18歳の春。

僕は、意気揚々とAIUに入学しました。

「英語で授業を行うなんて、なんて先進的なんだろう!」

「オレみたいなすげぇヤツにピッタリだぜ!」

こんな思いを抱いて入学しました。


でも、僕はそこで挫折を経験しました。

帰国子女。

留学経験者。

海外にルーツを持つ人。

彼らと比べると僕の英語力なんて「ゴミ」みたいなものでした。


ペラペラと流暢に話す彼らの英語に強いコンプレックスを抱きました。


そして、自信過剰で、とっても脆い18歳の僕は、当時の自分自身の現状を認められず逃げ出しました。

文字通り、逃げ出しました。

再受験をして他の大学に入学し直しました。


しかし、どうしても自分の「負け」を取り戻したいと思い、考えを重ねました。

「帰国子女の彼らにデキなくて、僕にデキることって何だろう?」

それが、「海外経験のない=大多数の」日本人の言語習得のプロセスを理解し、体現化するということでした。


この目標に向かって、たくさんの本を読みました。

大学の図書館で言語学や心理学の学術書を積み重ね、「ウ~ン、ウ~ン」と唸りながら読みました。

そして、理論を踏まえた上で実践を重ねました。

何度もトライアル&エラーを繰り返しました。

-----------------

さて、僕は、初回受験でTOEIC800を超えました。


そして、英語で挫折した人間が、今は曲がりなりにも英語を教えています。


僕は、大多数の日本人が歩むような道を歩んできました。

そして、英語にコンプレックスを抱きました。

でも、そんな僕は今は言語を学ぶことに楽しさを感じています。


あなたも偉大なる先人の残してきた知識を学び、言語習得術を得ることで楽しみながら英語を勉強してみませんか?

  • Students
    1,265
  • Courses
    8
  • Reviews
    101