『コピーライティング思考法』~モノが売れ、信頼が深まるコピーライター脳インストールプログラム~【1週間集中講義】
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
32 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 『コピーライティング思考法』~モノが売れ、信頼が深まるコピーライター脳インストールプログラム~【1週間集中講義】 to your Wishlist.

Add to Wishlist

『コピーライティング思考法』~モノが売れ、信頼が深まるコピーライター脳インストールプログラム~【1週間集中講義】

コピーライターじゃなくても使えるコピーライティングのものの考え方。売れる、稼げる言葉メソッド、信頼関係を築く言葉のカード。人間を行動へと促すために必要なのは、たった3枚の言葉のカードだったと知ってましたか? 言葉の影響を身に付けよう!!
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
32 students enrolled
Last updated 9/2017
Japanese
Price: Free
Includes:
  • 5 hours on-demand video
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 名コピーライターたちが駆使してきた言葉のカードの切り方のスキル
  • 商品・サービスを紹介し、自然と購買行動を起こさせる言葉メソッド
  • 顧客との間に信頼関係をつくる方法
  • 言葉のスキルでチームに信頼関係をつくる方法
  • 言葉の影響力(コピーライティング)でファン(顧客)をつくる方法
  • 共感からの説得の技術
View Curriculum
Requirements
  • 基本的な日本語能力と言葉に対する意欲
  • ビジネスに対する意欲
  • コピーライティングに対する意欲
Description

「人間にとって、言葉が影響力を持たなかった時代は、一秒たりとない」


これは私が師と仰ぐコピーライティングの達人が遺してくれた言葉です。時代で言葉は変わります。しかし、どんな時代の潮流の中においても、決して古くならない「言葉のスキル」は存在します。そして、その土台となるのが色あせることのない言葉の思考法です。


コピーライティング思考法とは、ビジネスに売り上げをつくり、信頼関係をつくる言葉のメソッドです。本コースでは、コピーライターたちが用いてきた思考法、「人の心を掴み、人を行動させる」言葉のカードの切り方をあますところなく教えます。しかも必要なのはたった7日、通勤中に耳だけで学べる講座です。ここでは、 単にビジネスに使えるノウハウが学習できるだけでなく、あらゆるコミュニケーションに使えるように、実践的に本思考法をマスターしてもらうために、ステップ形式で学べるセクション構成で設計されています。

※このコースは、「無料コンテンツ」でありながら「有料コンテンツ」を凌駕するハイ・クオリティ教材として制作されています。


私が用意した今回のコンテンツは、あらゆるコピーライティング理論の重要エッセンスを抽出して、誰でもわかる一般的な言葉に落とし込んだものです。あれ、コピーライティングの専門用語が少ないな、と感じたあなたは「正解‼」です。本コースは、一般的に知られるコピーライティングの用語を極力使わずに制作しました。しかし、理論的には、あらゆるコピーライティングの考え方のうち、「これだけ知っていたら大丈夫」というものをピックアップして入れています。あなたがやることは、シンプルです。各セクションの理論を上から順に「言葉のカード」としてつないでいくだけです。

「売り上げにつながる広告の打ち方がわからない」「顧客との間に信頼関係を築けない」「人に心に刺さる言葉の力が欲しい」など、困っているなら、無駄な努力をする前に、コピーライティング思考法をご一聴ください。この言葉のカードの切り方を知り、文章の書き方や説得する方法がわかるようになると、ビジネスにも、人間関係にも、少なくない変化が生じます。そう、コピーライティング思考法のメソッドは、「書く」という文章術にとどまらず、人間と人間を「理解」でつなぐ極めて重要なコミュニケーション・スキルなのです。


本コース修了後、以下のことを体感、体得してもらえます。

(1)文章(言葉)でモノ・サービスを売り、売上をつくる方法

どんな風に文章(言葉)を駆使すれば、モノやサービスが売れやすくなるのか? コピーライティング思考法のエッセンスを自社プロダクト、自社サービスに落とし込むことで顧客の購買行動がどう変わるか? どうすれば顧客の心を捉え、顧客の興味・関心を信頼、行動へまで高めることができるのか? といったことの全容が理解できるようになります。

(2)文章(言葉)で信頼ある人間関係(ラポール)を築く方法

ビジネスにおいて重要なのは、中長期での信頼関係です。ブランディングという側面からのみならず、対面でのビジネスシーンでも人間関係が重要なことは言うまでもありません。コピーライティング思考法を知ってさえいれば、誰でも、これまでの何倍も簡単に信頼関係が築けるようになります。コミュニケーションにおける、あらゆるシーンに応用が利くため、「以前より」も人間関係づくりを楽しめるはずです。

(3)文章(言葉)で高い影響力を持ちプロジェクトを動かす方法

「リーダーシップ」「モチベーション」「イノベーション」は、今やビジネスにおける最重要課題として認識されるようになりました。いづれも「高い影響力」が深く関係するコンセプトを表した言葉です。「文章(言葉)で高いリーダーシップを表現できたら…」「文章(言葉)で高いモチベーションを生みだせたなら…」「イノベーションを生む文章(言葉)で人を巻き込めたなら…」。コピーライティング思考法に沿って、言葉のカードを切っていくことで、自らの文章(言葉)に強い影響力を持つことが可能になります。


Who is the target audience?
  • 言葉の影響力を高めたい、リーダーになりたいビジネスマン
  • イノベーションを生みたいビジネスリーダー
  • 言葉で影響力を持つ必要のあるチームリーダー
  • WEBサイトからの売上げをあげたいビジネスオーナー、アントレプレナー
  • 信頼関係のあるコミュニケーションを築きたいすべての人
  • 反応率の高いセールスコピーを書く必要がある人
  • 文章でのコンテンツ制作をする必要がある人
  • 自らの説得力、人としての信頼を高めたい人
  • 1週間という短期間で楽して「コピーライティング」を学びたい人
  • コピーで売上を伸ばしたいアフィリエイターやブロガーなど
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
58 Lectures
04:56:04
+
DAY1 プロローグ:言葉の影響力を高める「コピーライティング思考法」って?
4 Lectures 30:42
コピーライティング思考法とは?(プロローグ)
07:00

人はなぜ、言葉に動かされるのか?(プロローグ)
06:06

コピーライティング思考法 を学ぶ価値とは?(プロローグ)
07:20

コピーライティング思考法 の3つのステップ?(プロローグ)
10:16
+
DAY2 序論その1:言葉で心を鷲づかみにする
12 Lectures 54:49
興味と関心とは?(序論)
06:58

興味・関心を持たざるを得ない10要素(序論)
02:22

要素その1「動きのあるもの」が興味・関心を惹く(序論)
09:33

要素その1’「動きのあるもの」のコピーライティング具体例(序論)
01:43

要素その2「本物であること」が興味・関心を惹く(序論)
06:11

要素その2’「本物であること」のコピーライティング具体例(序論)
02:00

要素その3「身近であること」が興味・関心を惹く(序論)
06:35

要素その3‘「身近であること」のコピーライティング具体例(序論)
01:18

要素その4「等身大感と生活感」が興味・関心を惹く(序論)
04:57

要素その4'「等身大感と生活感」のコピーライティング具体例(序論)
01:31

要素その5「新しいもの」が興味・関心を惹く(序論)
09:10

要素その5'「新しいもの」のコピーライティング具体例(序論)
02:31
+
DAY3 序論その2:言葉で感情を揺さぶる
10 Lectures 27:24
要素その6「得になること」が興味・関心を惹く(序論)
03:08

要素その6'「得になること」のコピーライティング具体例(序論)
02:51

要素その7「損になること」が興味・関心を惹く(序)
03:02

要素その7'「損になること」のコピーライティング具体例(序論)
02:38

要素その8「衝突、反発するもの」が興味・関心を惹く(序論)
06:21

要素その8'「衝突、反発するもの」のコピーライティング具体例(序論)
01:32

要素その9「秘密のこと」が興味・関心を惹く(序論)
01:05

要素その9'「秘密のこと」のコピーライティング具体例(序論)
01:05

要素その10「ユーモアと笑い」が興味・関心を惹く(序論)
03:58

要素その10'「ユーモアと笑い」のコピーライティング具体例(序論)
01:44
+
DAY4 本論 その1: 言葉で共感を得られなければはじまらない!
7 Lectures 46:16
共感と信頼(本論)
01:53

共感とは?(本論)
01:11

レクチャー26: 「共感」の意味(本論)
05:22

人は何によって 「共感」を感じるか?(本論)
05:25

「共感」得るためにしてはいけないこと?(本論)
08:43

「共感」を得るためのコピーライティング法(本論)
11:48

「共感」を得るためのコピーライティング具体例(本論)
11:54
+
DAY5 本論 その2:全ての言葉は信頼を築くためにある
9 Lectures 01:01:27
「信頼」とは?(本論)
00:58

「信頼」 の意味(本論)
06:49

なぜ人は「信頼」を求めるのか?(本論)
08:30

人は何によって「信頼」を感じるか?(本論)
12:17

「信頼」得るためにしてはいけないこと?(本論)
06:40

信頼」を得るためのコピーライティング法(本論)
09:48

信頼」を得るためのコピーライティング具体例(本論)
06:27

「信頼」を得るためのコピーライティング思考法(本論)
04:12

結局「信頼」を得るためには何が必要なのか?(本論)
05:46
+
DAY6 結論:最後の一押しの「言葉」をどうするか?
7 Lectures 42:22
「確認」と「促進」 ~クロージング(結論)
00:34

「確認」と「促進」とは?~クロージング(結論)
03:57

どう「確認」する?~クロージング(結論)
02:58

どう「促進」する?~クロージング(結論)
07:05

まだ「押し」が足りない? Part 1「Yesを重ねる」~クロージング(結論)
04:32

まだ「押し」が足りない? Part 2「Noを消す」~クロージング(結論)
06:55

「確認」と「促進」(クロージング)する際の 12ポイント~クロージング(結論)
16:21
+
DAY7 まとめ:コピーライティングし思考法を完全理解!
9 Lectures 33:04
まとめ コピーライティング思考法 とは?
01:20

いつも胸には3つの質問を
03:23

コピーライティング思考法の基本を5ステップで解説
01:17

コピーライティングとDRM
03:24

人間の「欲」を知る
04:59

100の欲望と欲求を理解する
10:10

「言葉カード」を3ステップで切っていく方法論
01:08

わかりやすい言葉で3ステップ解説
01:57

ご視聴ありがとうございました!
05:26
About the Instructor
ことばまほうワークス SUZU
0.0 Average rating
0 Reviews
32 Students
1 Course
コピーライティング &ストーリーテリング

「書けて語れるビジネスマン、起業家」を育てる。ビジョンが語れ、リーダーシップが発揮できる人物を育てる。

自らストリーテリングの道を歩んできた人間として、私は、日本からアジアへ、欧米へ、世界へ向けて「言葉」と「物語」を発信できるストーリーテラーをこの日本に育てたいと考えています。

申し遅れました、私は、鈴木隆文ことスズと申します。

専門は、「言葉」と「物語」です。コンテンツの現場で約20年間、編集者、コピーライター、エディトリアルライター、スクリプトライター、紙芝居師という肩書きを通じて、「書く」「語る」ということを様々なメディア、様々なプロジェクトで取り組んできました。

今は、「言葉の力を育てる私塾・ことばまほうワークス」を主宰し、「言葉」と「物語」に特化した人材教育プログラムを提供しています。

「言葉」には、計り知れない力がある。これを否定する人は少ないはずです。言葉は、自分を動かす力であり、他人を動かす力であり、世界を動かす力であり、人間を操縦する大切なコントローラーです。乗り物に例えれば、船を動かす舵であって、飛行機を動かす操縦桿であって、自動車を動かすハンドルです。

賢人たちは、時代を超えて、いつも似たメッセージを発信し続けてきました。「はじめにことばありき」「言葉が変われば思考が変わる、思考が変わればビジョンが変わる、ビジョンが変われば行動が変わる、行動が変われば、他人が変わる、他人が変われば、人生が変わる、人生が変われば、世界が変わる……」と

自分のキャリアを通じて、私は、誰よりも言葉に助けられてきた、故に自分の中に言葉を育ててきた、という自負があります。元々、「書くこと」も「語る」ことも、全くできなかったひとりの人間が「言葉のトレーニング」を積むことで、「プロの文筆家・編集者・コピーライター」となり、「プロの紙芝居師」になり、「思考現実の実践家」になりました。言葉を育てたことで「書くこと」「語ること」ができるようになり、ビジョンを伝えることで、様々な現実を現象化させる「目標達成」「思考現実」ができるようになったのです。

「文章を書くこと」や「物語を描くこと」ことは、特別な人にしかできないことではありません。もちろん「目標達成」や「思考現実」だって同じです。「言葉のカードの切り方」「物語の構成方法」など、「言葉の原理」「言葉の仕組み」学ぶと、「言葉」による他者への影響力を持つことができるようになります。「言葉」が「自分の世界」をつくっていて、言葉が「自分の世界」を変えていくということが実感できるようになります。

言葉の技法をひとつひとつとマスターすることができれば、毎日の生活の中において言葉を使う生活が拡がります。言葉は意識的に使えば使うほど磨かれていくものなのです。

わたしは、言葉の力によってできることは、次の3つだと思っています。

「人の心を動かすこと」

「自分を変え、動かし、伝えること」

「現実をつくること」

皆さんも想像してみて下さい。

もしも自分が人の心を動かす達人だったとしたら、一体、どんな日々が待っているのか?

もしも自分で自分を操れる達人だったとしたら、一体、どんな日々が待っているのか?

もしも自分が現実をつくる達人だとしたら、一体、どんな未来が切り拓かれるのか?

ことばまほうワークスは、日々の研究と実験から、効力の高い「言葉のワーク・プログラム」を開発して、日本人からひとりでも多くの日本語マスターを輩出したいと考えています。「言葉のトレーニングジム」へと連れ出し、日本語力をアップさせることで、世界へ向けて日本の心を伝えられる人を育てたいと考えています。あなたを書けて、語れるビジネスマン、ビジョナリー・パーソンに育てあげます。

メール力、プレゼン力、スピーチ力という土台となる力はもとより、ストーリー力、ビジョン力、目標達成 & 思考現実という力まで、ことばまほうワークスは、あなたの日本語言語能力を力強く育てるプログラムを次々と構想しています。

「持てる知恵は惜しみなく教える!」は私のモットーです。もったいつけずに、教えられる全てを教えていきたいと考えております。21世紀にふさわしい新しいライティング・スキル、ストーリーテリング・スキル、ビジョンクエスト・スキルを身に付けて、共に良質の生活を、ビジネスを、人生を、素晴らしいばかりの眩い世界をつくっていきましょう!