● 現在大阪府下で14教室を持つ「アーク進学会」の塾長。

● 多くの塾授業では問題解説が中心ですが、それは「ただ問題を教える」だけで、「生徒が持つ学習能力」の問題は解決できないことに疑問を持っていました。上位陣の生徒たちは、直感や記憶力、注意力、論理的思考力など学習能力がより高いと言え、そうしたグループに追いつき追い越すためには「ただ問題を教えるだけでは不十分です。

● 人間のどんな行動にも良くも悪くも必ず関わる「直感」は人間が持つ最高の脳力です。「ここにアクセスし直感の働きを高める勉強方法はないか?」と考え、認知科学や心理学をを応用し、学習理論【Powered Brain Learning System(R)】(パワード・ブレイン・ラーニング・システム)を開発しました。 【Powered Brain Learning System(R)】を、小・中学生でも使えるよう、マーキング等を使って開発した学習方法が【6色マーカー学習法】です。

●【6色マーカー学習法】を一言で言うと、《意識を向ける学習法》です。人間は自転車に乗るとき、何かの蓋を開け閉めするときなど、ほとんどの日常生活を無意識的に行なっています。このために、便利に生活が行えるわけですが、「文章を読む」「簡単な計算をする」といった勉強も同じように無意識的に行ってしまいます。意識はあるのですが十分に「意識を向ける」ことができないことも多く、そうしたことが習慣化してしまうと、ミスや勘違いが多く、「頭打ち現象」「伸び悩み」といった状況に陥ります。それを解決するのが【6色マーカー学習法】です!

● 【6色マーカー学習法】は雑誌「プレジデントFamily」に3度にわたり掲載されました。

● 大手出版社から学習参考書を出版。


  • Students
    27
  • Courses
    7
  • Reviews
    1