iOSを超初級から上級まで完全網羅!知識ゼロからプロのInstagram風画像加工アプリをつくる!
4.3 (4 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
162 students enrolled
Wishlisted Wishlist

Please confirm that you want to add iOSを超初級から上級まで完全網羅!知識ゼロからプロのInstagram風画像加工アプリをつくる! to your Wishlist.

Add to Wishlist

iOSを超初級から上級まで完全網羅!知識ゼロからプロのInstagram風画像加工アプリをつくる!

知識ゼロからプロのアプリが作れるように設計されたコースです。基礎から学び、画像を加工してSNSへ投稿できるようなアプリを1つ開発していきます。本で挫折した方などもつまづくポイントを知っているため大丈夫です!
4.3 (4 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a course's star rating by considering a number of different factors such as the number of ratings, the age of ratings, and the likelihood of fraudulent ratings.
162 students enrolled
Last updated 2/2016
Japanese
Price: $50
30-Day Money-Back Guarantee
Includes:
  • 5 hours on-demand video
  • 1 Supplemental Resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Have a coupon?
What Will I Learn?
知識ゼロからプロのInstagram風画像加工iPhoneアプリを作る
ゼロからイチを生み出せるようになる
専門性が身につく
View Curriculum
Requirements
  • 全て講義内でOKです。
Description

みなさんはじめまして。Fujii Yutaです。

このコースは、

基礎を学びながらステップアップして、

初心者の方がゼロからプロ並みのInstagram風iPhoneアプリを開発するカリキュラムとなっています。

プログラミング経験がなくとも、iOSに関しての知識がなくとも大丈夫です。

書籍や独学やスクールで挫折した方、業務の幅を広げていきたい初心者の方が対象となっています。

このコースを終えるころには、頭のなかにあったアイディアという武器を現実に実感できることでしょう!

著者は初心者がどこでなにがわからないかをよく知っています。一緒にゼロから1を作っていきましょう!

************************************

コースの概要としては、

・71本のレクチャー!と中身の濃いステップアップ式コンテンツ(5時間)

・はじめにこのコースのゴールである、実際にみなさんが開発するInstagram風アプリの紹介をします。

・前半にiPhoneアプリの開発ツールであるXcodeについて基礎から学び、

同時にアプリを作る際の効率的な考え方を学んでいきます。

これをブロック式とここでは呼びます。

・中盤では効率的な考え方を元に、プログラミングの部分を学びます。

・最後に目的のiOSアプリをみなさんでいっしょになって開発していきます。

iPhoneアプリ開発習得に必要な期間は2週間ほどと思います。

1度iOS開発ができるようになると楽しいですよ!

でははじめましょう!


推奨条件

  • プログラム経験ゼロ
  • OSX(Yosemite以降)のiMacまたはMacBookが必要です。
  • Xcode 7 など必要なアプリケーションは無料でダウンロードできます。


Who is the target audience?
  • プログラム経験ゼロの方
  • 本で挫折した経験のある方
  • 独学で挫折した経験のある方
  • エンジニアではないが業務の幅を広げたい方
  • 夢のある方!
Students Who Viewed This Course Also Viewed
Curriculum For This Course
Expand All 71 Lectures Collapse All 71 Lectures 05:06:05
+
どのようにしてゴールにたどり着くのか
7 Lectures 38:44

ここで全ての必要素材(画像など)をダウンロードできます。udemy資料.zipをダウンロード後、ダブルクリックしてください。講義で必要なときに必要なだけ使用していきます。

プログラムなしで画面を移動してみる 必要素材を全てダウンロードしよう!
07:05

プログラムなしで画面を移動してみる アニメーション編
04:27

プログラムの流れ方について理解する
06:55

プログラムの流れについて理解をする
03:38

ラベルを配置してプログラムで消してみる1
08:41

ラベルを配置してプログラムで消してみる2
04:43
+
カウントアップアプリを作成しよう
24 Lectures 01:35:49
開発の手順
01:33

箱と宣言の考え方を理解しよう1
03:53

箱と宣言の考え方を理解しよう2
06:27

カウントアップアプリの画面をデザインしていこう
05:09

ボタンを押したときにカウントUPDOWNさせてみよう1
04:35

ボタンを押したときにカウントUPDOWNさせてみよう2
05:02

数字を文字列へ変えるという武器をつかう1
04:26


数字を文字列へ変えるという武器をつかう3
01:25

コードで画面遷移をしてみよう1
07:37

コードで画面遷移をしてみよう2
04:31

元の画面にコード1行で戻ってみる(ブロック記述法について)
06:14

元の画面にコード1行で戻ってみる
03:37

次の画面へ数字を渡してみよう
04:40

画面の間で値を渡すということ1
04:56

画面の間で値を渡すということ2
03:10

画面の間で値を渡すということ3
00:48

ImageViewの画像を次の画面に渡す1
05:00

ImageViewの画像を次の画面に渡す2
04:20

ImageViewの画像を次の画面に渡す3
02:38

キーボードを閉じるコードと出すコードを1行で
03:26

TextViewに文字を入力してみる1
02:04

TextViewに文字を入力してみる2
02:09

TextViewに文字を入力してみる3
02:01
+
Instagram風アプリを作成していく
1 Lecture 03:05

画像をシミュレーターに新しく取り込みたい場合は、

1.アプリを起動してシミュレーターを開く

2.shift+command + h でアプリを閉じる

3.写真アプリを選択

4.その上に取り込みたい写真をドラッグ&ドロップ

します。

Preview 03:05
+
最初の画面を作っていく
5 Lectures 20:46
最初の画面を直感的にデザインしていく
05:37

アルバムを使う準備をする
05:51

アルバムで選択した画像を箱に入れる
03:18

次の画面へ画像を渡す準備をする1
04:19

次の画面へ画像を渡す準備をする2
01:41
+
画像編集画面を作っていく
9 Lectures 38:56
画像編集画面を直感的にデザインしていく
02:24

最初の画面から画像を受け取って表示する
04:10

フィルター用ボタンをスクロールするように配置していく1
07:06

フィルター用ボタンをスクロールするように配置していく2
03:45

フィルター用ボタンに画像を配置していく
02:53

フィルター用ボタンをプログラムとつなぐ
03:59

フィルターをかけるという武器を使う1
07:10

フィルターをかけるという武器を使う2
04:38

フィルターがかかるか確認してみよう
02:51
+
SNS画面を作っていく
25 Lectures 01:48:45
画面をデザインしていく1
05:41

画面をデザインしていく2
06:14

画面間の値の受け渡しを行う
04:06

画面遷移のアニメーションを変更する
03:35


勝手に呼ばれるデリゲートメソッドに関して
05:12

グレーのビューをつくっていく
02:23

グレーのビューが出るか確認する
02:13

画面をタップしてキーボードを閉じる
03:43

TextViewに打ち込まれた文字を箱に入れる
03:18

フレームワークを入れてみる
05:42

Twitterへの投稿について1
04:04

Twitterへの投稿について2
06:00

Facebookへの投稿について1
03:31

Facebookへの投稿について2
03:26

Facebookへの投稿について3
04:59

SNS両方への投稿について
05:43

Facebook,Twitterボタンへのコードでの画像反映
05:37

フラグとは信号のこと
08:06

シェアボタンをタップしたときの対応(両方のSNSへ)
03:35

若干の修正事項
01:51

実際にSNSへ投稿してみる
02:23

cocoa podの使い方
08:19

投稿中にかっこよくぐるぐるを回す
04:04

完成をみてみる!
03:27
About the Instructor
BoxCom Yuta Fujii
4.0 Average rating
367 Reviews
3,092 Students
6 Courses
iOSエンジニア

現役iOSエンジニア スマートフォンアプリ開発技術検定「スマートフォンアプリ開発技術検定試験(略称:スマ検™)」の作成者でもあります。また、大学生の頃、大手プログラミングスクールでマンツーマンで80歳の老人にiPhoneアプリの作り方を教えて、アプリの申請までできるようになりました。ゼロから学んだので、書籍で挫折した経験を持ちます。

写真、動画関連アプリの開発なども行っております!