」について学びます。

使用する色を効率よく管理する方法、オブジェクトにグラデーションを設定する方法、オブジェクトをパターン表示する方法がわかります。
15:59

「ライブペイント」「オブジェクトの再配色」「画像トレース」「シンボルツール」「3D効果」について学びます。

オブジェクトの重なり部分に色を設定する方法、全体の使用色を一括で変更する方法、写真をベクトル画像にする方法、オブジェクトに3D効果を設定する方法がわかります。
20:57

「ドキュメント情報の確認」「不要な要素の削除」「Web用に保存」「PDFの書き出し」について学びます。

文字オブジェクトはいくつ?などが一目でわかるドキュメント情報の見方、ポイントのみの不可視な不要オブジェクトの削除方法、指定形式での書き出し方法がわかります。
12:41
About the Instructor
アテイン 株式会社
4.2 Average rating
243 Reviews
1,472 Students
65 Courses
IT、ソフトウェア、ビジネス

様々なeラーニングコンテンツを15年以上制作販売しています。請負制作も含めると1000コンテンツを越えます。自社制作販売のeラーニングコンテンツは主にIT、開発、ソフトウェア、ビジネス知識などの動画教材です。自社スタジオと編集環境があるので、シナリオ、ナレーション、映像収録、編集まで全ての工程を自社内で完結しており、それが安定したクオリティに繋がっています。今後はさらに実務に役立つ教材の提供を考えています。