ECサイトをたった1人で運営/構築するならデジタルコンテンツの販売をしなさい[超入門編]

ECサイトを構築し運営したいなら、デジタルコンテンツの販売をお勧めします。物品販売をするのであれば、在庫保管費用が小さく、納品システムが比較的簡単な商品を選びましょう。たった1人でで場所的・時間的制約の受けない事業を作りたい全ての方へ。
3.8 (17 ratings) Instead of using a simple lifetime average, Udemy calculates a
course's star rating by considering a number of different factors
such as the number of ratings, the age of ratings, and the
likelihood of fraudulent ratings.
238 students enrolled
Free
Start Learning Now
  • Lectures 7
  • Length 1 hour
  • Skill Level Beginner Level
  • Languages Japanese
  • Includes Lifetime access
    30 day money back guarantee!
    Available on iOS and Android
    Certificate of Completion
Wishlisted Wishlist

How taking a course works

Discover

Find online courses made by experts from around the world.

Learn

Take your courses with you and learn anywhere, anytime.

Master

Learn and practice real-world skills and achieve your goals.

About This Course

Published 2/2016 Japanese

Course Description

物品販売で苦しんでいるネットショップの店主へ

ネットショップの運営って大変ですよね。だって開店費用や準備だけでもこのくらいの支出がかかってしまいます。

  1. 商品の仕入れ費用
  2. オリジナルの場合なら作成費・加工費・素材費
  3. ホームページの作成費
  4. 自分でホームページを作るなら作成ソフトの費用
  5. ホームページ作成やネットショップ運営のための書籍代
  6. ショッピングカートのレンタル費用
  7. ショッピングモールの出店費用
  8. サーバー費用
  9. ドメイン代
  10. 発送に使用する梱包材
  11. 梱包材がない場合はスキャナー、プリンターなどの費用
  12. インクやトナーや用紙などの消耗品
  13. ヤフーなどのディレクトリ登録料金
  14. 宣伝広告費(PPC広告費、アフィリエイト費用、SEO対策費用)
  15. 光熱費
  16. インターネット代(プロバイダ料金含む)
  17. 携帯電話(スマートフォン)の料金
  18. 撮影用カメラ
  19. 素材集やフォントの料金
  20. 在庫管理費用
  21. 流通コスト
  22. 検品・返品費用

・・・などなど。

世の中の全てはインターネットに向かっている!確かに本当にことではありますが、だからと言って実店舗のビジネスをオンラインに乗せたところで、売上は伸びるどころか軌道に乗るまではずっと持ち出しなんてこともありえます。

そう、インターネットでショップ経営するのは、実店舗の経営と同じくらい大変なことなのです。かといって「本業ではないから」「趣味程度でやりたいから」という意識でお客さんと対応をしていると、お客さんは逃げて行ってしまいます。

ネットショップを作ったからと言って、すぐに注文が殺到するわけではないのです。

こういったリスクやデメリットを踏まえた上で、それでもECサイトを運営したいのであれば、それは「どうぞ、ご自由に」なのですが、せめてやるなら投下した分のリターンは得ましょう。

本コースでは、初期コストが小さく、かつ在庫管理費もなく、納品システムもシンプルに設計されている、ダウンロードコンテンツ(デジタルコンテンツ)のECサイト運営をお勧めしています。

仮にあなたがECサイトでデジタルコンテンツを販売するなら、上記に挙げた費用一覧は以下のようにスッキリとシンプルになります。

  1. サーバー費用
  2. ドメイン代
  3. 広告宣伝費
  4. ショッピングカートのレンタル費用

以上です。EC-Cubeというオープンソースを使えばショッピングカートのレンタル費用はゼロになりますし、広告宣伝費も自らSEOを頑張るのであれば、やはりゼロです。

もちろん店主が自ら手を動かし商品を作り、ブログを更新するなどの労働コストはかかりますので、投下すべき費用はゼロではありませんが、それでも物品販売に比べれば微々たるものではないでしょうか。

ECサイトを使ってネットビジネスを始めたい初心者の方にも、このデジタルコンテンツの販売をお勧めしています。すでにECサイトを持っている人は、デジタルコンテンツ販売の魅力をご自身で体感してみてください。

本コースでは、ECサイトの超入門として、デジタルコンテンツの販売及びコストの小さい商品選びの方法について説明しています。

What are the requirements?

  • 現時点でECサイトを持っている必要はありません

What am I going to get from this course?

  • フリーランス(個人事業主)のためのECサイト運営方法
  • ECビジネスとドロップシッピングの違いについて
  • ドロップシッピングとアフィリエイトの違いについて
  • 「旅をしながらでも」物品ビジネスを運営する方法

What is the target audience?

  • 自社にあったネットショップの運営方法を知りたい方
  • ネットショップと実店舗運営の労力差を知りたい方
  • デジタルコンテンツをネットショップで販売したい方

What you get with this course?

Not for you? No problem.
30 day money back guarantee.

Forever yours.
Lifetime access.

Learn on the go.
Desktop, iOS and Android.

Get rewarded.
Certificate of completion.

Curriculum

Section 1: ECビジネスの超入門
ECビジネスの入門 - 鉄則は大きくしないこと!
17:05
ECサイトでは「インタンジブルな」商品を売りなさい
10:16
僕は英語圏でECサイト-Shopify-を運用し詐欺に遭いました
19:57
ECサイト起業家の言う年商1億円の真実 - 火の車なんです
09:27
ショッピングモール VS オープンソース - 楽天 VS EC-Cube
04:42
成功するフリーランスはECだけに頼らない - 7ポケット企画
04:54
Section 2: ボーナスレクチャー
ボーナスレクチャー
Article

Students Who Viewed This Course Also Viewed

  • Loading
  • Loading
  • Loading

Instructor Biography

Haamalu Limited Liability Company, Online Entrepreneur based in Japan

We established this company called Haamalu LLC in Tokyo (registered in 2013). Luckily, Online Advertisement Department hit the market and eventually we don't need to think about money anymore at all.

Depending on our mood, we change places to live in every 3 months and subjects to study. No Alarm, No Boss, No worry. This simple life is really awesome. Let us share these idea with you.

2013年4月に西麻布/六本木で会社(登記名:Haamalu合同会社)を立ち上げました。運良く、同年11月にメディア事業/広告事業が軌道に乗り始め、ありがたいことにお金の心配を一切しなくてよくなりました。それ以降は奥さんと一緒に毎月住む場所(国、地域)を変えながら旅を続けています。過去15ヶ月の間に住んだ場所:ネブラスカ、ニューヨーク、シカゴ、サウスカロライナ、モントリオール、バンクーバー、トロント、パタヤ、バリ島、ギリ島、宜野湾、阿波池田、大歩危、彦根(いずれも30日ずつ)。

(追記)カナダのモントリオールにいるときに奥さんの妊娠が発覚したので、今はおとなしく石垣島で隠居生活をしています。ほぼ毎日、米原ビーチでシュノーケルをしているので見かけたら声をかけてください。

Ready to start learning?
Start Learning Now