ボーカロイドがナビゲート!認知科学でヒラメク「高校受験英語ー詳解 語彙力UP!」
5 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add ボーカロイドがナビゲート!認知科学でヒラメク「高校受験英語ー詳解 語彙力UP!」 to your Wishlist.

Add to Wishlist

ボーカロイドがナビゲート!認知科学でヒラメク「高校受験英語ー詳解 語彙力UP!」

Kadokawa「学参」著者が、雑誌「プレジデントFamily」で特集された認知科学を応用した勉強方法をレクチャー! 進学塾塾長が「入試問題」を解説!!
5 students enrolled
Last updated 8/2016
Japanese
Curiosity Sale
Current price: $10 Original price: $50 Discount: 80% off
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 3.5 hours on-demand video
  • 15 Supplemental Resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 高校受験でよく出る単語をテーマ別に体系的に学習でき、語彙力UPを狙おう!
  • 人気雑誌で幾度と特集された進学塾の勉強方法を学べます!
  • 大手出版社の参考書の著者が直接指導し、人間が持つ最高の脳力「直感」を引き出す勉強技術が習得できます!
  • 認知科学・脳科学を応用し、「注意力」「記憶力」をコントロールする具体的な勉強方法がわかります!
  • 勉強方法がわからず、頭打ち現象・伸び悩み症状で困っている諸君が、そこから脱却するヒントが学べます!
  • 単語だけでなく、文法も含めた「超詳細な解説」で、1人では受験問題が進められない諸君をアシストします。受験問題の「傾向と対策」がわかります!
View Curriculum
Requirements
  • 毎回、講義で解説する問題が掲載された「6色マーカーノート」をダウンロードできるようにしてあります。各自で印刷して下さい。
  • 実際にカラーマーカーを使って必ず予習して下さい。
Description

『人間が持つ最高の能力こそが《直感》です!』

  いろいろなことで成果を出すには、優れた直感を持つことが条件です。直感とは勉強でいえば、「学習経験」を通じて「こうすればうまくいくという最善の方法を絞り出す力」と言えるでしょう。幼児期・小学低学年からの学習経験を通じて養われた知識・概念・イメージはそれこそ無限です。その無限の組み合わせの中から「この問題の場合はこれで攻めてみる」と、まさに瞬間的に解法をヒラメクのが直感のスゴイところです!スポーツでも音楽や絵画などの芸術でも、理論を考えながら進めるのではうまくいきません。直感が意識を凌駕し、膨大な内容をまさに鷲掴みに掴み取るのが「直感」の姿です。

 そういった直感の働きは無意識的に行われるもので、人間が自分の意思でコントロールできるものではありません。それ故に、「直感を引き出す勉強方法」の開発は、大手進学塾でさえ手をつけなかった分野と言えます。私たち【アーク進学会】は、大手出版社の学習参考書の著者で、有名雑誌に幾度と特集された実績を持ちます。現在国立大学で研究を進め、認知科学・脳科学の理論を応用した私たちの学習理論の正しさを検証し、更に「6色マーカー学習法」を進化させようとしています。 

『《直感》を絞り出すには、知識・概念・イメージのネットワークを作りこむ!』

 問題を読んだ時、すなわち情報が頭脳に信号としてインプットされた時、脳内では「問題を解決する」ために過去の学習経験を検索・照合し、使えそうな幾つもの知識・概念・イメージを結合して試行錯誤していると考えられます。それは瞬間的に膨大な情報を処理するもので、こうした働きが「直感」の正体であると考えられます。

 しかし曖昧な情報が入ってきた時や、検索・照合する方向が定まらない時は、「これだ!」という「成功体験」に近いものが見つかりません。こういう時は「経験則」として、「これでは解決できない」と思考を停止してしまうか、それこそ適当に当てはめるという処理をしがちです。

 そういう時でも、問題情報を積極的に「変換」加工」し「重要な情報は強調し、不必要な情報は弱めたり省いて頭脳にインプット」することで、直感が上手く働くことは大いに期待できます!こうした勉強技術を身につけることが、志望校突破の重要なファクターなのです。勉強の方向を間違ってしまい、長時間・多量問題で乗り切ろうとする生徒が多いのが現状と言えますが、それでは成績向上を阻害している原因が解決しないことが多く、対策として不十分です。

  重要な情報に〈マーキング〉で強調したり〈スラッシュ分割〉で英語文の成分を区切ったりするためには、流し読みといった読みのレベルではできません。様々な要素に注意を向け、深く考えながら問題文に取り組むといった、更なるレベルへと勉強を深化させることが必要なのです。

 このように「作業を伴って深く考えながら問題文を処理する」ことで、「知識・概念・イメージを組み合わせて深く考えるネットワーク(思考回路)」が次第に組み上がっていくと考えられます。

『学力の正体は、「直感」と「論理的思考」の合わせ技』

 「直感」は無意識的なシステムで、「問題から重要な要素を検証し、過去の学習記憶(経験)の中から類似したパターンを引き出す」といったことをしていると考えられます。しかし、どの問題も全く同じわけではなく、直感が単独で正答に導ける範囲は限られます。直感は単独では処理できないとわかると、「論理的思考力」なる能力を引き出します。論理的思考力は、直感が引き出した情報を元に、例えば英語なら「文法・構文」、数学なら数学的な「定理・公式」などに照らし合わせて、じっくりと考えて最終的な解決策をまとめ上げると考えられます。

 「直感」だけが優れていても英語の文法・構文、数学の定理・公式を知らないではやっぱり解けません。

 「優れた直感」+「深い論理的思考力」が、学習能力の中心能力と言えるのです。

【6色マーカー学習法】は、「デキル生徒」の情報に変換・加工!

 問題を解決する具体的な手順を〈スキーマ〉と言います。勉強の最終目標はこの〈スキーマ〉の力を向上させることです。英語が苦手な人が問題を解く場合、問題を解く上でポイントでない単語をしげしげと眺めるなど、不必要な情報をドンドン頭脳にインプットしていると考えていましたが、私たちが大学で行った視線解析の実験でも同じ結果が得られました。一方、英語が得意な人は優れたスキーマを使って、問題を解く上で特に重要なポイントをしっかり見るなど最小限の確認・時間で答えを引き出します。またはあえて情報を絞り込んで部分的に深く思索したり、細かい情報を消し去って俯瞰したりと情報をうまくコントロールしているのです。

【6色マーカー学習法】は「勉強が得意な人」が英語問題を解く時に、重要だと認知して注意を向ける単語や文法・構文、思考を進めていく順序などを学び習得することを目指しす学習方法です。勉強が得意な人の「情報のインプット」に近づけることで、頭脳がもともと持つ能力を引き出すことが期待できます!

 「論理的思考」は直感が引き出したものを引き継いで、今度はじっくりと理論に照らし合わせ検証していく重要な働きです。

 「直感」だけが優れていても英語の文法・構文、数学の定理・公式を知らないではやっぱり解けません。

 「優れた直感」+「深い論理的思考力」が、学習能力の中心能力と言えるのです。


【6色マーカー学習法】は、「デキル生徒」の情報に変換・加工!

 問題を解決する具体的な手順を〈スキーマ〉と言います。例えば、英語が苦手な人が問題を解く場合、問題を解く上でポイントでない単語もしげしげと眺めるなど、不必要な情報をドンドン頭脳にインプットしています。一方、英語が得意な人は優れたスキーマを使って、問題を解く上で特に重要なポイントをしっかり見るなど最小限の時間で答えを引き出します。またはあえて情報を絞り込んで部分的に深く思索したり、細かい情報を消し去って俯瞰したりと情報をうまくコントロールしていると考えられます。

【6色マーカー学習法】は「勉強が得意な人」が英語問題を解く時に、重要だと認知して注意を向ける単語や文法・構文、思考を進めていく順序などを学び習得することを目指しす学習方法です。勉強が得意な人と「情報のインプット」に近づけることで、頭脳がもともと持つ能力を引き出すことが期待できます!

※ この動画のボーカロイド CV:さとうささら/タカハシ(CeVIO)

Who is the target audience?
  • 中学2年でそろそろ受験勉強を始めようと思っている皆さん。1人では難しすぎてどうしていいかわからないことが多いですが、「超詳細解説」で皆さんをアシストします!
  • 中学3年生で、本格的に受験勉強を始めている諸君!実際に出た公立高校入試問題を題材にした学習参考書の著者が解説するビデオレクチャーです。人気雑誌で特集された効果的な受験のテクニックを学べます!
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
32 Lectures
03:32:49
+
はじめに・・・●ボーカロイドがナビゲート! 認知科学を応用して、どうやって学力アップするの?!
2 Lectures 13:39
+
1 ボーカロイドがナビゲート! 神奈川県
5 Lectures 37:17
1−1 「神奈川県❶ 疑問詞5W1Hと人称代名詞-」
09:40

1−2 「神奈川県❷ 構文SVOOと書き換え」
09:43

1ー3 神奈川県❸ 直接疑問文と関節疑問文
05:37

1−4 「神奈川県❹ 天気に関する表現」
04:31

1−5 「神奈川❺ SVtahtS'V' / 比較級と最上級」
07:46
+
2 ボーカロイドがナビゲート! 千葉県
5 Lectures 23:45
2−1 「千葉県❶ 曜日」
05:16

2−2− 「千葉県❷ 体の生理現象を表す形容詞」
05:27

2−3 「千葉県❸ 手紙に関する表現」
06:25

2−4 「千葉県❹ 感情を表す形容詞」
02:26

2−5 「千葉県❺ 傾向と対策」
04:11
+
3 ボーカロイドがナビゲート! 大阪府
5 Lectures 35:56
3−1 「大阪府❶ 現在完了とwould like to」
08:59

3−2 「大阪❷ good/well/best 付帯状況のwith 無冠詞で使う名詞」
07:36

3−3 「大阪❸ 傾向と対策」
06:00


3−5 「大阪❺ 語彙のまとめ⑵」
07:52
+
4 ボーカロイドがナビゲート! 福岡県
4 Lectures 21:25
4−1 「福岡❶ 命令文を使った表現 / よく出る会話表現 / 単純未来と意思未来」
05:45

4−2 「福岡❷ SVOOを使った表現 / 疑問詞+不定詞を使った表現」
05:07

4−3 「福岡❸ 省略された表現 / QAのSV対応」
05:34

4−4 「福岡県❹ what size? / how many〜」
04:59
+
5 ボーカロイドがナビゲート! 東京都 リスニグ問題のスクリプト読解 PartーⅠ
5 Lectures 38:20

5−2 「東京都 Ⅰ−❷ 何を飲みますか?/SV(that)S'V'/単純未来と意思未来」
09:06

5−3 「東京 Ⅰ−❸ 買い物に関する表現/色に関する表現/お金に関する表現?」
08:29


5−5 「東京都 Ⅰー❺ 傾向と対策」
09:55
+
6 ボーカロイドがナビゲーター! 東京都ーPartⅡ
5 Lectures 37:08
6−1 「東京都 Ⅱー❶ 動名詞を使った表現 / ingのつけ方 」
08:52

6−2 「東京 Ⅱー❷ 現在完了を使った表現 / yetとalredy」
08:17

6−3 「東京都 Ⅱー❸ whoの人称 / have gone to とhave been to」
05:58

6−4 「東京都 Ⅱー❹ 語彙のまとめ」
08:38

6−5 「東京都 Ⅱー❺ 傾向と対策」
05:23
+
7 ボーカロイドがナビゲーター! 北海道
1 Lecture 05:19
7−1 「北海道 慣用表現」
05:19
About the Instructor
J-Arc Hiroshi Matsumoto
4.0 Average rating
2 Reviews
87 Students
9 Courses
アーク進学会の塾長/ARC EDU株式会社CEO

● 現在大阪府下で14教室を持つ「アーク進学会」の塾長。

● 今まで多くの生徒を指導してきましたが、同じシステムで勉強していても成績には大きな開きが出てきてしまいます。その原因は「学習能力」にあります。上位陣の生徒たちは、直感や記憶力、注意力、論理的思考力など学習能力がより高いと言え、そうしたグループに追いつき追い越すためには「問題を解説するだけの授業」では不十分だと言えます。しかし、学校や塾授業では問題解説が中心で「学習能力」の問題は解決しません。

● 「直感」は、人間のどんな行動にも良くも悪くも必ず関わる人間が持つ最高の脳力です。「直感に作用しその働きを高める勉強方法はないか?」と考え、認知科学や心理学を応用した学習理論【Powered Brain Learning System(R)】(パワード・ブレイン・ラーニング・システム)を開発しました。 【Powered Brain Learning System(R)】を、小・中学生でも使えるよう、マーキング等を使って開発した学習方法が【6色マーカー学習法(R)】です。

●【6色マーカー学習法(R)】を一言で言うと、《意識を向ける学習法》です。人間は自転車に乗るとき、何かの蓋を開け閉めするときなど、ほとんどの日常生活を無意識的に行なっています。このために便利に生活が行えるわけですが、「文章を読む」「簡単な計算をする」といった勉強も同じように無意識的に行ってしまいます。意識はあるのですが十分に「意識を向ける」ことができないことも多く、そうしたことが習慣化してしまうと、ミスや勘違いが多く、「頭打ち現象」「伸び悩み」といった状況に陥ります。それを解決するのが【6色マーカー学習法(R)】です!

● 【6色マーカー学習法(R)】は雑誌「プレジデントFamily」に幾度か特集・掲載されました。

● 大手出版社から学習参考書を出版。

  「いちばんよく出る中学英単語1300」(Kadokawa)