いざという時に困らない知らないと損する法律講座  【債権を回収するには】

裁判になってから慌てるのでは遅すぎる!ビジネスに必須の知識をわかりやすく解説
0.0 (0 ratings)
Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
2 students enrolled
$19
$20
5% off
Take This Course
  • Lectures 7
  • Length 1 hour
  • Skill Level Beginner Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 1/2016 Japanese

Course Description

資金は企業にとって血液のようなもので、資金の循環が滞れば、企業の調子は悪くなり、ひいては倒産につながってしまいます。資金の循環を確保するためには、債権をきっちり回収していくというのは重要な仕事です。

大企業であれば、法律知識にたけた専門の部門が対処してくれるでしょうが、中小・零細企業はそうはいかないことが多いと思われます。時には、経営者自らが駆け回らねければならないかもしれません。

債権回収というと、裁判所で判決をとって債務者の財産を差し押さえる、というイメージがありますが、実は、債権回収には、事前の対策が重要となります。つまり事前の対策次第で、余計なリスクを低減したり回避することができるのです。

事前の対策とは、たとえば契約書を作っておく、などえす。契約書の作成は基本的かつ有効な方法です。

この講座では、金銭消費貸借契約書や売買契約書など、契約書に関する基本的な知識や債権回収の際に必要となる事項や相殺といった事柄について学ぶことができます。

あなたが企業経営者であったり、然るべき部門の責任者であるならば、ぜひ、押さえておいて頂きたい知識です。この機会に、ぜひ、受講してみてください。

What are the requirements?

  • 入門編なので、専門知識のない方も受講いただけます。

What am I going to get from this course?

  • 債権回収について、学び、実務に役立てることが可能です。

What is the target audience?

  • 経営者や法務担当者、債権回収の業務に携わる方におすすめします。

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: 債権を回収するには
イントロダクション
Preview
07:09
期限の利益とは? 保証、債権者として対応
13:08
継続取引をする時に留意すべき点
06:05
債権も時効で消滅する?
15:25
債権回収のために債権譲渡を活用するには?
10:07
債権回収をするために相殺を活用するには?
Preview
04:38
弁済合意をしたときに作成する書面、その他
07:38

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

値段を気にせず、日々利用できるもの、水道、道路、鉄道のように日常の生活でつかえるような社会基盤(インフラストラクチャ)をIT技術を利用して実現すること、コンピュータの真ん中に入っているマザーボード(基盤)の両方の意味をみつ言葉として「キバン(KiBAN)」という社名にいたしました。

「最高の学びを全ての人に!」をゴールに、資格試験対策講座を中心に、ビジネス講座、カルチャー講座など、満足度No.1を目指し、幅広い分野の教育を提供致します。

Ready to start learning?
Take This Course