租税法修士論文の基本問題

法人税法第22条第2項の無償取引
New
Rating: 3.5 out of 5 (1 rating)
15 students
租税法修士論文の基本問題
New
Rating: 3.5 out of 5 (1 rating)
15 students
法人税法第22条第2項は租税法、法人税法の根幹的規定です。法人税法第22条第2項に規定されている無償取引のうち、無償による資産の譲渡の益金参入について学びます。
1)企業の経理担当者の方々であれば、このコースを受けることにより、会計と税務の考え方の違いの基礎が確実に身に付きます。
2)税理士の方々であれば、このコースを受ければ、税務調査で問題になりやすい低額譲渡の正しい考え方、仕訳の認識の仕方が分かります。租税法、法人税法の根幹的規定である法人税法第22条第2項をしっかりと再確認してください。
3)弁護士・公認会計士の方々であれば、このコースにより、会計と税務の相違、法人税法の根幹的規定に係る基礎知識をしっかりと確認してください。
4)会計、租税法の研究者であれは、とりわけ、修士論文の作成指導をしている研究者の方々であれば、このビデオにより法人税法第22条第2項の正しい考え方を確認してください。そうすれば、修士論文を作成している学生が何処でつまずいているのか、なぜ、つまずいたまま同じところをグルグル回り続けているかが理解できるでしょう。しっかりと、法人税法第22条第2項に係る基礎的な考え方を再確認すると同時に、学生を教えるための教材として活用してください。
5)このコースは、とりわけ、租税法修士論文の作成を志す大学生・大学院生、租税法修士論文を執筆中の大学院生に観て欲しいと思います。いうまでもありませんが、法人税法第22条第2項は法人税法の根幹をなす規定です。しっかりと頭に入れましょう。ピンとこない方々は設例の数値を変えて、何度でも仕訳を確認してください。特に無償取引をテーマに選択した方々は、何度でもこのビデオを見て頂きたいと思います。

Requirements

  • 租税法に興味があること
Description

法人税法第22条第2項は法人税法の根幹的規定です。このコースでは法人税法上の無償による資産の譲渡を取り上げます。

租税法、法人税法に興味のある一般の方々はもちろんですが、特に、1)企業の経理担当者、2)税理士、3)弁護士・公認会計士、4)会計、租税法の研究者、5)特に租税法修士論文の作成を志す大学生、大学院生にこのコースを観て欲しいと思います。

1)企業の経理担当者の方々であれば、このコースを受けることにより、会計と税務の考え方の違いの基礎が確実に身に付きます。

2)税理士の方々であれば、このコースを受ければ、税務調査で問題になりやすい低額譲渡の正しい考え方、仕訳の認識の仕方が分かります。租税法、法人税法の根幹的規定である法人税法第22条第2項をしっかりと再確認してください。

3)弁護士・公認会計士の方々であれば、このコースにより、会計と税務の相違、法人税法の根幹的規定に係る基礎知識をしっかりと確認してください。

4)会計、租税法の研究者であれは、とりわけ、修士論文の作成指導をしている研究者の方々であれば、このビデオにより法人税法第22条第2項の正しい考え方を確認してください。そうすれば、修士論文を作成している学生が何処でつまずいているのか、なぜ、つまずいたまま同じところをグルグル回り続けているかが理解できるでしょう。しっかりと、法人税法第22条第2項に係る基礎的な考え方を再確認すると同時に、学生を教えるための教材として活用してください。

5)このコースは、とりわけ、租税法修士論文の執筆を志す大学生、大学院生、租税法修士論文を執筆中の大学院生に観て欲しいと思います。いうまでもありませんが、法人税法第22条第2項は法人税法の根幹をなす規定です。しっかりと頭に入れましょう。ピンとこない方々は設例の数値を変えて、何度でも仕訳を確認してください。特に無償取引をテーマに選択した方々は、何度でもこのビデオを見て頂きたいと思います。

定額譲渡(通常の取引)

<内国法人Aの仕訳>

(借方)現金 100(貸方)土地 50

                                                  土地譲渡益 50

<内国法人Bの仕訳>

(借方)土地 100(貸方)現金 100

取得価額50 時価100=取引価額100、定額取引(通常の取引)の仕訳は上記のようになります。

取引価額60、零、120の場合はどうなるでしょうか。低額取引、無償取引及び高額取引をそれぞれ見て行きましょう。

Who this course is for:
  • 租税法、法人税法に興味のある一般の方々はもちろんですが、特に、1)企業の経理担当者、2)税理士、3)弁護士・公認会計士、4)会計、租税法の研究者、5)特に租税法修士論文の作成を志す大学生、大学院生にこのコースを観て欲しいと思います。
  • 1)企業の経理担当者
  • 2)税理士の方々
  • 3)弁護士・公認会計士
  • 4)会計、租税法の研究者
  • 5)租税法修士論文の作成を志す大学生・大学院生、租税法修士論文を執筆中の大学院生
Course content
1 section • 6 lectures • 37m total length
  • このコースの紹介
    15:31
  • 法人税法第22条第1項及び第2項の規定の確認
    02:15
  • 資産の低額譲渡
    05:31
  • 資産の無償譲渡
    03:19
  • 資産の高額譲渡
    06:55
  • まとめ
    03:45

Instructor
租税法、国際租税法、租税法修士論文執筆指導
細川 健
  • 3.5 Instructor Rating
  • 1 Review
  • 19 Students
  • 3 Courses

細川健(ほそかわ たけし)税理士事務所税理士、東京国際大学大学院商学研究科特任教授(租税法担当)

大学卒業後、東京国税局に15年間勤務後、税理士登録。税務会計と租税法で2つの修士論文を作成。税理士登録後は、外国法事務弁護士事務所顧問税理士、外資系金融機関でタックス・マネジャーを経験した後、研究者の道へ。国立及び私立大学・大学院で租税法と国際租税法を担当、同時に、租税法修士論文の作成を指導。その後、国税に戻り、国税不服審判所/国税審判官を経て、再度、税理士登録。営業権(のれん)、M&A、国際税務関係及び交際費課税制度関係等の論文を約80本執筆。 著書:『営業権(のれん)とM&Aの税務』(税務研究会 2000年)、『企業再編税制の実務と理論-事例研究を中心に-』(税務研究会 2001年)、『租税法修士論文の書き方』(白桃書房 2020年)。趣味はプロレス、大相撲、猫(飼い猫はTAX)、ヨガ、映画・お笑い鑑賞。