React JSコース

React JSの詳細情報

Reactはfacebookにより開発されたUI構築のためのJavaScriptフレームワークです。シングルページアプリケーションやモバイルアプリケーションの開発で使われることが多く、宣言的UIや強力なデータバインディングが特徴です。最近ではReact Nativeと呼ばれるスマートフォンアプリのクロスプラットフォーム開発フレームも登場しています。UdemyではReactの基本的な考え方やゼロからコードを書いて学ぶコースや、すでに現場で活躍しているフロントエンドエンジニアのためのReactによるアプリケーション開発入門コースも用意しております。Reactを学び、エンジニアとしてのスキルアップを目指しましょう。

よくある質問
Reactは、オープンソースのJavaScriptフロントエンドライブラリです。開発者の中には、標準的なライブラリが通常行う以上の機能を備えていることから、Reactをフロントエンドフレームワークと考える人もいます。なお、Reactの最も一般的な用途は、シングルページのWebアプリケーションのダイナミックなユーザーインターフェイスを構築することです。しかし、Reactの構造は、Webサイトの作成以外にも役立ちます。 Reactの機能のひとつであるJSXは、Javascriptの構文拡張で、HTMLのテンプレートを提供し、要素の状態を管理します。一方で、JSXはHTML以外のもののインターフェースとしても利用できます。 React Nativeでは、Reactを使ってモバイルアプリケーションを構築します。ここでは、JSXがHTMLの代わりにモバイルUIのインターフェースとなります。React Hardwareのように、ReactとJSXを使ってハードウェアを操作・管理するライブラリもいくつかあります。