初心者のための 失敗しないビデオ撮影術
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
3 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add 初心者のための 失敗しないビデオ撮影術 to your Wishlist.

Add to Wishlist

初心者のための 失敗しないビデオ撮影術

せっかく買ったビデオカメラを眠らせていませんか?見直しても楽しめず、「ビデオは後から見ないもの」と諦めていませんか?見やすく退屈しない映像にして初めて、撮影対象の魅力が伝わります。見づらい映像になる理由と上手く撮る簡単なコツをお教えします。
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
3 students enrolled
Created by 升田 規裕
Last updated 7/2017
Japanese
Current price: $10 Original price: $45 Discount: 78% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 2 hours on-demand video
  • 35 Supplemental Resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
What Will I Learn?
  • ビデオ撮影を任されたときに役立つ、「見ていられない映像」にしないための知識とコツが身に付きます。
  • 鑑賞しやすいビデオ作品にするための、具体的なビデオ撮影方法が身に付きます。
View Curriculum
Requirements
  • ビデオカメラを持っていること
Description

「ビデオカメラを買ったら、こんな撮影をして後から家族や仲間と楽しめる」

そんな期待をして手に入れた高性能のビデオカメラ。

確かに画質は良いものの、何となく素人っぽい、見づらい映像になってしまうため、「撮っても後から見直さない」「ほとんど使わない」ということになってはいませんか?

または、記録映像の撮影を任されるものの、どうしても上手く撮影できず、いつも見づらい映像になってしまって、肩身の狭い思いをしていませんか?


実は、見づらい映像になるのには理由があります。

ビデオカメラの性能には関係なく、「見やすい映像にするコツ」があるのです。性能には関係ないので、ビデオカメラメーカーは積極的に教えてはくれません。高性能・新機能の新製品を売らなければならないからです。

このコースでは、見づらい映像になる理由や、見やすい映像を作るコツを解説します。

アマチュア撮影は、運動会、発表会など、失敗が許されません。

プロの映画撮影のように、撮影がメインではないため、やり直しがきかないからです。

しかし、多くの失敗映像を見ると、わざわざ難しい撮り方をしていることが何と多いことか。


このコースを受講すれば、「失敗しやすい危険な撮り方」「失敗しにくい安全な撮り方」の違いが分かります。その結果、「どういう撮影を心掛けるべきか」という感覚が身に付き、撮影を失敗することが格段に少なくなります。

また、アマチュア撮影は、「撮影」がメインとは限りません。例えば、観光しながらの撮影は、ご自身が観光を楽しみながら行なう「ついでの撮影」です。

このコースで紹介するやり方を使えば、手早く、必要な分量の撮影を行なえるので、楽しい観光の記録を残しながらも、ご自身が観光を楽しむ余裕が生まれます。

見づらい映像の撮りっぱなしは、これで卒業。見やすい映像作りのコツを掴んで、お手持ちのビデオカメラを存分に活用しましょう。


コースの構成

  • 01_はじめに
  • 02_カメラを知る
  • 03_ビデオ作品と編集
  • 04_「見ていられない映像」を考える
  • 05_揺れの少ない映像を撮る基本
  • 06_「退屈」というストレスを解消する
  • 07_バリエーションを増やす
  • 08_動く対象を追う
  • 09_動きながらの撮影に挑戦
  • 10_作品に仕上げる編集
  • 11_おわりに
Who is the target audience?
  • ビデオカメラでの撮影に慣れていないが、撮影係を任され、失敗せずに撮影しなけらばならない方
  • 購入したビデオカメラを充分に活用できずにいる方
  • ビデオカメラでの撮影の基本を知って、撮影を簡単に楽しみたい方
Compare to Other Video Marketing Courses
Curriculum For This Course
35 Lectures
02:11:53
+
はじめに
1 Lecture 06:14
+
カメラを知る
5 Lectures 17:21
動画撮影の機器
02:27

オート機能に頼る
03:46


オマケ機能は失敗の元
03:19

練習課題
01:32
+
ビデオ作品と編集
4 Lectures 16:53
ビデオ記録とビデオ作品
02:22

映像作品は撮影と編集で
02:43

編集でカバーできること
07:36

練習課題
04:12
+
「見ていられない映像」を考える
3 Lectures 12:34
映像はワガママなメディア
03:44

見づらい映像とは
04:53

ビデオ撮影特有の手ブレ
03:57
+
揺れの少ない映像を撮る基本
4 Lectures 09:45
撮影時の手ブレを自覚する
03:02

ズームとブレの関係
03:42

ワイドで、できるだけ固定
02:02

練習課題
00:59
+
「退屈」というストレスを解消する
3 Lectures 09:45
退屈の原因は刺激の少なさ
03:38

まずは安全なワイドの固定カメラで多彩に
02:35

カメラマンの退屈は信用しない
03:32
+
バリエーションを増やす
4 Lectures 20:41
パーンに挑戦
07:27

ズームアップに挑戦
03:42

たくさん撮るためにスピードアップ
04:54

練習課題
04:38
+
動く対象を追う
4 Lectures 08:41
最大の特徴は動きを捉えること
01:54

手ブレ補正の限界(はみ出し)
03:24

構図より安全優先
01:48

練習課題
01:35
+
動きながらの撮影に挑戦
4 Lectures 09:34
移動撮影の魅力
03:03

手ブレ補正の限界(上下動)
02:21

出来る限りゆっくり移動
01:10

練習課題
03:00
+
作品に仕上げる編集
2 Lectures 13:59
映像の取捨選択
10:16

オープニングとエンディング
03:43
1 More Section
About the Instructor
升田 規裕
0.0 Average rating
0 Reviews
3 Students
1 Course
映像制作

企業向けの映像制作、舞台公演映像の編集を中心に、主に映像コンテンツ制作を行なっています。

高校時代の友人の影響もあり、見よう見まねで小説やシナリオを書き始め、その後、独学での映画製作を始めました。
以来、8mmフィルム、VHSビデオ、8mmビデオ、Hi8、デジタルビデオと、機材を変えながら、常に作品を数本製作中です。

高校・大学時代から、映像制作会社・マニュアル制作会社勤務時代を通して、30年以上続けている、自主映画の製作、特撮映像製作の経験を活かし、ワークショップによる特撮自主映画製作の指導等も行なっています。