【2日でできる】はじめての PHP x Laravel 5 入門
3.5 (102 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
1,075 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 【2日でできる】はじめての PHP x Laravel 5 入門 to your Wishlist.

Add to Wishlist

【2日でできる】はじめての PHP x Laravel 5 入門

PHP7 とLaravel 5で、はじめてのWebサービスを2日で作ってみよう!
3.5 (102 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
1,075 students enrolled
Last updated 8/2017
Japanese
Current price: $10 Original price: $90 Discount: 89% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 4.5 hours on-demand video
  • 18 Articles
  • 9 Supplemental Resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • 最新のPHP(バージョン7)を実行する環境をローカル(OS XまたはWindows)に作成できるようになる
  • PHPの動作の仕組みを理解し、かんたんなPHPスクリプトが書けるようになる。
  • Webアプリフレームワーク(Laravel)を使って、書籍管理システムを作成し、オリジナルのWebサービスを作れるようになる
  • データベースインスタンスを作成し、テーブルを作成できるようになる
View Curriculum
Requirements
  • OS X、Windows 7以上の動作するパソコン
  • Composer、Laravel(無償、レクチャーで導入方法を解説します)
Description

*2017/9/1 SQLiteデータベース接続設定の仕様に変更があったので、レクチャー42を更新しました。データベースファイルの場所をフルパスで指定する必要があります。

【PHP7, Laravel 5.2.31以上対応】

この講座は

  • PHPの最新バージョン(PHP7)の基本知識を学べます。
  • 具体的なWebアプリケーションを作るチュートリアルでフレームワーク開発の概念をマスターできます。
  • HTML5やスタイルシート、JavaScript、Bootstrapなども同時に学べます。


レクチャーでは、プログラミング初学者がつまづきやすい環境構築をWindows, Mac (OS X)のそれぞれについて、操作録画をまじえて、ステップ・バイ・ステップで解説しますので、確実に学習を進められます。また、Linux環境でも学習を進められます。

集中的に学習すると、土日で1つのアプリケーション開発を体験できますので、

  • 短期間にPHP7の基礎を学びたい方
  • Webアプリケーション開発を体験してみたい方
  • 書籍やオンラインでの学習で環境構築がうまくいかなくて困っている方

などに最適です。

【注意】

2016年8月末に、Laravelは5.3にバージョンアップしました。

レクチャーはLaravel 5.2ベースとなっているので、バージョン指定をしてインストールする手順を解説しています。

2016年9月中には、5.3対応を済ませる予定です。

【受講生の声】

「井上さんの親切かつ丁寧かつ分かりやすいご対応に感謝しております。 PHP初心者でも本当にわかりやすく解説してくださるので、本当に受けてよかったです。」(2016/7/31 秋山さん)

Who is the target audience?
  • はじめてPHPを勉強する方
  • PHP5.6までは経験があるが、PHP7を覚えたい方
  • PHPではなく、RubyやPythonを使用した開発手法をマスターしたい方には向いていません(別コースを提供予定)
Compare to Other PHP Courses
Curriculum For This Course
70 Lectures
04:30:53
+
Webアプリケーション開発の基礎知識
2 Lectures 11:01

Webアプリケーション開発の構成要素について学びましょう。

Preview 06:00

効果的な学習方法
05:01
+
学習環境の構築
10 Lectures 31:12

Homebrewを使って、PHP7のインストールをしてみましょう。

PHP7のインストール(OS X)
04:31

Windows上にPHP7をインストールしてみましょう。Mac(OS X)の方は不要です。

Visual StudioのRuntimeが入っていない方はインストールする必要があります。

Visual StudioのRuntimeのダウンロードは以下から行えます。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48145

PHP7のインストール(Windows)
08:32

Visual Studio の実行環境のダウンロードページのURL
00:00

laravelコマンドを使用するために、Composerをインストールしましょう。

Composerのインストール(OS X用)
01:37

WindowsにComposerをインストールしましょう。

Mac(OS X)の方は不要です。

php.iniの作成と、エクステンションディレクトリの指定が必要です。

また、データベースに対応したphp.iniファイルの設定については次のレクチャーを参照してください。

Composerのインストール(Windows用)
05:50

PHPの初期設定(php.ini)の編集箇所

extension_dir = “ext”

または

extension_dir = “c:¥php¥ext” 

(*他のドライブに入れた場合は適宜変更する)

以下のextensionを有効化(セミコロンを取る)

php_openssl.dll

php_mbstring.dll

php_mysqli.dll

php_pdo_mysql.dll

php_pdo_sqlite.dll

php_sqlite3.dll

【注意】

*mysqlを含むのは、MySQLを使用している方のみ

*PDOはPHPのデータベースアクセス抽象化用ライブラリ

【追加レクチャー】PHP7.0.9(最新版)とComposerのインストール(Windows)
09:08

必要な拡張機能(extention)
00:02

課題1:PHPのインストール
00:00

課題2:Composerをインストールしよう
00:00
+
PHPの基礎知識と環境設定
12 Lectures 55:35

PHPスクリプトを書いて、コマンドラインから実行してみましょう。

Preview 05:04

PHPの対話式実行モードについての注意
00:02

Windows 10のコマンドプロンプト上でプログラムを入力して実行してみましょう。

PHPのインタラクティブモードを使ってみよう(Windows 10)
03:06

代数演算子による数値演算や、代入演算子による計算結果の代入について学びましょう。

PHPの対話式実行モードを使用します。

php -a

で対話式に処理を実行できます。

Mac(OS X)の場合は、プロンプトが出て、1行づつ実行できます。

Windowsの場合は、

<?php

PHPの命令;

?>

と書いてから、Control + Z、enter、とすると<?php から ?>までの内容を実行できます。

終了するには、Control+C(コントロールキーとCを同時に押す)か、exitと入力してエンターキーを押します。

PHPの基本文法(計算をしてみよう)
04:52

複数のデータをまとめて格納するために、配列という変数タイプを使ってみましょう。

PHPの基本文法(配列)
05:00

array関数を使用して、キーと値がセットになった配列変数を生成してみましょう。

PHPの基本文法(array関数)
02:21

for文を使用して、繰り返し処理を実行してみましょう
制御構文(for文とif文を使用してみよう)
07:41

クラス定義をして、インスタンス(オブジェクト)を生成してみましょう。

クラスを定義してインスタンスを生成してみよう
07:46

PHP7の内蔵Webサーバを使用して、PHPスクリプトを実行してみましょう。

PHPでHello World!(Webアプリケーション編)
03:54

HTML5の書式でHTMLファイルを作成してみましょう。

HTML5のタグを追加してみよう
03:40

HTMLファイルに入力フォームを追加して、投稿したデータを表示するPHPスクリプトを作成・実行してみます。

文法の詳細は後ほど解説するので、まずは動作を体験してみましょう。

思っていたより簡単に入力フォームとPHPのプログラムが連携できることがわかるでしょう。

入力フォームとの連携、変数、文字列の結合
09:34

Webアプリケーションフレームワークの概念を学びましょう。

Webアプリケーションフレームワークとは?
02:35
+
HTML、CSS、JavaScript、Bootstrap
9 Lectures 41:34

HTMLファイルをテキストエディタで作成してみよう。

HTMLを書いてみよう
06:40

スタイルシートを作成し、HTMLファイルに関連付けてみましょう。

CSSファイルを作成してみよう
05:38

JavaScriptでどんなことができるかを学びましょう。

JavaScriptとは?
02:56

HTMLファイルにJavaScriptを追加してダイアログを表示してみよう。

JavaScriptを追加してみよう
02:06

JavaScriptのライブラリ、jQueryを使ってみましょう。

jQueryを学ぼう
12:11

jQueryによるスライダーを実行してみましょう。

jQueryを実行してみよう
06:09

前のレクチャーで解説している、jQueryによるスライダー(BxSlider)のサンプルコードです。

Udemyのエディターの関係で、インデント(段付け)がクリアされています。

jQueryによるスライダーのソースコード(補助教材)
00:06

課題3: スライダーを実装してみよう
00:00

Webサービスを高速に開発するために必須のTwiter Bootstrap3について学びましょう!

Twitter Bootstrap(ブートストラップ)とは?
05:48
+
リレーショナルデータベースの基礎知識
3 Lectures 16:31

Windows環境で、SQLite 3がインストールされていない場合は、phpフォルダにsqlite3.exeをダウンロード・配置しましょう。

SQLite3のインストール(Windows環境のみ)
06:52

リレーショナル・データベースの概要と、SQLiteを使ったデータベーステーブルの作成、データの登録、表示などを実行してみましょう。

SQLでデータベースを操作してみよう
09:39

SQLiteを使ってデータベースの作成、テーブルの作成、データの登録を実行してみましょう。

課題4: データベースの作成
00:00
+
シンプルな読書リストを作ってみよう!
22 Lectures 01:16:02

2016年8月末にLaravel 5.3がリリースされました。

リリースに伴い、ディレクトリ構成が変更になりました。

そこで、5.3対応のレクチャーを収録しています。

完成するまでの間、Laravel 5.2を指定してLaravelのプロジェクトを作成いただくと

レクチャー動画と同じ手順で作業ができます。

注意: Laravel 5.3リリースに伴う対応
00:03

composerコマンドを使ってプロジェクトを作成し、Laravelフレームワークをインストールしましょう。

はじめてのプロジェクトを追加してみよう
04:32

artisanコマンドを使用してローカルサーバを起動し、Laravelの動作を確認しましょう。
内蔵サーバを起動してプロジェクトにアクセスしてみよう
01:56

課題5: ローカルサーバーを起動してみよう
00:00

データベーステーブルを生成するためのマイグレーションファイルを生成しましょう。

DBのマイグレーションファイルを作成してみよう
06:24

Laravel 5.2.29以降、データベースの標準設定がMySQLを指定するようになりました。ここではSQLiteを使うための設定をします。

データベース接続設定の設定変更(Laravel 5.2.29以降)
00:12

データベース接続の設定、Sqliteデータベースの作成を行い、マイグレーションを実行してみましょう。

DBのマイグレーションを実行してみよう
05:45

artisanコマンドを使って、Bookモデルを追加してみよう

モデルを追加しよう
01:55

Bladeテンプレートシステムを使って、アプリケーションのテンプレートを作成していきます。

まずは、共通のパーツを定義するファイルを作成して、他のファイルから参照できるようにします。

ソースコードは次のレクチャーに含まれているので、スクリーンショットのデータをダウンロードして、

resources/views/layouts/ 以下に

app.blade.php というファイル名で保存しましょう。

レイアウトファイルを作成しよう
05:16

共通レイアウトファイルのソースコードです。

時間のある方は、タイプして入力してみましょう。

時間がない方、すぐに動作を確認して見たい方は、app.blade.php.txtファイルをダウンロードして、拡張子を.phpに変更して、

resources/views/layouts/

以下に移動しましょう。

レイアウトファイル(app.blade.php)
00:03

app.blade.phpの表示結果を確認しておきます。

現在は表示内容を記述していないので、ナビゲーションバーしか表示されません。

レイアウトファイルのプレビュー
00:58

書籍一覧表示や、追加フォームを表示するテンプレートファイルを追加しましょう。
メインコンテンツ表示のビューを追加しよう
01:54

メインコンテンツのテンプレートファイルを配置しましょう。

メインコンテンツのテンプレートファイル(books.blade.php)
00:00

これまでのLravelフレームワークの処理の流れを確認して、

エラー処理のコードを追加しましょう。

エラー処理のビューを追加しよう
08:28

エラー処理のファイルをダウンロードしましょう。

エラー処理のビュー(ファイルのダウンロード)
00:00

ルーティングファイルを設定していきましょう。

ルーティングファイルのベースを作ろう
05:24

ルーティングファイルに表示処理を追加して、実行してみよう。

また、書籍データの一覧表示処理を追加しよう。

ルーティングファイルの動作を理解しよう
10:43

新しい書籍を登録する処理を追加してみましょう。

  • フォームデータの取得
  • バリデーション
  • データベーステーブルへの保存処理

をroutes.phpに追加します。

データ登録処理を追加してみよう
15:10

登録されているデータを、データベーステーブルから削除する処理を追加しましょう。

ここでは、Laravel 5.2から新たに実装された「インプリシットバインディング(暗黙的バインディング)」を使ったコードを作成してみます。

データの削除処理を追加してみよう
02:38

ここまでに作成した書籍一覧のWebアプリケーションを動作させてみましょう。

また、LaravelによるWebアプリケーション開発の手順をレビューしましょう。

完成したアプリケーションを動かしてみよう!
04:34

Laravel 5.2.27以降でエラーメッセージを表示するための注意
00:04

前回のレクチャーの最後の手順を参照しながら、LaravelによるはじめてのWebアプリケーションを作成してみましょう。

はじめてのデータベースアプリ作成

1.何をつくるかを決める

2.データベーステーブルのマイグレーションファイルを生成

3.フィールド定義をマイグレーションファイルに追加

4.マイグレーションを実行(テーブルが生成される)

5.ページテンプレートを作成(Blade.phpファイル)

6.ルーティング処理を記述(app/Http/routes.php)

7.内蔵サーバを起動

8.動作を確認

課題6:はじめてのWebアプリケーションを作成してみましょう
00:00
+
ログイン認証機能を追加してみよう
5 Lectures 19:39
プロジェクトのバックアップを作成しよう
00:53

Laravelに標準装備されている認証機能を追加してみましょう。

ユーザ登録・認証機能をつけてみよう
06:24

認証ライブラリによって生成されたテンプレートを調整しよう。

共通テンプレートの編集
05:27

ログイン状態チェックを有効にしよう
06:55

このセクションで実施した、

  • auth ビューの追加
  • app.blade.phpの編集
  • routes.phpのauthミドルウェアの追加

にチャレンジしてみましょう。

課題7: 認証処理の追加をしてみましょう。
00:00
+
ボーナスレクチャー・補足資料
1 Lecture 00:00
composerのアップデート
00:00
+
ボーナストラック(Laravel 5.2.31でScaffolding)
6 Lectures 13:36
Laravel 5.2.31によるプロジェクト追加
01:32

Scaffoldのライブラリを追加しよう
01:31

app/config.phpを編集しよう
01:51

scaffoldingでコードを一括生成してみよう
02:39

データベース設定(SQLite)をしよう
01:34

データベースのマイグレーションを実行しよう
04:29
About the Instructor
井上 博樹 (Hiroki Inoue)
4.2 Average rating
2,336 Reviews
14,548 Students
18 Courses
ITエンジニア、Udemy講師(プログラミング, STEAM)

Hiroki Inoue is a software engineer since 1992. Hiroki Inoue has been taught Web programming at Dokkyo University in Japan, and also on Udemy since November 2014 and now offering 17 courses for 20,000 students. Hiroki Inoue started a consultancy in 2007 to support institutions and corporations to leverage technology in education. Also Hiroki provides 17 courses on Udemy; Deep Learning/TensorFlow, Neural Network with Numpy, Ethical Hacking with Kali Linux, Complete Web Developer 2.0 (Localized Rob Percival's best seller course), iOS 10 App Dev, Linux, Linux/Docker, Java, Ruby on Rails, WordPress, Android App Dev, PHP7/Laravel, Moodle He loves to play tennis in weekend.

東京大工学部卒業後、富士総合研究所[現・みずほ情報総研]解析技術第1部にてデータ解析・デジタル信号処理の研究開発)・大学講師を経て、ワシントンD.C.の教育系スタートアップ(Blackboard)に参加、オンライン教育プラットフォーム開発や多言語化、アジア展開などを担当。NASDAQ IPOを経験した後、起業。

世界最大のオンライン学習サイト・Udemyでのべ20,000名以上にプログラミング講座を17コース提供中。対面でもプログラミングワークショップ(Hour of Code, スマホアプリ開発、Raspberry Pi による電子工作)を地域の中高で定期的に開催している。

2016年11月にはUdemyのベストセラーコース "Complete Web Developer 2.0" をローカライズ。2017年1月にTensorFlow入門コース, 3月にセキュリティ入門, 4月にニューラルネットワークコースをリリース。

大学・企業、塾・予備校などへの教育研究支援、オンライン教育プラットフォーム(LMS/Moodle/Canvas/Blackboard)導入、反転授業・ブレンデッドラーニング・パーソナライズドラーニング(個別学習)の導入支援、映像授業制作、教育アプリ開発などを提供している。著書に「Moodle入門(2007年)」「Moodle2ガイドブック(2013年)」「反転授業マニュアル(2014年)」「動画xスマホで稼ぐ(2014)」「エンジニアのためのオンライン講座制作ガイド(2016年12月刊)」などがある。

また、2014年よりネパールにおける教育支援プロジェクト、"Lights For Everyone" プロジェクトを立ち上げ、ソーラーライトの提供や、SLC(高卒認定試験)対策を含むオンライン学習サイト構築などを企画・構築・運用している。