ユーデミー道場その6:ジャンル選定(参入テーマ)と差別化コンセプトの作り方 -非公式
4.4 (6 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
119 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add ユーデミー道場その6:ジャンル選定(参入テーマ)と差別化コンセプトの作り方 -非公式 to your Wishlist.

Add to Wishlist

ユーデミー道場その6:ジャンル選定(参入テーマ)と差別化コンセプトの作り方 -非公式

今からUdemyのコースを作ろうと考えている先生のために用意しました。せっかく参入するんだから講義は売れた方がいいに決まっています。参入するジャンル(テーマ)の決め方や、コンセプトの決め方を開設しました。打倒、先発組。-Unofficial
4.4 (6 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
119 students enrolled
Last updated 8/2017
Japanese
Price: Free
Includes:
  • 32 mins on-demand video
  • 2 Articles
  • 1 Supplemental Resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 売れるコースの選び方
  • ジャンル選定
  • コースの知覚価値を高める方法
View Curriculum
Requirements
  • Camtasia 3があるとコースがすぐに作れます
  • Keynoteがあるとさらに便利
  • Webカメラがあるともっと便利
  • これら3つのツールがなくてもコース自体は受講できます
Description

*当コースはUdemy, Inc. が提供または提携するものではありません。

米国で稼いでいるUdemy講師を見ると、もうバブルなんじゃないかっていうくらいの大きな収益を叩き出しています。いやもうびっくりです。毎月毎月、ほぼ手放しで数百万円とかですからね。売っている商品が20万円で、それをプロダクトローンチみたいに売るのであれば、数百万円、数千万円の数字は理解できるんです。でもUdemyで販売している商品はディスカウント後($10とか$12)の数千円レベルです。つまりものすごい量のトランザクションが発生しているということですね。

正しいジャンル選定で正しい売り方をすればあんなにも売れるんだと改めて認識しました。で、実際に僕が彼らのやっているジャンル選定やプロモーションを真似すると、確かにボチボチ売れている。Udemy経由では安定して$1000(10万円ほど)の収益があるし、バックヤードではさらに大きな収益が出ています。

本コースでは米国Udemy講師が実行しているジャンル選定の方法と、それを石崎が日本用にローカライズして実際に成果を上げた方法を紹介しています。さてあなたがこのコースで学べることをまとめると・・・

#01:まだ日本では見かけたことはありませんが、米国で成功しているUdemy講師はクラウドファンディングを使います。IndiGoGoとかKickStarterとかですね。先にニーズ調査と資金調達をした上でコースを作り始めるんだから、成功を確定させた上で講座のローンチができます。なんと素晴らしき、このプロモーション。

#02:カルチャーセンターの講師は一人当たり3000円しか請求しません。でもジェイエイブラハムは1時間の電話コンサルティングで60万円を請求します。この違い、なぜだかわかりますか?

#03:米国Udemyは今、バブルです。日本版Udemyでも2017年〜2018年にかけてバブルが起こると想定できます。ただ先に言っておくべきことがあります。それは先発組が圧倒的に有利だということ。これはマーケットプレイスに限らず全てのビジネスでも同様であります。いわゆる先行者利益があるからです。しかし後発組にも勝機はあります。今回は3つのポイントにまとめて解説します。

#04:(1)まずはコースのアイディアをブレストします。(2)次にセクションとレクチャーへとブレイクダウンします。(3)後はカメラの前でプレゼンするだけ。

#05:Udemyのコースを作成するときにセクションとレクチャーを作る必要があります。セクションはレクチャーをまとめるフォルダのようなもの。第1章とか第2章みたいな感覚ですね。

Who is the target audience?
  • Udemy講師としてデビューしたい方
  • どんなコースを作ればいいか迷っている方
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
+
さてどんなテーマでUdemyに参入しようか?
7 Lectures 31:53
[eBook]Udemyでオンラインコースを販売する方法
00:01

まだ日本では見かけたことはありませんが、米国で成功しているUdemy講師はクラウドファンディングを使います。IndiGoGoとかKickStarterとかですね。先にニーズ調査と資金調達をした上でコースを作り始めるんだから、成功を確定させた上で講座のローンチができます。なんと素晴らしき、このプロモーション。

Udemyで売れるコースが予め分かる8つの検証方法
11:58

カルチャーセンターの講師は一人当たり3000円しか請求しません。でもジェイエイブラハムは1時間の電話コンサルティングで60万円を請求します。この違い、なぜだかわかりますか?

1時間60万円を請求するUdemyコースを作れますか?
05:14

(1)まずはコースのアイディアをブレストします。
(2)次にセクションとレクチャーへとブレイクダウンします。
(3)後はカメラの前でプレゼンするだけ

田舎に住む平凡な男性でもできるUdemyコース作成の3ステップ
04:34

米国Udemyは今、バブルです。日本版Udemyでも2017年〜2018年にかけてバブルが起こると想定できます。ただ先に言っておくべきことがあります。それは先発組が圧倒的に有利だということ。これはマーケットプレイスに限らず全てのビジネスでも同様であります。いわゆる先行者利益があるからです。しかし後発組にも勝機はあります。今回は3つのポイントにまとめて解説します。

後発組のUdemy講師が先発組を追撃する3つの差別化ポイント
05:05

Udemyのセクションとレクチャーの構成を攻略する
04:59

ボーナスレクチャー:Udemy講師として成功する10ステップ
00:01
About the Instructor
Haamalu Limited Liability Company
4.3 Average rating
1,564 Reviews
13,576 Students
132 Courses
Online Entrepreneur based in Japan

We established this company called Haamalu LLC in Tokyo (registered in 2013). Luckily, Online Advertisement Department hit the market and eventually we don't need to think about money anymore at all.

Depending on our mood, we change places to live in every 3 months and subjects to study. No Alarm, No Boss, No worry. This simple life is really awesome. Let us share these idea with you.

2013年4月に西麻布/六本木で会社(登記名:Haamalu合同会社)を立ち上げました。運良く、同年11月にメディア事業/広告事業が軌道に乗り始め、ありがたいことにお金の心配を一切しなくてよくなりました。それ以降は奥さんと一緒に毎月住む場所(国、地域)を変えながら旅を続けています。過去15ヶ月の間に住んだ場所:ネブラスカ、ニューヨーク、シカゴ、サウスカロライナ、モントリオール、バンクーバー、トロント、パタヤ、バリ島、ギリ島、宜野湾、阿波池田、大歩危、彦根(いずれも30日ずつ)。

(追記)カナダのモントリオールにいるときに奥さんの妊娠が発覚したので、今はおとなしく石垣島で隠居生活をしています。ほぼ毎日、米原ビーチでシュノーケルをしているので見かけたら声をかけてください。