Excel VBA エキスパート認定への道 ~マクロ初心者から資格試験レベルへ &7つの自動化 マクロ を作る15時間
4.3 (613 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
3,457 students enrolled

Excel VBA エキスパート認定への道 ~マクロ初心者から資格試験レベルへ &7つの自動化 マクロ を作る15時間

ついに登場!Excelを自動化するマクロ・VBAのスキル認定資格試験「VBAエキスパート」に対応した動画コース。述べ6000人以上が学んだ人気のVBA講師。基礎から応用まで網羅的な知識を身につけて、実務に使える7つの自動化マクロを作ろう
4.3 (613 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
3,457 students enrolled
Current price: $55.99 Original price: $79.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 16 hours on-demand video
  • 2 articles
  • 5 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • Excel仕事を自動化する「マクロ」を作る方法を基礎から学ぶ
  • 資格レベルのVBAスキルを基礎からしっかり学ぶ
  • VBAエキスパート試験に準拠した、体系的な知識を身につける
  • 独学でVBAエキスパート試験の勉強をして合格を目指す
Requirements
  • Windows版のExcelを持っている(Mac版は非推奨・保証外)
Description

のべ9000人以上が学んだ人気のマクロ・VBA講師「エクセル兄さん」から、待望の大型コースがついに登場!

エクセル仕事を自動化する「マクロ」、それを作るための「VBA」スキル。
初心者からでも【資格レベル】のVBAの知識を学び、
実務で使える【7つの自動化マクロ】を作りませんか?

===

「VBAエキスパ!講座」
VBAエキスパート試験対策コース【ベーシック編】ついに登場!

基礎から体系的な知識をしっかりと学び、迷いなくマクロを作れるようになりましょう。

【VBAエキスパート試験とは?】

VBAを使ってマクロを作る・読むことができるスキルを認定する試験です。

本コースは、試験科目のうち「Excel VBAベーシック」(基本)に準拠しています。

【レベル感は?】

(公式サイトより説明引用)
Excel VBAの基本文法を理解し、基礎的なマクロの読解・記述能力を診断します。ベーシックレベルで診断するスキルには、変数、セル・シート・ブックの操作、条件分岐、繰返し処理などが含まれます。


【このコースのゴール】

次のようなExcel仕事を自動化する7つのマクロを作ります。

  • ケース#1 クリアボタン
    ボタンを押すと,確認メッセージの後、セル範囲をクリアするマクロ

  • ケース#2 簡易入力フォーム
    ボタンを押すとフォームから一覧に転記されるマクロ

  • ケース#3 表のフォーマットを自動化
    ボタンを押すと表に塗りつぶしと罫線が自動適用されるマクロ

  • ケース#4 選んで一括削除ボタン
    削除マークした行を一括で削除するマクロ

  • ケース#5 データを統合するマクロ(1)
    データをコピーし、もう一方のデータの末尾に貼り付けるマクロ

  • ケース#6 データを統合するマクロ(2)【シート統合編】
    シート別の一覧データをすべて1つのシートに統合する

  • ケース#7 データを統合するマクロ(3)【ブック統合編】
    ブック別の一覧データをすべて1つのブックに統合する

※詳しくは、購入前にも無料プレビューで閲覧できます。


このコースの内容】

  • 第1章 マクロとVBAの概念 ~正しく理解し、基本を押さえる

  • 第2章 マクロ記録 ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?

  • 第3章 モジュールとプロシージャ ~VBAのコードを記述する場所について正しく理解する

  • 第4章 VBAの構文 ~正しい構文を基礎から理解する

  • 第5章 変数と定数 ~柔軟なマクロを作るための第一歩

  • 第6章 セルの操作 ~VBAはセルを操作する処理がほとんど。だからこそ重要!

  • 第7章 ステートメント ~VBAおよびプログラミング全般において重要な要素

  • 第8章 関数 ~「VBA関数」を利用して様々な処理を簡単に行う

  • 第9章 シートとブックの操作 ~Excel文書を扱うための重要な要素

  • 第10章 マクロの実行 ~作ったマクロをどう実行するか

  • 最終章 実践課題 ~これがゴール!実務で使える実用マクロを作ろう【※現在未公開】


Who this course is for:
  • Excel仕事を自動化する「マクロ」を作る方法を基礎から学びたい方
  • 資格レベルのVBAスキルを基礎からしっかり学びたい方
  • VBAエキスパート試験に準拠した、体系的な知識を身につけたい方
  • 独学でVBAエキスパート試験の勉強をしているがテキスト学習では勉強が進まない方
Course content
Expand all 205 lectures 15:52:20
+ 第1章 マクロとVBAの概念 ~正しく理解し、基本を押さえる
11 lectures 50:53
[演習]マクロを記録してみよう ~マクロを記録し、VBAを確かめてみる
07:28
【必須】「開発」タブを表示する ~マクロの作成に必要なボタンが揃っている
03:17
【必須】「VBE」を開いてみよう ~VBAを作成・編集するための専用ツール
01:48
[講義&演習] 1-2 ブックとマクロの関係 ~マクロとExcelブックは切っても切れない関係
08:30
信頼済みドキュメント
01:08
[補足]VBEを表示中にマクロ有効ブックを開いた場合
01:49
[演習]ダウンロードファイルを開こう
04:54
[章末演習]マクロを作成してみよう セル範囲をクリアするマクロの作成
07:20
[章末演習つづき]乱数の一覧をコピーする
04:21
+ 第2章 マクロ記録 ~VBA初心者だけじゃない!上級者も使う「マクロ記録」の上手な使い方とは?
5 lectures 20:27
2-2 [マクロの記録]ダイアログボックスの設定項目 ~マクロの名前以外にも様々な設定ができる
03:24
※2-3 個人用マクロブック
02:25
※[演習]個人用マクロブックに記録してみよう
03:35
※[注意]個人用マクロブックを削除するには
06:22
+ 第3章 モジュールとプロシージャ ~VBAのコードを記述する場所について正しく理解する
8 lectures 28:33
【演習】プロシージャを記述しよう【ファイル名「Example302.xlsm」】
05:13
別のプロシージャを呼び出す(Callステートメント)
02:46
【演習】別のプロシージャを呼び出す(ファイル「Example302.xlsm」)
02:31
コメントで注釈をつける方法と、複数行のコメントを操作するボタンの紹介
04:53
【演習】コメントと改行(ファイル「Example302.xlsm」)
04:18
+ 第4章 VBAの構文 ~正しい構文を基礎から理解する
21 lectures 01:25:09
オブジェクト式の書き方(2)メソッド
02:08
【演習】オブジェクト式メソッド編(ファイル「Example401.xlsm」)
04:16
補足 メソッドのオプションが複数ある場合
04:01
オブジェクトの階層構造
02:58
【演習】オブジェクトの階層構造(ファイル「Example401.xlsm」
03:48
補足 階層構造の特例(省略してもいい場合)
01:48
【演習】ブックやシートを省略する(ファイル「Example401.xlsm」
06:23
コレクション(ブックやシートは、コレクションの一員だった!)
06:39
セルの指定方法(RangeとCells)
04:50
【演習】ブック、シート、セルを指定(ファイル「Example401.xlsm」)
06:16
4-2 ステートメントとは?マクロ全体の働きを制御するための言葉
02:40
4-3 関数(VBA関数)とは? 特定の処理を担う組み込みの機能
02:47
関数
02:57
【演習】関数を使ってみよう(ファイル「Example.xlsm」)
03:22
4-4 演算子とは?計算やデータの結合や比較などをするために使う記号
06:12
【演習】演算子を使ってみる(ファイル「」)
08:15
補足 その他の算術演算子(「^」「¥」「Mod」)を使ってみる
01:24
第4章のまとめ
01:42
+ 第5章 変数と定数 ~柔軟なマクロを作るための第一歩
19 lectures 01:21:10
変数に値を代入する
02:57
【演習】変数に値を代入して利用(ファイル「Example503.xlsm」)
05:00
【必須】「変数の宣言を強制する」を設定しよう
02:04
なぜ変数の宣言を省略すると問題があるのか?
03:37
5-4 変数の名前はどう決めればいいか?
06:49
5-5 変数の適用範囲(スコープ)とは?
02:23
【講義&演習】ローカル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
05:14
【講義&演習】モジュールレベル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
06:50
_【講義&演習】グローバル変数を使ってみよう(ファイル「Example505.xlsm)
03:21
変数の適用範囲(スコープ)まとめ
02:23
変数の初期値
02:28
変数の有効期限
02:10
5-6 定数とは(変数と何が違い、どう使うのか)
02:50
【演習】定数を使ってみよう(ファイル「Example506.xlsm」)
10:22
+ 第6章 セルの操作 ~VBAはセルを操作する処理がほとんど。だからこそ重要!
16 lectures 01:21:58
6-4 別のセルを表すプロパティ(Offset,Resize,End,CurrentRegion)
13:01
6-5 セルを表すその他の単語.(ActiveCell、Selection)
02:20
【実習】Selection、ActiveCellでセルを指定する
02:24
6-6【講義&演習】セルのメソッド(①Activate②Selection)
06:12
【講義&演習】③Copyメソッドで、セルをコピーする
06:53
④ClearContentsメソッドで、値をクリアする
03:43
⑤Deleteメソッドで、セルを削除する
05:26
6-7 【講義&演習】複数セルを指定する(Rangeが基本)
08:03
【応用】Resizeプロパティでセル範囲を指定する方法
01:28
【補足】データ数が増えていく場合はどうするか?
04:07
6-8 行や列の指定方法(Rows、Columns)
02:54
Columnsで列を指定する方法
02:09
【演習】例を書いて実行してみよう(Rows,Columns)
04:24
+ 第7章 ステートメント ~VBAおよびプログラミング全般において重要な要素
17 lectures 01:27:20
【ケース】1行おきに処理するには?変数の増減に関する指定
01:47
【ケース】下から1行ずつ空白行を挿入したい。Step数にマイナスの値を指定する
04:56
【ケース】データの件数がわからないとき(最終行の取得)
06:15
【演習】最終行を取得して、そこまで繰り返す
05:59
【ケース】複数のFor..Nextを使用する(二重ループ)
06:11
【演習】二重ループを書いてみよう
03:56
条件式に使用できる演算子(比較演算子)
06:39
Like演算子の使い方とワイルドカード
04:58
【演習】Like演算子とワイルドカードを使ってコードを書く
07:50
【講義&演習】複数の条件を指定する(And,Orなど論理演算子)
06:15
+ 第8章 関数 ~「VBA関数」を利用して様々な処理を簡単に行う
26 lectures 02:34:07
8-1 日付や時刻を操作する関数
01:21
Now関数 現在の日付時刻を返す
05:53
Year,Month,Day関数 日付データから年,月,日を返す
07:06
Hour,Minute,Second関数 時刻データから時,分,秒を返す
05:26
DateSerial関数 引数を日付データ(シリアル値)にして返す
08:03
8-2 文字列を操作する関数
00:53
Len関数 文字列の文字数を返す
08:24
Left,Right,Mid関数 文字列から左端,右端,指定位置から何文字かを抽出して返す
09:26
LCase,UCase関数 英字を小文字,大文字にして返す
03:38
LTrim,RTrim,Trim関数 文字列左端,右端,両端のスペースを取り除く
06:27
Replace関数 文字列を置換する
07:33
InStr関数 ある文字が何文字目かを返す
07:57
StrConv関数 文字種を変換する
10:44
Format関数 表示形式を変換する
06:41
【実習】Format関数を使ってみよう
09:26
8-3 数値を操作する関数 ~表計算ソフトだからこそ、数値が大事!
00:26
Int関数 整数部を返す(小数部を切り捨てる)
03:25
Round関数 四捨五入した結果を返す
07:42
Abs関数 絶対値を返す
03:27
8-4 データの種類を判定する関数
01:23
IsNumeric関数 データが数値かどうか判定する
06:19
IsDate関数 データが日付かどうか判断する
07:13
8-5 文字列の入出力に関する関数
00:41
MsgBox関数(1) ボタンとアイコンも指定する
08:26
MsgBox関数(2) 戻り値によって条件分岐する
05:42
InputBox関数 文字列入力のダイアログボックスを表示
10:25