シンプルライフへの旅路
5.0 (3 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
35 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add シンプルライフへの旅路 to your Wishlist.

Add to Wishlist

シンプルライフへの旅路

生活をシンプルにすると、本当に豊かな時間・生活が手に入る。地球にも優しいお金のかからない楽しみを追及したいあなたへ
5.0 (3 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
35 students enrolled
Created by 武田 ふみ
Last updated 8/2017
Japanese
Current price: $10 Original price: $40 Discount: 75% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 3.5 hours on-demand video
  • 11 Articles
  • 31 Supplemental Resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 自分の中の大切なものが明確になり、時間やお金の組み換えが起こります。
  • 心と体が整います。心、体、モノ、時間は全てつながっていることを意識しましょう。
  • 毎日、充実した生活ができるようになります。
  • モノへの執着がなくなり、心が安定します。
  • 集中力が驚くほど持続するようになります。
  • ストレスが大幅に減ります。
  • 必要なもの、不必要なものを明確化する作業を通して、決断力が上がります。
  • 他人との比較がなくなり、自分の価値観に沿って生きる楽しさを味わえます。その結果、他人の中傷もなくなり、人間関係も格段によくなります。
  • 時代のトレンドを追うよりも、時代を超えて大切なものに目を向けることになる結果、急激な時代の変化に踊らされることがなくなります。
  • 自分が求めているものに対するアンテナが高くなります。その結果、本当に大切なものが、手に入りやすくなります。
View Curriculum
Requirements
  • シンプルライフで豊かな生活を手に入れたい方であれば、前もって準備するものはありません。
Description

<追加型講義です。随時、レクチャーを追加していきます。>

レクチャー中に用いた資料をPDF(ノート形式)としています。
必要に応じて、印刷し気づいたことなどをメモされることをお勧めします。

 本コースはシンプルライフを通して、自分が本当に大切なものを見つけ、意味のある人生を手に入れることを目的としています。

 実際、シンプルライフの旅ほど、生活が充実するものはないと個人的には考えています。シンプルライフの旅の過程で、モノから自由になり、本当にやりたいこと、欲しいものが明確になり、余計なことに時間もお金も使わなくなります。お金のために、無理に働くことも、時間を費やすくことも少なくなっていきます。 

 ムダなことにお金を掛けず、必要なことにお金を使う。
無駄な出費、消費を抑え、自分が成長するための投資にお金を使う。

 そんな生き方がシンプルライフの真骨頂と言えます。

 英語、IT、金融、論理的思考力、コミュニケーションスキルなどを身に着けることが、アプリを追加することだとすれば、シンプルライフはアプリを動かすOSをアップグレードするようなものです。あらゆるスキルのを身に着けるための土台となります。

 シンプルライフにゴールはありません。誰もが旅の途上であり、他人と比較するものではありません。シンプルライフの旅の過程で、あなたにとって本当に大切なものが見えてきます。本当に費やすべき時間の使い方がわかってきます。他人の押し付けでない、自分の生き方を創造していく旅だともいえます。

 空気がおいしい、空が青い、目覚めたときにあなたの好きなものだけがある。自宅はまるでホテルにいるように整っている。そんな生活を実現するのに、一切お金はかかりません。『魂が本当に欲していることに、お金はかからない。』と、約150年前のミニマリストであり哲学者でおあるソローは言います。

 ぜひ、一緒にシンプルライフで本当の意味で自由な生き方をしていきましょう。

Who is the target audience?
  • 生活をできるだけシンプルにしたい方
  • 忙しくて自分の時間が取れないと感じている方
  • 余計なモノを手に入れるために働きたくないと思っている方
  • いつも気が散ってしまうと悩んでいる方
  • 自分が何をしたいのか分からなくなっている方
  • 家を広く使いたい方
  • シンプルなライフスタイルを手に入れたい方
  • ストレスの多い生活をされている方
  • 環境にやさしい生活を意識している方
  • 片付けに少し面倒くささを感じている方
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
36 Lectures
03:38:32
+
シンプルライフの旅へようこそ
11 Lectures 01:04:03

レクチャー中に用いた資料をPDFとしています。必要に応じて、印刷し気づいたことなどをメモされることをお勧めします。

Preview 06:24

あなたにとって、本当に大切なモノは何か。
それを突き詰めれば、自然とあなたにとって、本当に大切な時間は何か。
本当にやりたいことは何か。
本当に食べたいものは何か。
が敏感になってきます。

Preview 04:16

何が「幸せ」なのかを理解していなければ、「幸せ」でいることは難しいです。
シンプルライフを追求することは、自分を追求すること。自分の価値観を明確にしていくこと。
自分の真ん中にある大切にしたい信念を明確にしていくこと。
につながります。

ここでは、シンプルライフで得られるメリットをまとめてみました。

Preview 10:39

シンプルライフに、文明の利器を取り入れると鬼に金棒です。
文明の利器が所有の概念から共有の概念に変えました。

文明の利器とシンプルライフ
05:37

レクチャーを受ける最も大切なポイント。それはマスト(義務)としないということです。
試して自分に合っているものと会っていないものを取捨選択する。

取捨選択するためには、試してみることが大切ですね。

レクチャーの活用方法
02:13

シンプルライフはゴールのない旅
03:27

今回は日本とブータンの持ち物比較からレクチャーが始まります。
僕もネパールでトレッキングしているときに、ネパールの様々な村を回りました。

彼らの持ちものはブータンと似ていました。
彼らと比べて、日本はとても豊かです。
ただ、豊かなモノが重荷とならないようにバランスをとることも大事です。

GNH 日本とブータンの持ち物比較
08:56

あなたにとって、生きる上で本当に大切なものはなんですか。
環境先進国でもあり高福祉国家でもあるデンマークで驚いたのは、
彼らが生まれてから死ぬまで、最も大切なことを4つ選び、それを自国で守る
選択をした結果、今の政策が生まれているということでした。

今回はワーク形式です。ぜひ、実際に紙に書いて整理してみてください。

(ワーク) 本当に大切なもの
10:11

ついつい、モノを買ってしまう。誰でもありますよね。
お金がたまらないのは、大きな買い物よりも、何に買ったか覚えていないものが積もり積もった結果
であることが多いようです。

試に、1週間、出納帳を付けてみましょう。小さな買い物も付けてみます。
意外とムダなものを買っていることに、僕は驚きました。

自分を責める必要は全くありません。
「見える化」すると、自然と学習していくように脳はできています。

(ワーク)モノを買ってしまう動機を掘り下げる
06:08

心と体とモノのつながりをレクチャーしています。心と体とモノは、全てつながっています。

心を軽くすると、体とモノも軽くすることにつながり、モノを軽くすると、心と体も軽くすることにつながります。そして、最も大切なのは、全てがつながっていると意識することです。

僕は、言葉として知っているつもりになっていただけで、無意識に細胞レベルまで刻まれるのに、時間を要しました。心と体とモノを軽くするものは、全てシンプルライフにつながります。

心と体とモノのつながり
06:12

レクチャー中に用いた資料をPDFとしています。必要に応じて、印刷し気づいたことなどをメモされることをお勧めします。

シンプルライフ名言1
00:00
+
シンプルライフ実践編 レベル1
10 Lectures 01:03:56

どんな成功法則も、自分に合うものと会わないものがあるものです。まずは試して、自分のスタイルを築きましょう。「自分の成功法則は自分で決める」これは、シンプルライフにも当てはまります。

自分に合ったやり方が正しい
04:49

不要なものを手放すのは精神論ではなくスキルです。
スキルさえ学べば、不要なものは減らせるのです。

不要なモノを手放す「技術」
03:59

ベイビーステップ(赤ちゃんの歩み)で始めましょう。
簡単なことから始めるのがコツです。

小さなことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道 by イチロー

モノを減らす最初の一歩
07:29

シンプルライフを維持する5つのアプローチ
04:33

パソコンの中を整理しましょう。
不要なメルマガを登録していませんか。
不要なソフトやデータはないですか。
いらないメールはないですか。
表示する必要のないfacebookはないか。

データをシンプルにすると、精神的にすごく楽になりますね。

パソコンの中身を整理する5つのアプローチ
05:39

モノを増やさない7つのコツ
12:42

広告の罠を知り、避ける方法
17:34

このレクチャーは、セクション2の総まとめ的なところもあります。7つを全て行えば効果は高いですが、そのうちの1つを実行するだけでも十分に効果が高いものを集めました。

モノを減らす7つのヒント
06:59

本や資料を減らす5つのヒント

今回は、本や資料を減らす5つのヒントを、お伝えします。

個人的には、本はミニマムライフを目指すのでなければ、そこまで意識して減らす必要はないとも思っています(ただし、雑誌類はどんどん溜まっていくので、必要なものだけに厳選しましょう)。

特に、人生を変えたような本は手元に残しておきたいという気持ちはよくわかりますし、子供がいる場合は、本があると、子供も自然と読む習慣が身に付くからと、残しておきたくなることもありますよね。そういうこともあり、今回は、レクチャーというよりも必要な方は参考とする程度で良いかと思います。

はじめに、本や資料の役割を復習してみましょう。

本の役割としては、次のようなものが挙げられるかと思います。

1. 情報収集として

2. 生きる糧として

3. 楽しみとして

本や資料を減らすヒントの1番目。「100冊を厳選する」です。ただし、100冊というのも人によっては、かなり厳選しないと到達できないかもしれませんね。同じような内容のものはないか、本当に大切な本はどれかと、手にとって、吟味しながら減らしていきます(手に取るというのがポイントです)。  本棚にある本が厳選されてくると、だんだんと気持ちがよくなってきますよ。

特に、新聞はもちろん、雑誌や小説を何度も読むことは多くないと思われますで、手放す候補に成り得ます。でも読むかもしれないし、、と思われる方も多いと思いますが、図書館に預けていると思えばいいでしょう。それでも、頻繁に読む本は実際あるでしょう。本当に何度も読む本は残すべきです。しかし、全てがそのような本ではないでしょう。第一、そういう本は手元に残すべきか、手放すべきかと迷わないものです。

 そして、2番目です。小説類は特に電子書籍を使えないか、考えてみましょう。僕の場合は、電子書籍派で紙でなくても全く抵抗ないのですが、これは人によって合う・合わないがあると思います。紙の質感が気に入っているという方もおられると思います。紙の質感でなければ読んだ気がしないという方に、電子書籍はお勧めできませんが、電子書籍は本を減らすには有効であるのは間違いありません。持ち運びが楽なのも利点としてありますね。

中古の本を買った方が、電子書籍よりも安い場合もあります。でも、紙の本は、スペースが必要です。管理するのに手間もあります(片付けたりとか)。だから、トータルで考えると、本当に安いのか疑問です(個人的には、電子書籍の方が安いと感じています)。

3番目です。自分のモノにしてしまうという姿勢で読むと、意外と記憶に残りやすくなります。そして手放すという形ですね。特に、小説などには有効です。ここは、おもしろいと思ったところ、興味が出たところは潜在意識がおぼえているとよく言われます。逆に、記憶に残っていないものは必要だと感じなかった部分だともいえます。「覚えていない=自分にとって大切ではない」と自分を信頼しましょう。ここでも、信頼という言葉が出てきましたね。

残しておきたい第一候補は、情報収集の本ですね。これは、特に捨ててしまうと、必要な時に困るんじゃないかという気持ちが生じるかもしれません。

 4番目、「必要なところをスキャンする」です。全てを捨ててしまうのはハードルが高い場合は、大切なところだけをスキャンしておくことをお勧めします。進化論を提唱したダーウィンは、必要なページだけを破いて手元に残していたそうです。これは、自分にとって大切なところはどこか、あらためて整理できる利点もあります。おそらく、最初はスキャンした以外のところは捨ててしまって大丈夫かな、、と思うかもしれませんね。

もちろん大丈夫じゃないところも、もしかしたら出るかもしれませんが、ここは真剣勝負と捉えましょう(笑)。自分を信頼するトレーニングにもなります。どのトレーニングも自分を信頼できるようになることが大事です。そのために避けては通れない道ですね。この果実は大きい?ですよ。

最後、5番目です。「大切な所は要約して手放す」です。実は、今作っているシンプルライフの旅路のレクチャーも、自分の中にあるものを言語化して手放す作業をしているに他なりません。どんどんアウトプットして手放す。

血肉化したら手放していいのです。本当に使える部分は血肉化したものだけです。細胞レベルに刻ませて、あとは脳を信頼する。この繰り返しですね。

最後に。 1年間読んでない本は、おそらくあなたには必要性が低い本でしょう。手放すことを検討してください。必要だったら借りればいい、と割り切ることも大切です。

本や資料を手元に残すかどうかは賛否両論があろうかと思います。すべての方に絶対やったほうが良いとはいえませんが、すっきりしてくるのは事実なので、検討してみる価値はあろうかと思います。

(参考)本や資料を減らす5つのヒント
00:11

シンプルライフ名言2
00:00
+
シンプルライフ実践編 レベル2
11 Lectures 48:24
手放すのが難しいもの
01:58

手放すのが難しいもの1 家族の持ち物はどうするか
02:26

手放すのが難しいもの2 思い出の品はどうするか
01:58

手放すのが難しいもの3 プレゼントされたものはどうするか
03:35

手放すのが難しいもの4 自分にとって大切なものはどうするか
03:47

モノを減らす実験
05:21

禅に学ぶ生活の極意
09:07

心のゴミを消去するジャーナリング
04:32

情報のリストラで生活を豊かにする
04:47

ミニマリスト・バジェット 予算の組み換えで豊かに生きる
10:53

シンプルライフ名言3
00:00
+
シンプルライフの旅はこれからも続く
4 Lectures 29:38
ツバルを訪れて感じた幸せのあり方
15:56


金運ミラクルツアー
00:41

幸せのオプションを増やす
12:48
About the Instructor
武田 ふみ
4.3 Average rating
107 Reviews
811 Students
5 Courses
online instructor

東京理科大卒(機械工学)、東京工業大学院卒(生物化学)。 

プラント設計者、バイオマス研究者、自然学校経営、農業経営を経て、現在は シンクタンクに勤めています。趣味は、スキューバダイビング、スキンダイビング、スカイダイビング、登山、合氣道です。最近は鎌倉で早朝坐禅を行い、心身の調和をライフワークとしています。

(写真はゴーキョピークからの撮影。背後の山はエベレストです)

妻と息子の3人暮らし