認知科学でヒラメク「中学受験算数ー分配算」
1 student enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 認知科学でヒラメク「中学受験算数ー分配算」 to your Wishlist.

Add to Wishlist

認知科学でヒラメク「中学受験算数ー分配算」

雑誌「プレジデントFamily」で特集された勉強方法をレクチャー! 頭打現象の原因は「勉強方法」にあり! 対策は、認知科学を応用し、「学習能力を引き出す勉強法」の習得!
1 student enrolled
Last updated 5/2016
Japanese
Current price: $10 Original price: $30 Discount: 67% off
1 day left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 2.5 hours on-demand video
  • 22 Supplemental Resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 中学受験算数「分配算」の基本が身につくぞ!
  • 中学受験に備えて、進学塾の学習テクニックと正しい勉強方法が身につくぞ!
  • 雑誌「プレジデントFamily」で評価された「6色マーカー学習法」で、自分の能力が引き出すヒントが楽しく学べるぞ!
  • 認知科学を応用した勉強方法が学べるので、学習能力の中心学力「直感力」の向上が期待出来るぞ!
  • 大手出版社から学習参考書を出版している進学塾の勉強技術が学べるぞ!
View Curriculum
Requirements
  • 各問題ごとに問題用紙ををダウンロードして印刷し予習しよう!
  • レクチャーの後には、各問題ごとに解説を印刷し、再度復習しよう!
Description

● 雑誌「プレジデントFamily」で特集された勉強方法で、「分配算」をサクサク解いていく!

 ⇨ アーク進学会が独自開発した【6色マーカー学習法】は、認知科学を用いて生徒が産まれながら持っている「学習能力」を引き出すことを目的にした勉強方法!

 ⇨ 成績アップを実現するには、自分より上位にいる生徒以上の「学習能力」を身につけることが必要です。同じ時間の勉強では当然「学習能力」が高い生徒の方が、内容を吸収し得点に結びつけることは容易になります。

 ⇨ 【6色マーカー学習法】は、情報を強調・細分化・結合・記号化・イメージ化するなどを〈変換・加工〉し頭脳にインプットする勉強テクニックを学ぶことで、直感・記憶力・注意力・論理的思考力などを鍛えて引き出す学習法です!

● 対象学年は?

 ⇨ 中学受験を目指す小学4年〜6年生の諸君が対象! ある程度、中学受験の勉強が進んでいる小学4年生から、これから中学受験勉強を始める小学6年生!

 ⇨ 塾などに通って中学受験の勉強を進めてきたが、頭打ち現象や伸び悩びで悩んでいる君へ。 成績向上を学び、「学習能力」をアップしよう!

 ⇨ 勉強方法を知りたい君へ! 認知科学を使った解き方で、「直感」「ヒラメキ」の引き出し方をマスター!

 ⇨ 中学受験はしないが、中学数学に向けて学力を深めたい君へ!勉強の方法やテクニックが満載です!

 ⇨ 自分の子供の勉強を応援したい保護者の皆様!

● カラフルかつ「数学的思考力」が身につくオリジナルノートを自由にダウンロード!

 ⇨ 学習した内容を「記憶」に残しテスト会場で「再生」するには、『思考の手順化』が有効です。常に同じ「作業」を同じ「順序」で考えを進め、テスト会場でも同じ「手順」で問題に取り組むと、記憶の再生が容易になり直感や論理的思考力が引き出しやすくなります。方法記憶という強い記憶を利用する勉強方法です。

 ⇨ 「マーキング」「スラッシュ分割」などを通して、学習能力の一つ「注意力」をコントロールするテクニックを学べます。問題を深く読み重要な情報を正確に頭脳にインプットすることで、頭脳をうまく働かせ能力を引き出します!

 最新のタッチパネルを使ったビデオ画面は、まるで目の前で先生が講義しているような臨場感!

 ⇨ 重要なところは、大きく拡大したり色を変えたりして何度もチェックし、最先端のタッチパネルを使って、学ぶポイントが直感的にわかる授業です!

 ⇨ カラフルなマーカーやペンを使って注意力や集中力を自然と引き出します!

● 進学塾を主催する塾長が直接指導!

 ⇨ 大阪府に14教室を持つアーク進学会の塾長が直接講義します! 多くの生徒を私国立中学に導いた指導経験と、大手出版社の参考書著者としての経験をフルを生かして明確な指導を展開します!

Who is the target audience?
  • 小学生4年から6年で、中学受験突破を目指す君へ!
  • 中学受験突破を目指す生徒保護者で、受験突破のための勉強方法を学びたい方
  • 中学受験を目指して勉強しているが「頭打ち現象」で伸び悩んでいる君へ!
  • 塾や家庭教師・通信講座等で勉強しているが、成績が伸びない君へ!
  • 中学受験はしないが、中学数学に備え数学の学習能力・学力を向上させたい君へ!
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
Expand All 18 Lectures Collapse All 18 Lectures 02:16:28
+
1 「分配算ってどんなの?その1」&「認知科学的テクニックって例えば?」
3 Lectures 19:34

・このコースの勉強の進め方について

・6色マーカーノートのダウンロード、6色マーカーノートの構成と予習について

・認知科学的テクニック 「マーキング」と「スラッシュ分割」について


Preview 06:42

・能率的に問題を解くために!

・6色マーカーノートの使い方

・認知科学的勉強法と、ヒラメクための「思考の手順化」について

1−2 「このレクチャーの勉強の仕方 その2」 【思考の手順化】
03:19

・問題解説・・・実際に問題を解いてみる!

・分配算の基本を学ぶ

・図をうまくかくと、小学低学年問題に!直感の引き出し方や勉強方法を学ぼう!

1−3 「さぁ、分配算を解いてみよう!」
09:33
+
2 「分配算のいろいろ」&「+αスタディ 計算の工夫 基礎編」
3 Lectures 26:12

・問題解説・・・「図」こそ、勉強の肝心要!

・直感を引き出すコツを学ぼう!

2−1 「問題をうまく図にまとめる方法」
06:04

・中学入試でよく出る計算問題 基本編!

・ 公式を知らないと説くことが難しい特殊な問題を解説!


2−2 +αスタディ「計算のテクニック 公式を使うとほとんど消える?その1」
10:16

・中学入試でよく出る計算問題 応用編!

 ・公式を知らないと説くことが難しい特殊な問題を解説!


2−3 +αスタディ「計算のテクニック 公式を使うとほとんど消える?その2」
09:52
+
3 複合問題にチャレンジ!&「+αスタディ 計算の工夫 基礎編」
4 Lectures 37:12

●受験のテクニック

・ 受験算数問題の中心はほとんどが「複合問題」。幾つかのテーマが折り重なって問題を構成するため、解くためには、それぞれのテーマの知識やテクニックが必要です。受験生全員に立ちふさがる高い壁をどうして乗り越えるかをレクチャー!

・実力以上の問題が出てきたらどうする?・・・正しい答えは「見つけてすてる!」です。 ⇨「すてる」というと、「そんなんでいいの?」という声が聞こえてきそうですが、そもそも自分の実力を超えている問題とは、どんなに頑張っても解けない確率が高い問題ということです。そういう問題に時間を取られていては、頑張れば解ける問題をt9時間がなkなったり、計算問題のチェックができなくて総合的には点数が取れない要因になってしまいます。

・受験算数では約6割ぐらいが合格点!この6割を確実に取ることを作戦として挑むべし!

・受験会場で問題を読んだが閃かない・・・そんな時にどうすればいいのか?その対処法をレクチャー!


Preview 09:45

● 問題解説・・・三角形の「角度」を分配する!

・ 三角形の内閣を線分の長さの問題に変換し、「こんなに簡単?!」を体感! 

3−2 「角度を分配してみる!」
08:55

● 入試によく出る特殊な計算問題 基礎編!

  • 公式を知っていないと解くのが難しい、特殊な計算問題をレクチャー!
  • フレーミングを使って「認知負荷」を下げる認知科学の計算テクニック!
3−3 +αスタディ「計算の工夫 公式を使うとほとんど消える?その3」
11:41

● 入試によく出る特殊な計算問題 ひっかけ問題!

  • 公式を知っていないと解くのが難しい、特殊な計算問題の応用をレクチャー!
  • 一般的な計算の工夫もふんだんにレクチャー!


3−4 +αスタディ「計算の工夫 ひっかけ問題?!その4」
06:51
+
4 バリエーションを広げる問題 問題文が複雑だ!
3 Lectures 20:01

・算数実力をアップするために重要な国語力!

・算数文章問題は、お話になっておりストーリがあります。問題のレベルを高める方法として以下があります。今回は①のパターん!攻略法を詳細にレクチャー!

 ① ストーリーを複雑にする

 ② テーマを2つ、3つと多く入れた複合問題にする

 ③ ヒラメキを必要とする解法を盛り込む

・抽象化・・・難しい問題を小学低学年の算数問題に置き換える!

 算数では、このテクニックが身につくかどうかか大きな壁になります。

 難しい問題を難しいまま考えると頭脳は混乱しうまく働きません。しかし、小学低学年で学習した線分の長さの問題に戻して考えると、もともと持っていた「脳力」がうまく働いて、直感をたぐり寄せヒラメキをもたらします!

 この過程をお見せする重要な1回!


4−1 「 直感を引き出す図のかき方  抽象化をレクチャー!」
05:33

・問題解説・・・直感を引き出す「図」のテクニック!

・認知科学を応用して情報をコントロールする方法

・この問題のように問題文が長くストーリが複雑な場合、問題文を一気に最後まで読んでしまうと、実は図が書けないことが多いのです。

 原因は、「記憶があいまい」になることと、実際には内容が詳細には理解できずポイントになる「数学的要素」がつかめないからです。

・図をかきやすい分量ごとに「スラッシュ分割」で細分化し、ポイントに「マーキング」しながらしっかりを記憶していくと、問題作成者が仕掛けた「数学的要素」にたどり着けます!

その過程をレクチャーします!


4−2 「直感を引き出す図の書き方 テクニックを習得!」
09:06

・「ストーリーが複雑」な問題の攻略方法 まとめ!

4−3 まとめ
05:22
+
5 分配算の応用 +αスタディ 「分配算と割合の複合問題 割合の学習!」
3 Lectures 23:06

・文章の国語的意味を数学的意味に変えるテクニック!

・割合の「國語的意味⇨数学的意味」変換テクニック 理論編

5−1 +αスタディ 「分配算と割合の複合問題 割合の学習 基本理論編!」
06:05

・文章の国語的意味を数学的意味に変えるテクニック!

・割合の「國語的意味⇨数学的意味」変換テクニック 実践編

5−2 +αスタディ「分配算と割合の複合問題 割合の学習 実践編」
08:22

・問題解説・・・複雑なストーリを持つ問題の攻略法!

・「分配算」+「割合」の複合問題。

・「分配算」の基本をきっちりおさえた上で、「割合応用レベル」問題をクリアする具体的な解き方をレクチャー!


5−3 「分配算と割合の複合問題」
08:39
+
6 入試問題にチャレンジ!
2 Lectures 10:23
6−1 「数字の数学的意味を読む解くテクニック」
07:29

・まとめ

・ 中学受験算数では「図」が重要なのは常識ですが、「それじゃ、どうやって図をかくの?」についてはあいまいな説明が多いですね。

・図を書く目的は「直感を引き出す!」です。ですからポイントは、頭脳の認知システムをうまく利用して、頭脳をしっかり働かせる「勉強技術」にあるんです!

・6番を解いた跡を追いながら、この講義全体を総括します!

6−2 「認知負荷を下げるテクニック!」
02:54
About the Instructor
J-Arc Hiroshi Matsumoto
4.0 Average rating
1 Review
48 Students
9 Courses
アーク進学会の塾長/ARC EDU株式会社CEO

● 現在大阪府下で14教室を持つ「アーク進学会」の塾長。

● 今まで多くの生徒を指導してきましたが、同じシステムで勉強していても成績には大きな開きが出てきてしまいます。その原因は「学習能力」にあります。上位陣の生徒たちは、直感や記憶力、注意力、論理的思考力など学習能力がより高いと言え、そうしたグループに追いつき追い越すためには「問題を解説するだけの授業」では不十分だと言えます。しかし、学校や塾授業では問題解説が中心で「学習能力」の問題は解決しません。

● 「直感」は、人間のどんな行動にも良くも悪くも必ず関わる人間が持つ最高の脳力です。「直感に作用しその働きを高める勉強方法はないか?」と考え、認知科学や心理学を応用した学習理論【Powered Brain Learning System(R)】(パワード・ブレイン・ラーニング・システム)を開発しました。 【Powered Brain Learning System(R)】を、小・中学生でも使えるよう、マーキング等を使って開発した学習方法が【6色マーカー学習法(R)】です。

●【6色マーカー学習法(R)】を一言で言うと、《意識を向ける学習法》です。人間は自転車に乗るとき、何かの蓋を開け閉めするときなど、ほとんどの日常生活を無意識的に行なっています。このために便利に生活が行えるわけですが、「文章を読む」「簡単な計算をする」といった勉強も同じように無意識的に行ってしまいます。意識はあるのですが十分に「意識を向ける」ことができないことも多く、そうしたことが習慣化してしまうと、ミスや勘違いが多く、「頭打ち現象」「伸び悩み」といった状況に陥ります。それを解決するのが【6色マーカー学習法(R)】です!

● 【6色マーカー学習法(R)】は雑誌「プレジデントFamily」に幾度か特集・掲載されました。

● 大手出版社から学習参考書を出版。

  「いちばんよく出る中学英単語1300」(Kadokawa)