日本スリランカ租税条約の解説

スリランカのYouTuberは日本で課税されるのか?
New
Rating: 2.9 out of 5 (2 ratings)
18 students
日本スリランカ租税条約の解説
New
Rating: 2.9 out of 5 (2 ratings)
18 students
一般に国際税務、スリランカに興味がある方々には、国際税務の基礎知識が身に付きます。
1)企業の経理担当者であれば、急速に増加する国際取引に対応するためのOECDモデル租税条約の考え方、学び方の基礎知識が身に付きます。
2)税理士の方々であれば、OECDモデル条約を中心に国際税務の基礎的な知識が身に付き、今後の国際税務の実務に対応できるようになります。
3)弁護士、公認会計士の方々であれば、業務の柱として非常に有望な国際税務の基礎的な知識が、OECDモデル租税条約を中心に身に付きます。
4)会計・租税法の研究者の方々であれば、OECDモデル租税条約のみならず特殊な日本スリランカ 租税条約の基本的な読み方、考え方を再確認することができます。
5)大学生、大学院生で国際税務をテーマに修士論文作成を志す方々であれば、国際税務の基礎知識であるOECDモデル租税条約の読み方、考え方のみならず、特殊な租税条約である日本スリランカ 租税条約の読み方、考え方が理解できるようになります。

Requirements

  • 特になし
Description

国際税務に興味のある方々のために無料コースを作りました。

一般に国際税務に興味がある方々には、国際税務の基礎知識が身に付きます。

国際税務、スリランカに興味がある方々は気楽に観てください。

国際税務、スリランカに興味のある一般の方々はもちろんですが、特に、1)国際税務に興味のある企業の経理担当者、2)国際税務を勉強する必要に迫られている税理士、国際税務を業務の柱にしたい弁護士、公認会計士、4)会計・租税法の研究者、5)租税法修士論文の作成を志す大学生、大学院生に観て欲しいと思います。

1)企業の経理担当者であれば、急速に増加する国際取引に対応するためのOECDモデル租税条約の考え方、学び方の基礎知識が身に付きます。

2)税理士の方々であれば、OECDモデル条約を中心に国際税務の基礎的な知識が身に付き、今後の国際税務の実務に対応できるようになります。

3)弁護士、公認会計士の方々であれば、業務の柱として非常に有望な国際税務の基礎的な知識が、OECDモデル租税条約を中心に身に付きます。

4)会計・租税法の研究者の方々であれば、OECDモデル租税条約のみならず特殊な日本スリランカ租税条約の基本的な読み方、考え方を再確認することができます。

5)大学生、大学院生で国際税務をテーマに修士論文作成を志す方々であれば、国際税務の基礎知識であるOECDモデル租税条約の読み方、考え方のみならず、特殊な租税条約である日本スリランカ租税条約の読み方、考え方が理解できるようになります。

「日本が締結した租税条約の概要」を用いて租税条約のリサーチの当たりの付け方、OECDモデル租税条約と他の条約の比較の方法を学びます。

OECDモデル条約と日本スリランカ租税条約を題材に正しい租税条約の読み方をレクチャーします。

スリランカのYouTuberに税金が課税されるかの答えもレクチャーします。

Who this course is for:
  • 国際税務に興味がある方々一般のための入門コースです。スリランカに興味がある方々を含めて、気軽に受講してください。
  • 1)企業の経理担当者
  • 2)税理士
  • 3)弁護士、公認会計士
  • 4)会計・租税法の研究者
  • 5)大学生、大学院生
Course content
7 sections • 9 lectures • 1h 17m total length
  • このコースの概要
    06:48
  • 租税条約の基本的な役割り
    05:45
  • 租税条約の基本的な考え方
    04:25
  • 恒久的施設(PE)の役割
    03:24
  • 05租税条約の概要
    03:24
  • 租税条約の概要の読み方
    08:15
  • OECDモデル条約の概要
    14:26
  • 日本スリランカ租税条約の概要
    15:12
  • まとめ
    15:32

Instructor
国際租税法、法人税法、租税法修士論文執筆指導
細川 健
  • 3.7 Instructor Rating
  • 8 Reviews
  • 28 Students
  • 3 Courses

細川健(ほそかわ たけし)税理士事務所税理士、東京国際大学大学院商学研究科特任教授(租税法担当)

大学卒業後、東京国税局に15年間勤務後、税理士登録。税務会計と租税法で2つの修士論文を作成。税理士登録後は、外国法事務弁護士事務所顧問税理士、外資系金融機関でタックス・マネジャーを経験した後、研究者の道へ。国立及び私立大学・大学院で租税法と国際租税法を担当、同時に、租税法修士論文の作成を指導。その後、国税に戻り、国税不服審判所/国税審判官を経て、再度、税理士登録。営業権(のれん)、M&A、国際税務関係及び交際費課税制度関係等の論文を約80本執筆。 著書:『営業権(のれん)とM&Aの税務』(税務研究会 2000年)、『企業再編税制の実務と理論-事例研究を中心に-』(税務研究会 2001年)、『租税法修士論文の書き方』(白桃書房 2020年)。趣味はプロレス、大相撲、猫(飼い猫はTAX、妻は洋子)、ヨガ、映画・お笑い鑑賞。