さあ、はじめよう!ゲームを作りながら学ぶキッズプログラミング

ゲーム大好きなキミもエリートプログラマー !「遊ぶ」から「創る」へ!未来を生き抜く力!アイディアをかたちに!
5.0 (1 rating)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
5 students enrolled
$19
$20
5% off
Take This Course
  • Lectures 34
  • Length 2 hours
  • Skill Level Beginner Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 4/2016 Japanese

Course Description

このコースではスクラッチ(Scratch)という無料のプログラミング環境を使用して学習します。

スクラッチはMITで開発された小学生にも使える教育用のプログラミング環境です。

視覚的にわかりやすいプログラミングができるため、プログラミングの入門編に向いているといわれています。

このコースでは、このスクラッチ環境について他には類を見ないほど詳しく説明していますので、最初からスクラッチの持つ機能をフルに使った快適なプログラミングをすることが可能です。

そのため、プログラミングをはじめて学ぶ小中学生はもとより、プログラミングをお子さんに教えたいとお考えの保護者の方、教職員の方にもおすすめの内容となっております。

スクラッチの機能と基本的な使い方を学んだらすぐに、おばけから逃げろ!ゲーム、ブロックくずしゲーム、ケーキ拾いゲームといった、みんなが夢中になれるようなゲームを作ることができます。

最初はビデオ教材を真似しながらプログラミングし、それをもとに自分で工夫して新しいゲームを創り出すことができます。

ゲームで遊ぶ側から創る側へ。創造する力を身に付け、自分のアイディアをかたちにするための方法や技術を学ぶことができます。

~☆ この講座は特にこんな方におすすめします。 ☆~

・ゲームが大好きなお子さんがゲームを作ることで、将来役立つ技術の基礎を作りたいと考えている保護者の方。

・お子さんにプログラミングを習わせたい、教えたいと思っている保護者や教職員の方。

What are the requirements?

  • インターネットにつながり、ブラウザが使えるパソコンが必要です。
  • 使用するプログラミングツール、Scratch2.0はウェブブラウザ上で動作します。インストール等は特に必要ありません。

What am I going to get from this course?

  • 「ゲームで遊ぶ側から創る側へ」 、みんなが夢中になれるようなゲームを作りながらプログラミングを学ぶことができます。
  • プログラミングを通して、問題を解決する力、論理的に考える力を養うことができます。
  • 自分のアイディアを表現し、新しいものを創造する方法を学ぶことができます。

What is the target audience?

  • ゲームが大好きなお子さんがゲームを作ることで、将来役立つ技術の基礎を作りたいと考えている保護者の方。
  • お子さんにスマートフォンやタブレット、パソコンを禁止するのではなく、役に立つ使い方をおぼえて欲しいとお思いの保護者の方
  • お子さんがプログラミングをやってみたいと言い出したが、近くに教室がない、時間がない等の理由でお悩みの保護者の方
  • お子さんにプログラミングを教えたいと思っている保護者や教職員の方

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: はじめに
00:56

ようこそ!

このレクチャーでは、このコースを学ぶことによってどんな力を身に付けることができるかを解説しています。

01:18

このレクチャーでは、プログラミングがどんなものかを学ぶことができます。

Section 2: スクラッチの概要
04:13

このレクチャーは、ブラウザを立ち上げてスクラッチをはじめる方法について解説しています。

スクラッチのアカウント登録まるわかりシート
Article
07:26

このレクチャーは、スクラッチの基本的な使い方について解説しています。
最初に、編集画面左上にあるメニュー、ステージなどについて説明します。

06:54

このレクチャーは、スクラッチの基本的な使い方について解説しています。

編集画面左下にある背景やスプライトなどについて説明します。

06:39

このレクチャーは、スクラッチの基本的な使い方について解説しています

ここでは編集画面右にあるブロックパレット、コスチューム、音、スクリプトエリアなどについて説明します。

03:07

このレクチャーは、スクラッチの基本的な使い方について解説しています。

ここでは編集画面のいろいろな機能、プロジェクトページなどについて説明します。

スクラッチの使い方まるわかりシート
Article
03:33

このレクチャーでは、ブロックの基本的な使い方について説明しています。

Section 3: 「おばけから逃げろ!」ゲームを作ってみよう
00:51

このレクチャーでは、どんなゲームを作るのかを解説しています。また、「おばけから逃げろ!」ゲームに使うキャラクタ、キャラクタを動かすのに必要なプログラムの機能についても説明しています。

04:37

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「おばけから逃げろ!」ゲームを作っていきます。
最初におばけの動きから作っていきます。

04:23

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「おばけから逃げろ!」ゲームを作っていきます。
ここでは、おばけから逃げる自分のキャラクターを作ります。

05:47

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「おばけから逃げろ!」ゲームを作っていきます。
ここではスコアと背景、BGMをゲームに追加します。

Article

「おばけから逃げろ!」ゲームの構成をまとめた図です。ゲームが正しく動かなかった場合などに参考にしましょう。

00:34

このレクチャーでは、前回のレクチャーで出来上がった「おばけから逃げろ!」ゲームに自分で工夫をし、新しいゲームにしていく方法を学びます。

Section 4: ブロックくずしゲームを作ってみよう
00:36

このレクチャーでは、どんなゲームを作るのかを解説しています。
また、「ブロックくずし」ゲームに使うキャラクタ、キャラクタを動かすのに必要なプログラムの機能についても説明しています。

03:31

ブロックくずしゲームに必要となる「座標」について学びます。

11:32

ブロックくずしゲームに必要な「メッセージ」という機能について学びます。

02:37

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「ブロックくずし」ゲームを作っていきます。
最初に背景とボールから作ります。

03:28

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「ブロックくずし」ゲームを作っていきます。
ここではパドルを作ります。

03:30

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「ブロックくずし」ゲームを作っていきます。
ここではパドルで打つとボールがはね返るようにします。

03:26

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「ブロックくずし」ゲームを作っていきます。
ここではブロックを作ります。

04:35

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながら「ブロックくずし」ゲームを作っていきます。
ゲームクリアとゲームオーバーを作り、完成です。

2 pages

「ブロックくずし」ゲームのスクリプトの構成をまとめた図です。ゲームが正しく動かなかった場合などに参考にしましょう。

00:30

できあがった「ブロックくずし」ゲームを自分だけの新しいゲームにしていきましょう。

Section 5: ケーキ拾いゲームを作ってみよう
01:14

このレクチャーでは、どんなゲームを作るのかを解説しています。
また、「ケーキ拾い」ゲームに使うキャラクタ、キャラクタを動かすのに必要なプログラムの機能についても説明しています。

02:20

ケーキ拾いゲームに必要となる「クローン」という機能について学びます。

04:10

このレクチャーでは、ひとつひとつ基本を説明しながらケーキ拾いゲームを作っていきます。
最初にキーボードの動きに合わせて左右に動くネコのスクリプトを作ります。

02:21

このレクチャーでは、背景とゲームで使う変数の準備をします。

10:16

このレクチャーでは、次から次へと落ちてくるケーキのスクリプトを作ります。
ケーキの落ちてくるスピードはだんだん速くなります。
ネコが拾ったり落としたりの判定もします。

03:06

このレクチャーでは、ゲームオーバーのときに文字が表示されるようにします。

Article

「ケーキ拾い」ゲームの構成をまとめた図です。ゲームが正しく動かなかった場合などに参考にしましょう。

00:33

このレクチャーでは、前回のレクチャーで出来上がった「ケーキ拾い」ゲームに自分で工夫をし、新しいゲームにしていく方法を学びます。

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

中山 久美子, プログラミング教育 システム開発

ご覧いただきまして誠にありがとうございます。

システム開発・ナザレソフトウエア代表

中山久美子と申します。

静岡県出身

1980年代より一貫してシステム開発職に従事、製造業、医療、流通等、多岐にわたるシステム開発を手掛けてきました。

現在は長年のプログラマ経験を活かし、地元の子どもたちにプログラミングを教える活動もおこなっております。

プライベートでは5児の母親でもあり、楽しくてわかりやすいプログラミングを子どもたちに届けたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

Ready to start learning?
Take This Course