アジャイルコース

1905722人の学習者

アジャイルのすべてのコース

アジャイル開発は、開発を小さな単位に細分化して設計からテストまでの流れを繰り返すことで完成を目指す手法です。従来のウォーターフォール型開発に比べて、素早く臨機応変な対応ができることから、技術が急速に進化する分野に向いた開発手法と言われています。そのため、モダンな開発に参加したい場合は身につけておきたいスキルです。Udemyでは、現役エンジニアからアジャイル開発について学ぶことができるので、ぜひご活用ください。

お知らせ

コースはすべて30日間返金保証付き。だから安心です。

アジャイルの詳細情報

アジャイルは素早い、敏捷などの意味を持ちます。アジャイル開発とは名前の通り従来のウォーターフォール開発に比べて素早い開発が可能な手法です。計画段階において仕様を厳格に決めず、開発途中での計画変更が容易な手法であり、技術のトレンド変化が早い分野においては適した開発手法と言えます。大まかな仕様が決まったら、開発を小さな単位に区切り、計画、設計、実装、テストの流れを繰り返していきます。開発を細分化しているため、不具合が起きた際に対応する範囲が狭いというメリットもあります。アジャイル開発の代表的な手法として、顧客やシステム設計者などがチームとなって開発に取り組むスクラムというものがあります。

よくある質問
アジャイルは、ソフトウェア開発者のグループによって開発されたプロジェクトマネジメントの手法です。開発者たちは、チームの価値観や作業原則を文書化した「アジャイル・マニフェスト」を作成しました。当初のフレームワークはソフトウェアに適用されていましたが、現在ではあらゆる業界のチームがプロジェクトを成功させるためにアジャイルアプローチを使用しています。アジャイルプログラムでは、開発を小さな作業単位に分割します。アジャイルプログラムでは、開発を小さな作業単位に分割し、各段階でテストを行い、製品が意図したとおりに機能することを確認します。新しい情報やエラーが発見されると、チームは必要に応じて計画を適応・調整します。また、アジャイル開発では、プロジェクト全体を通して、チーム内やクライアントとのコミュニケーションを大切にし、全員が同じ考えを持ち、協力して作業を進められるようにします。