Photoshop 魔法のスーパテクニックを身につけよう 3Dのマジック
4.4 (5 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
143 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add Photoshop 魔法のスーパテクニックを身につけよう 3Dのマジック to your Wishlist.

Add to Wishlist

Photoshop 魔法のスーパテクニックを身につけよう 3Dのマジック

最先端Photoshopの3D機能をマスターしましょう。次世代の技術3Dのスキルが身につきます。
4.4 (5 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
143 students enrolled
Created by 村守 康
Last updated 5/2017
Japanese
Current price: $10 Original price: $20 Discount: 50% off
1 day left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 1 hour on-demand video
  • 1 Supplemental Resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • Photoshop の3D機能をマスターしましょう。リアルな3Dオブジェクトが制作できるテクニックが身につきます。
View Curriculum
Requirements
  • コースを始める前にこのサイトに用意された「練習素材」をダウンロードしておいてください。練習素材は最初のページでダウンロードします。
Description

このコースはAdobe Photoshop CC で3Dの機能を使えるようになることが目的です。コースは11のステップに分かれ、全部がビデオで構成されています。動画を見ながら同時にPhotoshopを起動させ、チュートリアルで解説している通りに操作することでPhotoshopの3D機能をマスターします。

Photoshop 3D 最高難度のスキルを身につけよう

・最初にテキストを素材にした3D文字を制作してPhotoshopの3D機能の使い方を学ぶ
・2つ目の作品で3Dの詳細な設定方法を学び、何度の高い作品を制作
・ライティングやマテリアルの押し出しなども学習
・キャップ、テクスチャーなど細かい仕上げをして精巧なテクニックを学びます

・すべての操作にその意味や目的を説明しているので、何のための操作か目的を持って学べます

プロ現場で通用するテクニックを学ぼう

Photoshop 3Dは珍しさから多くの人が一度は試してみる機能ですが、実際に使える人はそう多くありません。デザインの中に本格的に3Dを使えるテクニックを持ったひとはさらに少なくなります。

このコースではプロレベルのテクニックを惜しみなく解説しています。最初はご自分のレベルとの差に驚き、戸惑うこともあると思いますが、それが上級者へのステップアップの重要なモチベーションになります。このコースを終わったとき、あなたはご自分のスキルに十分な自信をもつことができます。


学習内容

2つのセクション、本のレクチャーを合計時間のビデオで解説しています
すべての制作例を最初に制作の方法を順を追って解説しているので、セクションごとに作業の目的がわかり、目的意識をもって学習できます。

学習は2つのセクションでそれぞれ1つの作品を仕上げ、セクションごとに完結しています。2つのセクションを行う事でPhotoshop 3Dの入門から上級のテクニックを身につけられます。

Who is the target audience?
  • Photoshopの初心者の方と中級者の方を対象にしています。初心者の方でもチュートリアルで教えられる通りに操作することで同じ結果を得ることができ、全くの未経験者でなければ大丈夫です。
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
11 Lectures
01:06:32
+
セクション1:テキストを素材にした簡単な3D
3 Lectures 19:51

最初ににこのセクションで使う練習用のテキストを入力し、3D化する方法を学びます。

このページ上の「リソースの閲覧」ボタンをクリックして練習素材をダウンロードしてください。練習素材ファイルはzipで圧縮されています。解凍してご準備ください。

Preview 07:32

文字を入力し3Dにしたら、3Dパネルの使用方法を説明します。複雑な3Dのオブジェクトの移動や回転の仕方などを練習します。

ステップ2 3Dパネルの使い方 その1
05:15

引き続き3Dパネルの使い方です。先のステップより詳しく、3Dのマテリアルなどについて学びます。
ステップ3 3Dパネルの使い方 その2
07:04
+
セクション2:3D文字「ひ」「ろ」「ば」の制作
8 Lectures 46:41

新しく、3D文字を通常の風景写真と合成した作品を制作します。このステップでは完成した作品を見ながら制作の手順を説明します。

ステップ4:3D文字ひろばの制作手順
05:38

実際の制作に入ります。まず最初の文字を配置してこれを3D化します。ここでは文字テキストの入力ではなく文字を画像として描いたものを素材として読み込み写真の上に配置します。
ステップ5 文字の3D化
06:12

3D化した最初の文字の表面に実写の写真から作成したコンクリート表面のテクスチャーを読み込みます。オブジェクトをリアルに表現する非常に効果的な方法です。
ステップ6 テクスチャーの読み込み
07:20

テクスチャーを読み込み細かい部分を仕上げた最初の文字の位置を、実写の背景画像と合わせ位置を整えます。ライティングを調整し、写真の天候や影の陰影を合わせます。

Preview 04:09

残りの2文字を配置し、最初の文字と同じ方法で3D化し、テクスチャーを読み込み、位置を合わせてライティングを調整します。

ステップ8 残りの文字の配置
07:02

3D化した文字を実際の画像として使えるよう、レンダリングします。レンダリングすると3Dの編集はできなくなるので、その前にバックアップを作成します。その方法です。
ステップ9 3Dオブジェクトのバックアップとレンダリング
04:47

3Dで制作された文字は実写の風景とシャドウの陰影が違います。これを合わせます。シャドウだけを編集するので少し高度な編集になります。

ステップ10 シャドウの濃さの調整
06:23

最後に写真と3D文字の重なり順を変更します。風景写真の一部だけを切り抜き、3D文字の前面に出します。細かい選択範囲の作成とレイヤー間の移動を学びます。
ステップ11 オブジェクトとシャドウの重なり順
05:10
About the Instructor
村守 康
4.4 Average rating
277 Reviews
2,307 Students
14 Courses
デザイナー

大手半導体メーカー販促部門でデザイナーとして勤務後、デザイン会社を設立。現在は現場でのデザインとともに新人教育を多く行う。Adobe Photoshop, Illustratorなどデザイン系のアプリケーションと、HTML, CSS, Java, phpなどコーディングとプログラミングの解説がメインで、即戦力のスキルを伝えることに力を入れています。これまでに特に動画を使った指導カリキュラムを多く開発しており、わかりやすいと好評を得ています。