事業承継を円滑にする方法(知らないと損する法律講座)
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
0 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 事業承継を円滑にする方法(知らないと損する法律講座) to your Wishlist.

Add to Wishlist

事業承継を円滑にする方法(知らないと損する法律講座)

貴方の後継者の準備は大丈夫? 事業承継を円滑にする資金の準備、時間の確保、節税との関係を学ぶ
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
0 students enrolled
Last updated 1/2016
Japanese
Current price: $10 Original price: $20 Discount: 50% off
1 day left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 1.5 hours on-demand video
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Have a coupon?
What Will I Learn?
事業承継を円滑にする方法が理解できます。
事業の後継者選びの不安が軽減されます
View Curriculum
Requirements
  • 特にありません。
Description

この講座では、事業承継を円滑にする方法についてご紹介いたします。

事業承継というのは、経営者が高齢になったり、死亡した、という場合に後継者に引き継ぐ(承継する)といったものです。

事業承継は、親から子供へ相続する、といった親族内事業承継や、企業内の他の役員や従業員が承継する企業内承継、あるいは、外部の取引先や金融機関から経営者を招く、M&Aなどで行われる事があります。

最近では、M&Aなども多いですが、やはり親族内承継の数が多いので、この講座では、相続の基礎知識も踏まえながら、親族内での事業承継について、円滑にすすめるための方法について、ご紹介致します。

円滑に事業承継をすすめるためのコツは、
経営者の所有する株式や事業資産(不動産、現金、預金など)を後継者に対して、円滑に、かつ、集中して承継する事です。

この事を行うためには、資金の準備、時間の確保、節税との関係が重要です。
この講座を受講頂きますと、これらの準備をどのようにすすめるか、について理解できるようになり、円滑な事業承継に繋がります。

【講師プロフィール】

つまこい法律事務所
佐久間 大輔

1970年生まれ、1993年中央大学法学部卒業、1997年東京弁護士会にて弁護士登録、2013年つまこい法律事務所開設。
労災・過労死事件を中心に、労働事件、一般民事事件を扱う。 日本労働法学会所属。

過労死や労災、労働問題について執筆。以下、単行本を紹介。

・労働法実務解説7 安全衛生・労働災害(旬報社、2016年)
・シリーズ働く人を守る 精神疾患・過労死 第2版(中央経済社、2012年)
・過労死時代に求められる信頼構築型の企業経営と健康な働き方(労働開発研究会、2014年)
・労災・過労死の裁判(日本評論社、2010年)

労災・過労死、安全衛生・メンタルヘルスなどについて講演をした一例。
・労働問題に精通した弁護士が繰り広げるモギ法廷~ストレスチェックに関連する想定事例を素材として(日本産業衛生学会近畿地方会産業医部会)

・弁護士が説くメンタルヘルス対策のポイント(産業保健法学研究会)

・労災をめぐる最新判例動向解説-最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(労働開発研究会)

・安全衛生・労働災害をめぐる法律問題、過労死・メンタルヘルスをめぐる法律問題(東京都労働相談情報センター)

・最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(メンタルリスク・マネジメント・セミナー)

・労災・過労死事案の損害賠償訴訟の実務(東京三弁護士会)

・労災-安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求、過労自殺と労働者のメンタルヘルスをめぐる諸問題(東京弁護士会)

・労災・職業病の法律実務(日本弁護士連合会)

・医師の働き方を考える(日本産業衛生学会)

・過労死・過労自殺(静岡県社会保険労務士会)

・労災・職業病をめぐる法律問題(埼玉弁護士会)

・産業カウンセリングに関わる労働法令、産業カウンセラーのための生きた労働法知識-過労死・過労自殺(日本産業カウンセラー協会)




Who is the target audience?
  • 企業経営者、特に高齢の経営者
  • 後継者をどうして良いかわからない経営者
  • 経営を引き継ぐ可能性のある管理職
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
Expand All 13 Lectures Collapse All 13 Lectures 01:23:06
+
ここから開始しましょう。
13 Lectures 01:23:06


売買
05:41

生前贈与1
06:49

生前贈与2
07:06

遺言、死因贈与1
06:12

遺言、死因贈与2
05:34

遺言、死因贈与3
02:00

株式の贈与、遺贈
05:17

遺留分減殺請求
06:52

遺留分放棄
04:25

遺留分の特例 除外合意と固定合意
08:32

後継者以外の相続人への配慮
06:26
About the Instructor
株式会社 キバンインターナショナル
4.5 Average rating
41 Reviews
499 Students
36 Courses

値段を気にせず、日々利用できるもの、水道、道路、鉄道のように日常の生活でつかえるような社会基盤(インフラストラクチャ)をIT技術を利用して実現すること、コンピュータの真ん中に入っているマザーボード(基盤)の両方の意味をみつ言葉として「キバン(KiBAN)」という社名にいたしました。

「最高の学びを全ての人に!」をゴールに、資格試験対策講座を中心に、ビジネス講座、カルチャー講座など、満足度No.1を目指し、幅広い分野の教育を提供致します。