【ヨガ検定3級が確実にわかる!!】THE BASIC YOGAコース / ヨガ検定3級 対策講座
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
3 students enrolled

【ヨガ検定3級が確実にわかる!!】THE BASIC YOGAコース / ヨガ検定3級 対策講座

【字幕解説】YOGAを学びたい全ての方々へ 5,000年以上の歴史を誇る「ヨガ」の叡智とスキルで、人生をもっと楽しく・幸せに生きるための考え方を!!
New
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
3 students enrolled
Created by 川越 れい子
Last updated 5/2020
Japanese
Price: $199.99
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 4.5 hours on-demand video
  • 1 downloadable resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • ヨガ検定3級合格に向けた知識、スキルの習得!
  • 身体、呼吸、心の「調和」の取り方が身に付き、どんな状況にもブレない身体・心・精神・考え方に!
  • 健康で楽しく生きるための知恵を得て、人生をもっと幸せに!
  • 悩み、雑念、不安を頭からリセットすることができるようになり、積極的な気分に!
  • 冷静に物事を判断できるようになり、溢れる情報に惑わされず人間関係も良好になる!
Requirements
  • ヨガ検定3級テキストブックを持っていること(補足資料はあります)
  • エクササイズではなく、ヨガを深く学びたい意思があること
Description

「気づき」を目的としていないエクササイズとは違う、5000年以上の歴史があるヨガの叡智を学ぶことで、

*ヨガ検定3級合格に向けた知識、スキルの習得!

*身体、呼吸、心の「調和」の取り方が身に付き、どんな状況にもブレない身体・心・精神・考え方に!

*健康で楽しく生きるための知恵を得て、人生をもっと幸せに!

*悩み、雑念、不安を頭からリセットすることができるようになり、積極的な気分に!

*冷静に物事を判断できるようになり、溢れる情報に惑わされず人間関係も良好になる!

など、あなたの人生が変わっていきます!


現代、「ヨガ」というのは様々な形で理解されています。

・ヨガとはストレッチ?

・有名人がするダイエット法?

・やせるためのエクササイズ? などです。

しかし、本来のヨガとは「身体、呼吸、心」の調和が取れた状態を目指し、

「本来の自己を取り戻す」ことにあります。


ヨガの考え方を参考に生きてみることで、

「心も体も健康なライフスタイルへのシフト」することが、

私たち人間の本当の幸せなのではないでしょうか。


◆目的

このコースでは一般社団法人全日本ヨガ連盟が設定した

「ヨガ検定3級」の内容を学習することで、

「身体・呼吸・心の『調和』が取れた状態を身につけること」を目的としています。


◆学習内容

このコースで学習できることは、大きく分けると次の3つです。

① ヨガ検定3級、合格へ向けた知識・スキル

② ヨガの行法(テクニック)を使った、自分に合った調和のとり方

③ ヨガをライフスタイルに取り入れ、健康で楽しく生きる考え方


「検定対策としての知識」を得るだけでなく、

「ヨガの考え方を日常に取り入れ」

「身体も心も健康で幸せになる考え方」を身につけることができます。


◆受講対象者

ヨガ検定3級合格を目指す方はもちろん、

「ヨガの知識・スキルを深めたい」全てのヨギー、ヨギーニの方々です。

  • 「一般のヨギー、ヨギーニの方」はヨガを深く学ぶきっかけに!

  • 「インストラクターやそれを目指している方」は自分の力量を「客観的に分析する機会」に!

この講座を活用していただけると幸いです。


具体的には・・・

  • 身体、呼吸、心を調和させ、本当の自分に出会いたい方

  • 汗をかいて痩せるためだけの一時的なエクササイズではなく、ヨガのよって健康で幸せなライフスタイルを送りたい方

  • 正しい情報を取捨選択し、冷静に物事を判断できる力を見つけたい方

  • 病気にならないための身体づくりをして免疫力を高め、病気を予防したい方

  • 根本的に病気の症状や心の病の原因を解決したい方


このコースに向かない方(以下に該当する方は適応外です)

  • ヨガ検定3級を自分で勉強できる&したい方

  • 座学が中心であるため、激しいアーサナや運動を期待する方(アーサナの実践もあります)


◆受講における必要条件

  • 「ヨガ検定3級 テキストブック」をご準備いただいた方がより理解が深まります(補足資料もあります)。


◆不安な時代、錯綜する情報、混乱の世の中

様々な情報、価値があふれる現代社会。

不安、激動と混乱の社会。

時代の変化についていくのが精一杯・・・


本来、自然と共に生活してきた人間の営みはその早さ、変化に対応することで精一杯ですよね?

自分の本来の気持ちと身体や呼吸が離れているような、置き去りになっているような感じはありませんか?


こんな時代だからこそ、

「身体・呼吸・心の調和を取ること」が必要です。

それには、ヨガ行法が適しています。

なぜなら、ヨガは5,000年以上前から残る「先人たちの知恵の結晶」であるから。


◆コース内容

このコースは、一般社団法人全日本ヨガ連盟が監修した「ヨガ検定3級テキストブック」に基く信頼性の高いプログラムです。

ヨガの知識を深めるために、ヨガの目的や歴史、アーサナの種類と体の関係、解剖学・生理学を分かりやすく解説しています。

また、本編では「7つの章」に分けてご説明します


【第1章】 ヨガとは何か〜歴史と語源から読み解く〜

【第2章 】健康とウェルネスにおけるヨガの役割

【第3章】 様々なヨガの道

【第4章】 ヨガ・アーサナについて

【第5章】 アーユルヴェーダとヨガの関係性

【第6章】 ヨガの聖地について

【第7章】 太陽礼拝


さぁ、あなたもヨガ検定3級合格を目指してヨガの知識を深め、

「身体・呼吸・心」を整えることで、健康で豊かなライフスタイルを送りませんか???

全日本ヨガ連盟種子島支部長のヨガ・インストラクターが、全力で応援致します!


ヨガをライフスタイルに

ヨガで調和の取れた「身体・呼吸・心」を

ヨガで幸せな人生へ


あなたと講義でお会いできることを、心より楽しみにしております。

川越 れい子


Who this course is for:
  • ヨガ検定3級合格を目指す方
  • ヨガの知識を深めたいヨギー・ヨギーニ
  • 汗をかいて痩せるためだけの一時的なエクササイズではなく、ヨガのよって健康で幸せなライフスタイルを送りたい方
  • 身体、呼吸、心を調和させ、本当の自分に出会いたい方
  • 正しい情報を取捨選択し、冷静に物事を判断できる力を見つけたい方
  • 病気にならないための身体づくりをして免疫力を高め、病気を予防したい方
  • 根本的に病気の症状や心の病の原因を解決したい方
Course content
Expand all 23 lectures 04:40:33
+ イントロダクション 〜コース紹介〜
1 lecture 05:00

様々な情報、価値があふれる社会。不安や混乱が渦巻く世の中。人として毎日を楽しく、健康に、幸せに生きていく希望を見出せない状況。

「何を信じたらいいんだろう・・・」

「心も体もボロボロ・・・」

「自分の身は自分で守らないといけないなー・・・」

そんな時代です。


本来、自然と共に生活してきた人間の営みは時代の変化、早さに対応することで精一杯ですよね。自分の本来の気持ちと身体や呼吸が離れているような、置き去りになっているような、そんな感じはありませんか?


こんな時代だからこそ「身体・呼吸・心の“調和”が取れた状態を身につけること」が必要です。それにはヨガ行法が適しています。なぜなら、ヨガは5,000年以上前から生き残っている「先人たちの知恵の結晶」であるから。


今日では、ヨガというのは様々な形で理解されています。例えば、ヨガとはストレッチ?有名人がするダイエット法?やせるためのエクササイズ?などです。


しかし、本来ヨガとは「身体、呼吸、心」を整え「自己を取り戻す」ことなのです。


ヨガの考え方を参考に生きてみることで、「心も体も健康なライフスタイルへのシフト」することが、私たち人間の本当の幸せなのではないでしょうか。

Preview 05:00
+ 第1章 ヨガとは何か? 〜歴史と語源から読み解く〜
5 lectures 44:46

この章ではヨガについての全体像を把握することが目的です。具体的には4つの節に分けて解説します。


第1節 ヨガの語源

第2節 ヨガの定義

第3節 ヨガの本質

第4節 ヨガの起源、歴史と変遷


現代において、ヨガは様々な形で理解されています。例えば、ヨガとはストレッチ?体操?

有名人がするダイエット法?やせるためのエクササイズ?腰痛や病気を治す治療法?宇宙と交信する方法?典型的な宗教?など、本来のヨガとはギャップが生まれています。


まず、この章では「ヨガとは何か?」全体像を理解し、本来の目的や本質を正しく勉強していきましょう。

Preview 01:34

皆さんは「ヨガ」という言葉を聞いたことがあると思います。ヨガとは「結合する」という意味です。ヨガという言葉は、サンスクリット語の「yuj」という言葉から派生しました。「yuj」を直訳すると「くびきにつなぐ、馬具をつける、一緒にする」と言う意味です。それでは何と何を結びつけるのか。その答えは「自分と自分以外の存在」です。

Preview 02:19

西暦4~5世紀に文法学者パタンジャリ(紀元前2世紀)が編纂した「ヨーガ・スートラ」(瑜伽経)の一節によると、ヨガは次のように定義されています。

「“Yogas chitta vritti nirodha”」(ヨガス チッタ ブリッティ ニローダハ)

「ヨガとは心の働きの止滅させること」

第2節 ヨガの定義
02:18

ヨガの本質的な目的は、「人が心身の悲しみや、苦しみから自由になる」ことです。それはどういうことか?次の3つに要約できます。


① 人生のバランスを取り、コントロールすること

② 混乱と苦痛から自分を解放すること

③ ヨガのポーズ(アーサナ)や呼吸法(プラーナヤーマ)の実践からくる落ち着きの感覚を得ること

第3節 ヨガの本質
09:48

この節ではヨガの起源、歴史と変遷をフローに沿って解説します。まず「ヨガの起源」について、次に「ヨガの歴史年表」を見ながら、特に重要である「5つの広い時代」の事象について、最後に「日本のヨガの歴史、仏教とヨガの関係」についてまとめます。


(0) ヨガの起源

(1) ヴェーダの時代のヨガ

(2) 古典時代以前のヨガ

(3) 古典時代のヨガ

(4) 古典時代後のヨガ

(5) 現代ヨガの始まり

(6) 日本のヨガの歴史、仏教とヨガの関係

第4節 ヨガの起源、歴史と変遷
28:47
+ 第2章 健康とウェルネスにおけるヨガの役割
1 lecture 03:53

ウェルネスとは、「生活科学として、運動を適宜日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろう」という概念です。アメリカの医学者「ハルバート・ダン」が提唱しました。現代人の生活様式は、5,000年以上のヨガの歴史の中でも、とてもユニークなものとなっています。しかし、文化、生活、それをサポートする技術の急速な変化が、現代人の「肉体・精神の問題」を引き起こしています。いわゆる「現代病」です。一般的に、現代病は不眠症や胃潰瘍、胃酸過多、糖尿病、高血圧などの「生活習慣病」です。これらの原因は、不規則な食事やストレスの多い状況下での仕事、運動不足、休息不足です。


第1章で「ヨガとは何か?」を学びましたが、ヨガは「ストレスを軽減し、健康とウェルネスを高めるライフスタイル」へシフトする上で役立ちます。ヨガ行法の実践によって「自分というもの」、「人間という生き物」に対して様々な気づきを得ることができます。つまり、自分自身を「客観的に分析・診断する」スキルです。

健康とウェルネスにおけるヨガの役割
03:53
+ 第3章 様々なヨガの道
6 lectures 01:14:14

この章では、「ヨガの種類」について理解を深めることを目的としています。具体的には5つの節に分けて解説します。


第1節 主要な6つのヨガの道

第2節 ラージャ・ヨガについて

第3節 ハタ・ヨガとシャット・クリヤー浄化法

第4節 ハタ・ヨガとプラーナヤーマ

第5節 代表的なプラーナヤーマ

第0節 概要と目的
02:17

古代インド文化の中でも特に重要な道(種類)が6つあります。


① ジュニャーナ・ヨガ(知識・智慧のヨガ)

② バクティー・ヨガ(信愛・献身愛のヨガ)

③ カルマ・ヨガ(無償の奉仕のヨガ、行動のヨガ)

④ ラージャ・ヨガ(心の統制のヨガ)

⑤ ハタ・ヨガ(対になる力を調和・結合ヨガ)

⑥ マントラ・ヨガ(真言・音のヨガ)


以上の6つの中から大きく分けると、2種類のヨガに分類することができます。

*ラージャ・ヨガ

*ハタ・ヨガ


また、①~④は古典時代のヨガと呼ばれ、バガヴァッド・ギータの文献の中では①~③が3つのヨガの道と言及されています。


第1節 主要な6つのヨガの道
18:46

ラージャ・ヨガが「王様のヨガ」と呼ばれることには理由があります。それは、「あまり動かず、座って瞑想中心のヨガ」を行うからです。ヨガの目的である、「人生の悲しみ、苦しみから自由になる」ために、最終ゴール「真我独尊 / 真実の自分になること(カイヴァリヤ)」を目指します。


ラージャ・ヨガについての知識を深めるために、本節では3つの項目に分けて解説します。


① 八支則(アシュタンガ)の概要

② 伝統的ヨガにおける人間の構造

③ チャクラとは

第2節 ラージャ・ヨガについて
16:51

この節ではハタ・ヨガとシャット・クリヤー浄化法について、2つの項目に分けて解説します。


① ハタ・ヨガとフィットネス

② シャット・クリヤー浄化法の目的と効果

第3節 ハタ・ヨガとシャット・クリヤー浄化法
12:55

この節では、プラーナヤーマについての理解を深めるために、3つの項目に分けて解説します。


① プラーナヤーマについて

② プラーナヤーマの実践方法とクンバカの種類

③ プラーナヤーマ実践時の注意点

第4節 ハタ・ヨガとプラーナヤーマ
08:00

この節では、代表的な5つのプラーナヤーマを解説します。


① ナーディ・ショーダナ(片鼻呼吸)

② ウジャイ呼吸

③ シータリー呼吸

④ バストリカ呼吸

⑤ カパラバティ呼吸

第5節 代表的なプラーナヤーマ
15:25
+ 第4章 ヨガ・アーサナについて
6 lectures 01:48:15

この章では、「ヨガ・アーサナの技法と体の関係」についての理解を深めることを目的としています。具体的には5つの節に分けて、解説します。


第1節 ヨガ・アーサナと運動の違い

第2節 ヨガによる体の変化

第3節 アーサナの体の仕組み

第4節 アーサナを始める前の準備運動

第5節 基本アーサナ

第0節 概要と目的
01:25

アーサナはヨガの運動である、と言われることが多くあります。しかし、実際は、ヨガの運動とサッカーや野球などの一般的なスポーツとの間には違いがあります。そこで、ヨガの技法とその利点、注意点を2つの項目に分けて解説します。


① ヨガ・アーサナと運動の違い

② アーサナを行うための注意点

第1節 ヨガ・アーサナと運動の違い
10:04

基本的に、ヨガは予防的な要素が強い修養法(トレーニング)と言われています。特に、ハタ・ヨガのアーサナの実践を規則的に行うと、治療的な効果や、特定の病気、症状を緩和する手助けにもなります。


また、アーサナを行うと、身体、呼吸、心を連携させて、外側の世界に向かっている自分の意識を内側の世界に向けさせる効果があります。それによって、自分の心の傾向や、物事の善悪を判断しない「想念」を持ち、自分の反応を客観視することで、状況に応じて適切な対応が出来るようになるために効果的です。つまり、「どんな状況においてもブレない精神・心・考え方」を養うことができます。

第2節 ヨガによる体の変化
03:44

アーサナ(ポーズ)を取ることに重点を置くハタ・ヨガでは、身体を整え、変化に気づくために骨格、筋系などの「体の仕組み」をきちんと学ぶ必要があります。なぜなら、それらを理解していないと怪我をする恐れがあるからです。この節では、3つの項目に分けて、「アーサナの体の仕組み」を解説していきます。


① 器官系について

② 10系統の人体器官

③ 関節の動きと柔軟性

第3節 アーサナの体の仕組み
29:04

この節では、「アーサナを始める前の準備運動(スークシュマ・ヴィヤヤーマ)」を3つの項目に分けて解説します。


① スークシュマ・ヴィヤヤーマについて

② スークシュマ・ヴィヤヤーマの効果と構成要素

③ スークシュマ・ヴィヤヤーマの実践


第4節 アーサナをする前の準備運動
27:52

この節では、ハタ・ヨガにおける基本的な15個のアーサナを解説します。第1節でもご説明しましたが、まずは「アーサナを行うための注意点」のおさらいです。


一般的な注意点が5つありました。

① ヨガをする前にトイレを済ませておくこと

② ヨガをする場所は換気のよい所

③ ヨガを行っている間は、雑念を思い浮かべないようにすること

④ 病気の時や手術、骨折、捻挫の後のヨガの実践は控えること

また、再開する時は、必ず医師に相談してからにすること

⑤ 少しの時間でも効果が得られるので、1日10分などでもヨガをすること


以上を理解した上で、15個のアーサナをそれぞれ解説していきます。

Preview 36:06
+ 第5章 アーユルヴェーダとヨガの関係性
1 lecture 11:46

アーユルヴェーダの根本理論は、「トリ・ドーシャ(3つの要素・性質)が崩れると病気になる」と考えられていることです。人は皆、この「トリ・ドーシャ」を持っていて、身体の生理機能を支配しています。アーユルヴェーダの考えでは、次の3つの要素のバランスが整っていることで健康な身体を保つことができます。


① 「五大元素」:5つの元素

② 「トリ・ドーシャ」:3つの性質、エネルギー

③「サプタ・ダートゥ」:体を構成する7つの要素

アーユルヴェーダとヨガの関係性
11:46
+ 第6章 ヨガの聖地について
1 lecture 02:37

ヨガの聖地とは、「個人がヨガを実践するにあたりその場所の持つ物理的または形而上的(感覚や経験によって生み出された世界)を超えた価値が、その効果をよりよいものとしてくれる場所」です。

ヨガの聖地の存在の目的は3つあります。


① 地域・経済の活性化

② 交流・関係人口の拡大

③ ヨガ愛好者・購買意欲の高い女性の観光客・インバウンド誘致

ヨガの聖地について
02:37
+ 第7章 太陽礼拝
2 lectures 30:02

太陽礼拝(スーリヤ・ナマスカーラ)は、ヨガの究極的な目標の1つを達成するための素晴らしいツールです。

それは、「『体、心、精神』のバランスがとれた状態を目指して励むこと」です。

流派によって方法は異なりますが、一般的には12のポーズから構成されています。

第1節 太陽礼拝について
02:40

太陽は広大な光を放ち、地上に生命をもたらす力であり、宇宙に英気を与え、養う、見えざる「至高の力の現れ」です。つまり、太陽の生気(プラーナ)が体に注がれる太陽礼拝の実践により、「太陽のみ」が与えることのできる「生命力」を受け取ることができます。

第2節 太陽礼拝の実践方法
27:22