【Watson性格診断】マッチングアプリに最適な人間の性格、趣味嗜好をチャートにしよう!【Swift5.x対応】
4.6 (18 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
215 students enrolled

【Watson性格診断】マッチングアプリに最適な人間の性格、趣味嗜好をチャートにしよう!【Swift5.x対応】

人工知能(コグニティブ・コンピューティング)Watsonを用いて、テキストから人物の性格(ビックファイブ)、購買傾向、映画・音楽のジャンル別趣味嗜好、買い物にはクレジットカードを使用するか、衝動買い傾向はあるかなどをチャートにします!
4.6 (18 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
215 students enrolled
Last updated 2/2020
Japanese
Current price: $139.99 Original price: $199.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 4 hours on-demand video
  • 1 article
  • 1 downloadable resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 就職、転職に必須なAPI通信とJSON解析の方法
  • Watsonによる人間の性格分析
  • チャートを使った開発方法
  • プロトコルを用いた情報の受け渡し方法
  • 人物の購買傾向などを分析、反映する方法
  • 人物の性格を分析、チャートへ反映する方法
Course content
Expand all 54 lectures 04:07:06
+ AIで人物の性格や購買傾向、特徴を分析しよう!
53 lectures 04:00:56
画像、サンプルコードなどはこちらから
00:03
無料でWatsonを使えるようにしよう!
06:24
UIを作成していこう!
05:41
チャートを取り込もう!
05:21
アニメーション用のボタンを配置していこう!
02:52
ビックファイブ用の配列を作成しよう!
04:17
WatsonのJSON形式を確認しよう!
07:24
結果を入れる配列を準備していこう!
03:01
円形サークルボタンを設定しよう!
05:24

こちらですが、動画が止まる現象を確認しています。当該コードはこちらになります。

if percentileArray.count != 0 && UIPasteboard.general.string!.isEmpty == false && resetFlag != false{


for set in chartView.data!.dataSets{


set.drawValuesEnabled = !set.drawValuesEnabled


}


chartView.setNeedsDisplay()


}


searchButton.isEnabled = false

shindanButton.isEnabled = false

profileButton.isEnabled = true

button.isEnabled = false

resetButton.isEnabled = true

//アニメーションスタート

startAnimation()

//配列の中身を消去

removeArray()

分析メソッドを作成していこう!
04:36

こちら、動画が止まる現象を確認しております。該当コードはこちらです。

personalityInsights.profile(profileContent: content, contentLanguage:"ja", acceptLanguage: "ja", rawScores: true, consumptionPreferences: true, headers: nil) { (response, error) in


if let error = error{

print(error)

}


guard let profile = response?.result else{



print("何か起こってます")

return

}



for i in 0..<5{


self.percentileArray.append(profile.personality[i].percentile)


}

APIKEYを飛ばして認証させよう!
06:04
割合を取得していこう!
03:23
ビック5の子要素を格納していこう!
05:56
購買傾向を格納していこう!
07:27
スコア0を配列から排除しながら取得する図解
04:47
実際に実装していこう!
04:47
分析メソッドを実行しよう!
05:30
チャートを書いていこう!
02:55
配列の中身を消去するメソッドを書いていこう!
06:02
順を追ってプログラムを見ていこう!
02:19
分析アニメーションを作成していこう!
04:45
チャートに値を反映していこう!1
06:40
チャートに値を反映していこう!2
05:04
チャートをアップデートしよう!1
02:51
チャートをアップデートしよう!2
01:17
ライフサイクルに従って記述していこう!
05:19
ボタンに移動アニメーションをつけよう!
03:11
サークルボタンを実装していこう!
05:42
詳細画面へ値を渡しながら画面遷移させよう!
03:54
詳細画面を作成していこう!
03:55
ボタンのindexによって渡す値を変更しよう!
07:43
チャートに値を設定していこう!
04:40
チャートをアップデートしよう!1
03:53
チャートをアップデートしよう!2
03:01
WebViewを作成を行おう!1
02:43
WebViewを作成を行おう!2
07:44
TextViewへ渡すためのプロトコルを作成しよう!
04:29
画面遷移コードを記載しよう!
04:08
TextViewへ反映する条件を記述していこう!
04:57
リセット用メソッドを作成していこう!
04:17
購買傾向などを表示するコントローラーを作成しよう!1
03:54
購買傾向などを表示するコントローラーを作成しよう!2
03:26
購買傾向などを表示するコントローラーを作成しよう!3
04:18
購買傾向などを表示するコントローラーを作成しよう!4
00:47
追記事項
04:58
チャートビューについて
03:35
do try catch deferについて
03:37
効率的なコードの書き方について1
05:28
効率的なコードの書き方について2
06:05
+ 【ボーナスセクション】オリジナルアプリケーション開発講座について
1 lecture 06:10
【ボーナスセクション】オリジナルアプリケーション開発講座について
06:10
Requirements
  • Macが必要になります。
Description

1人で学習してブログにたどり着いて、不完全で終わった経験はありませんか?書籍やスクールより断然わかりやすいと多数レビューを頂いております。何から手をつけていいかわからない方、ようこそ!


このコースでは、

人工知能(コグニティブ・コンピューティング)Watsonを用いた、テキストから人物の性格(ビックファイブ)、購買傾向、映画ジャンルの趣味嗜好、音楽の好み、クレジットカードで買い物をするか、衝動買いに走る傾向があるか、スポーツ・ジムの会員である可能性があるか、ノンフィクション作品を読む傾向があるかなど、マッチングアプリや広告になどに使える最適なデータをチャートに出す開発方法を学び就職、転職に必須事項であるAPI通信とJSONから値を取得する方法を学びながら作成していきます!


プログラミング初心者の方を対象としています。

************************************************************************************************

このコースで学べること

・就職、転職に必須なAPI通信とJSON解析の方法

・Watsonによる人間の性格分析

・チャートを使った開発方法

・プロトコルを用いた情報の受け渡し方法

・人物の購買傾向などを分析、反映する方法

・人物の性格を分析、チャートへ反映する方法

************************************************************************************************

このコースのゴール

このコースでは講座終了後に、ご自身のアプリに機能として人物の性格、購買傾向などをチャートにするプログラムを実装でき、また改良し、ご自身のアプリへ活かすこともできます。ポートフォリオの作成にも便利です。プログラミング初心者の方が、スキルアップとレベルアップをし、自分で考え、改良し、こだわりを持ってご自身のアプリを実装できるようになることがゴールです。

Who this course is for:
  • プログラミング初心者の方
  • 就職、転職をお考えの方
  • 就職、転職のポートフォリオとして改良し作成に活かしたい方
  • 何か1つアプリを作成されたい方
  • このアプリをきっかけにさまざまな開発を行いたい方