今よりもっと綺麗に撮れる!【商品写真撮影】実践テクニック
4.5 (12 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
80 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 今よりもっと綺麗に撮れる!【商品写真撮影】実践テクニック to your Wishlist.

Add to Wishlist

今よりもっと綺麗に撮れる!【商品写真撮影】実践テクニック

オークション商品を撮る人やWeb広報担当者にオススメの物撮り講座です。セクション1ではコンパクトデジタルカメラを使い、セクション2ではデジタル一眼レフカメラをメインに様々な物を撮影します。小道具を使って被写体を引き立てるテクニックに注目。
4.5 (12 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
80 students enrolled
Last updated 8/2015
Japanese
Current price: $10 Original price: $30 Discount: 67% off
1 day left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 3 hours on-demand video
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 商品に合わせた撮影方法がわかるようになります。
View Curriculum
Requirements
  • 被写体によっては、引き立たせるために、オリジナルの小道具を使用して撮影することがあります。
  • セクション1はコンパクトデジタルカメラでの解説、セクション2ではデジタル一眼レフカメラをメインに使用します。また、たまに比較としてiPhoneで撮影することもあります。
  • 各セクションの最後で、PhotoshopやLightroomを使用していますので、このレクチャーはこれらのソフトウェアをインストールしている方のみを対象にしています。
  • この講座ではトレーシングペーパー、スチレンボード(プラスチック)、木枠、白い布を使用して自作した省スペースの簡易撮影セット(サイズは任意)を使用しています。さらに、LEDライトとフレキシブルアームを組み合わせた、初めての人でも手が出せる安価なシステムとなっています。各部材はネットやホームセンターで入手可能で、工作も簡単なものですが、これらを使用することを予めご了承ください。
Description

写真家の新藤修一氏が、形状や材質の異なる様々な商品を撮影しながら解説しています。

セクション1では、コンパクトデジタルカメラを使って、ボトル、缶、ガラス容器、食器、料理、箱、菓子袋、革製品を次々に撮影しながらポイントで解説をしていきます。セクション2では、デジタル一眼レフカメラをメインに、メガネ、ジュエリー、腕時計、洋服、スイーツ、カメラ、ミニカー、アンプを撮影。また、PC画面からデジイチを操作するテザー撮影についても解説します。ソフトウェアによる加工のテクニックにも触れています。

撮影した写真はダウンロード可能で、映像を視聴しつつ確認することができます。

Who is the target audience?
  • オンラインストアや自社商品の紹介などをしているウェブ広報担当者。
  • オークションに出品する商品写真をもっと綺麗に撮りたい人。
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
17 Lectures
03:13:22
+
コンパクトデジタルカメラがメインの初級編
7 Lectures 01:47:47

撮影の準備と解説をします。

初級編で実際に撮影された写真のデータがダウンロードできます。

・講師プロフィール
新藤 修一(しんどうしゅういち)

写真とMac、デジタルに詳しくあらゆるジャンルを手がける。天井4mのスタジオ設備を持ち、合成、データ作成まで対応可能。 ブログは、月間10万ページレビュー。写真、機材やPhotoshop等の話題が満載、世界五十ヵ国以上からアクセスがあり、人気ブログとなっている。

1990 NEWYORK ADC入選
2006 第59回広告電通賞雑誌第一部門優秀賞

Preview 09:07

「ボトルを撮影する」「ペットボトルを撮影する」「缶飲料を撮影する」「ガラス容器を撮影する」

ボトル、缶、ガラス容器の撮影方法(ボトルへのレフ版の寄せ方・バンドアの光漏れを塞ぐ・黒いレフの入れ方・床の写り込み対策)
19:40

「グラスを撮影する」「スキットルを撮影する」「お皿を撮影する」

食器の撮影方法(ガラス食器に半逆光・アクリル板とアルミ板でスキットルのエッジをハイライト・複数皿のレイアウトとフレーミング)
17:30

「サラダを撮影する」

料理の撮影方法(直接光と間接光による影の質の違い・内蔵ストロボと間接光でのクオリティの比較)
13:50

「箱菓子を撮影する」「袋菓子を撮影する」

箱、袋の撮影方法(光を左から当てるのはなぜ?・箱を斜めに置くのはなぜ?・望遠で撮る効果・包装フィルムへの映り込みの軽減・菓子袋で必ず発生するテカリをどうするか)
16:38


「色補正「レンズ補正」「切り抜き(多角形選択ツール)」「切り抜き(ペンツール)」

Adobe Lightroomによる補正と、Adobe Photoshopによる切り抜き(暗い写真を明るく、斜めを真っ直ぐに・小道具で底上げした物を切り抜き)
15:18
+
デジタル一眼レフカメラがメインの中級編
10 Lectures 01:25:35

撮影の準備と解説をします。

中級編で実際に撮影された写真のデータがダウンロードできます。

準備(セクション1でカバーできなかったことを解説していくこと・被写体の難易度が上がること・デジタル一眼レフカメラをメインに使っていくことを説明)
01:31

「メガネを撮影する」

メガネの撮影方法(眼鏡を縦に立てるには・一眼レフvsコンデジvsスマホそれぞれの違いやメリット・標準レンズ50mmF1.8で一眼レフならではのボケ具合を出す)
11:13

「指輪を撮影する」「ブローチとネックレスを撮影する」

ジュエリーの撮影方法(2つの指輪をレイアウトして撮る効果・ブローチの光沢感を失わないようにする・場合によってはコンデジが良い仕事をする)
08:42

「腕時計を撮影する」

腕時計の撮影方法(立てた際にベルトが潰れない工夫・ピントはピントリングと体で合わせる・横で撮って縦で使える・物は手前に置いたほうが撮りやすいことが多い)
05:53

「洋服を撮影する」

洋服の撮影方法(省スペースでの配置方法・置き撮りで真上から撮る・ライブビューを活かす)
04:44


「カメラを撮影する」「ミニカーを撮影する」

カメラ、ミニカーの撮影(全体が黒いコンデジから表情を引き出す・光源と被写体の距離が生む効果・あえて傾けて撮る効果)
18:50

「AV機器を撮影する」

AV機器(アンプ)の撮影(かなり大きなメタリックで重厚感のあるアンプを撮る・LEDライトだから撮れる表示窓・レフ版で細かい立体感を出す)
07:19

テザー撮影をする」

テザー撮影(デジタル一眼レフとPCを繋いで、ソフトでISO感度やシャッタースピードその他の詳細をリモート操作して撮影する)
07:26

Photoshopの機能「修復ブラシ」「色調補正」「色相」「ぼかし」を使用します。

Adobe Photoshopによる写真の修復と加工(アンプの小傷を修復する・スイーツのイチゴの赤みを調整・ミニカーのカラバリ・遠くを自然にぼかす)
12:19
About the Instructor
アテイン 株式会社
4.3 Average rating
190 Reviews
1,220 Students
61 Courses
IT、ソフトウェア、ビジネス

様々なeラーニングコンテンツを15年以上制作販売しています。請負制作も含めると1000コンテンツを越えます。自社制作販売のeラーニングコンテンツは主にIT、開発、ソフトウェア、ビジネス知識などの動画教材です。自社スタジオと編集環境があるので、シナリオ、ナレーション、映像収録、編集まで全ての工程を自社内で完結しており、それが安定したクオリティに繋がっています。今後はさらに実務に役立つ教材の提供を考えています。