はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう
4.4 (655 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
4,564 students enrolled

はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう

汎用性が高くPythonやPHPと同様に人気のある Ruby を使ってWebアプリ作成に挑戦しよう。基礎からAWSでの開発環境構築、Herokuを使ってWebアプリをインターネット上で公開するまでを体系的に学べる
Bestseller
4.4 (655 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
4,564 students enrolled
Current price: $9.99 Original price: $139.99 Discount: 93% off
1 day left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 9 hours on-demand video
  • 19 articles
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • Ruby on RailsとRubyを使った実践的な開発スキル
  • Ruby on RailsとRubyの違いを理解
  • Webサービスを公開する方法
  • クラウドサービス、HerokuのPaaS(Platform as a Service)を使って自分のサービスをネット上に公開する方法を学ぶ
  • AWS Cloud9を使った開発環境の構築
  • Web系の企業転職の際に魅力的に映るポートフォリオサイトの作成
Course content
Expand all 165 lectures 08:52:29
+ はじめに
4 lectures 11:56

このコースについて説明します。

  • コースの内容

  • ターゲット受講生

  • 前提とする知識

Preview 02:41
受講オリエンテーション
08:31
補足:受講オリエンテーション
00:31

サポートサイトについて説明します。

  • サポートサイト

  • よくある質問について掲載

  • サポートサイトURL

サンプルコードについて
00:12
+ 開発環境構築
19 lectures 45:58

このセクションについて説明します。

  • 開発環境構築

  • 開発環境構築方法

  • AWSについて

Preview 02:36

サンプルコードの動作環境について説明します。

  • 動作環境

  • Webブラウザ

  • Internet Exploreについて

Preview 01:00

AWSの無料利用枠について

  • 無料利用の条件

  • 無料枠の概要

  • 料金について

AWSの無料利用枠
01:43

AWSを利用する際の注意点について

  • アカウント管理について

  • 利用しないサーバーの停止

  • 無料利用枠の範囲を超える場合

AWSを利用する際の注意点
02:08

AWSアカウントの作成について説明します。

  • 用意するもの

  • 登録方法について

  • サポートプラン

AWSアカウントの作成
01:04

無料利用枠の使用アラートの受信について説明します。

  • 無料利用枠の使用のアラート受信

  • 請求関連のアラート受信

  • 設定方法の実演

無料利用枠の使用のアラートの受信
03:13

IAMの設定について説明します。

  • IAMとは

  • ルートユーザー

  • IAMユーザー

IAMの設定
06:50

広告ブロックプラグインについて説明します。

  • 不具合について

  • 広告ブロックプラグインのOFF

!!!【重要】広告ブロックプラグインはOFFに設定してください!!!
00:14

プラットフォーム選択について補足します。

  • Amazon Linuxの選択

補足:プラットフォーム選択
00:16

Cloud 9のセットアップについて説明します。

  • IAMユーザにログイン

  • regionの設定

  • Cloud 9のセットアップ設定

Cloud9のセットアップ
06:20

Cloud 9の画面の説明をします。

  • 環境の設定方法

  • Rubyのバージョンを表示

  • 再度ログインする場合

Cloud9の画面説明
02:01

学習を再開する方法について説明します。

  • 学習終了時

  • 学習再開時

  • 環境を復元

学習を再開する方法
01:22

AWS Cloud9のテキストエディタの設定について補足します。

  • Cloud9のテキストエディタ

  • サポート記事

  • サポート記事URL

補足:AWS Cloud9のテキストエディタの設定について
00:13

ソフトウェアのアップデートについて説明します。

  • SSHターミナル

  • sudo yum update

  • アップデートがある場合

ソフトウェアのアップデート
01:47

Rubyのバージョン管理について説明します。

  • 複数のRubyバージョンを使用する理由

  • RVM

  • Rubyのバージョン切り替えの実演

新・Rubyのバージョン管理
06:48

Railsのインストールについて説明します。

  • Bundler

  • RybyGems

  • Railsのインストール

Railsのインストール
04:02

環境を作り直す方法についての補足です。

  • 環境の削除

  • 環境を作りすぎた場合の注意

  • ソースコードを保存しておきたい場合

補足:環境を作り直す方法
01:34

ローカル開発環境の構築について説明します。

  • macOSで開発する場合

  • Windows10で開発する場合

  • Windows7,8で開発する場合

補足:ローカル開発環境構築
01:27

セクションのまとめです。

  • セクションの概要

  • 重要部分のおさらい

  • わからない部分について

セクションまとめ
01:19
+ はじめてのRuby入門
63 lectures 03:43:01

このセクションについて説明します。

  • 学ぶこと

  • Rubyとは?

  • 体験型学習

Preview 00:27

Rubyとは何かについて説明します。

  • Rubyとは

  • Rubyの特徴

  • RubyとRuby on rails

Preview 03:26

動作確認環境について説明します。

  • Rubyの処理系

  • MRI

  • Rubyのバージョン

Preview 00:44
(再掲)サンプルコードについて
00:17

Hello Worldと出力するプログラムの作成です。

  • Rubyを実行する方法

  • irb

  • ファイルに保存したプログラムを実行

Preview 03:54

Hello Worldと出力するプログラムの作成です。

  • ファイルに保存したプログラムを実行する方法

  • ディレクトリ作成

  • 拡張子

Preview 04:35

Linuxコマンドについての補足です。

  • コマンドの説明

  • 絶対パス

  • 相対パス

補足:速習Linuxコマンド
02:39

エラーを自力で取り除く方法について説明します。

  • プログラムを間違えた場合

  • エラーメッセージ

  • エラーの解決方法の探し方

Preview 02:51

Hello Rubyと出力するプログラムの作成です。

  • 課題

  • 手順

  • 回答

演習: Hello, Ruby! ①
01:37

Hello Rubyと出力するプログラムの作成です。

  • ファイルを使用してプログラムを出力

  • 手順

  • 回答

演習: Hello, Ruby! ②
01:55

コメントについて説明します。

  • コメントのメリット

  • コメントにする方法

  • 複数行をコメントにする場合

コメント
03:38

ローカル変数について説明します。

  • 変数とは?

  • 変数の作り方

  • nil

変数(ローカル変数)
02:57

変数名の命名規則について説明します。

  • 名前のはじめかた

  • 使っていい文字

  • 実例

変数名の命名規則
02:59

よくない変数の使い方について説明します。

  • なぜダメなのか

  • 同じ変数に違う型のデータを代入

  • 二つの値を同時に代入

良くない変数の使い方
02:19

定数について説明します。

  • 定数を扱うとき

  • 定数の作り方

定数
02:24

リテラルについて説明します。

  • リテラルとは

  • プログラムの中に直接記述

  • リテラルの例

リテラル
00:42

オブジェクト指向プログラミング言語について説明します。

  • オブジェクト指向プログラミングとは

  • オブジェクトとは

  • オブジェクト思考とは

オブジェクト指向プログラミング言語の概要
02:05

数値(Numeric)について説明します。

  • 数値型の種類

  • 動的型付け

  • 数値型の変更

数値(Numeric)
06:37

文字列について説明します。

  • シングルクオートとダブルクオート

  • 特殊記号がある場合のバックスラッシュ

  • 式展開

文字列①
04:25

文字列について説明します。

  • 文字列の連結

  • スペースの入れ方

  • 破壊的メソッド

文字列②
03:53

空白文字について説明します。

  • 空白文字が連続する場合の影響

  • 出力への影響

  • コードの見やすくするスペース

空白文字
01:16

比較演算子による値の比較について説明します。

  • 演算子による値の比較

  • 主な比較演算子

  • ポイント

比較演算子による値の比較
01:55

演算子の優先順位について説明します。

  • 例題

  • 優先順位

  • 優先順位の変更方法

演算子の優先順位
02:13

数値と文字列は暗黙的に変換されないことについて説明します。

  • 数値と文字列の加算

  • メソッドの使用

  • 文字列に数字を連結する場合

数値と文字列は暗黙的に変換されない
02:27

インクリメントとデクリメントについて説明します。

  • インクリメントとは

  • デクリメントとは

  • ++、--をRubyで使いたい場合の書き方

インクリメントとデクリメント
01:45

真為値と論理演算子について説明します。

  • 真為値とは

  • 真為値のルール

  • 論理積と論理和

真偽値と論理演算子①
01:32

and, or, notについて説明します。

  • and, or, notの働き

  • 注意点

  • 実際に使用した場合

and, or, not
06:36

条件分岐ifについて説明します。

  • 条件によって処理を分けたい場合

  • if構文

  • else, elseifは省略可能

条件分岐 if
01:08

ifを使ったプログラムの練習です。

  • 例題

  • ファイルの作成

  • ifを使ったプログラムの作成

例題 if ① : 通知表の成績を出力
05:32

ifを使ったプログラムの練習です。

  • 例題

  • ファイルの作成

  • ifを使ったプログラムの作成

例題 if ②:動物の鳴き声を出力
04:06

ifを使った演習です。

  • 演習問題

  • ファイルの作成

  • 各自プログラム作成

演習 :テーマパークの入場料計算
01:10

ifを使った演習の回答です。

  • プログラムの実装

  • ifの条件に合わせて実行

  • 演習回答

演習回答 : テーマパークの入場料計算
04:15

条件分岐unlessについて説明します。

  • unless構文

  • ifと反対の役割

  • 例題

条件分岐 unless
05:17

条件分岐caseについて説明します。

  • case構文

  • case構文の書き方

  • caseを使うメリット

条件分岐 case
06:47

メソッドについて説明します。

  • メソッドとは

  • メソッドの構文

  • 例題

メソッド
06:06

メソッドの命名規則について説明します。

  • メソッド名の書き方

  • 数字を入れる場合の注意

  • アンダースコアを使う注意点

メソッドの命名規則
02:26

条件分岐の演習です。

  • 演習問題

  • ファイルの作成

  • わからない場合

演習:動物の鳴き声を出し分けるメソッド
01:14

条件分岐の演習回答です。

  • メソッドの作成

  • 引数によって条件を分ける

  • 演習回答

演習回答:動物の鳴き声を出し分けるメソッド
02:45

FizzBuzzメソッドを作る演習です。

  • 演習問題

  • 補足

  • 完成物の確認

演習:FizzBuzzのメソッド
01:58

FizzBuzzメソッドを作る演習の回答です。

  • メソッドの用意

  • 数値を文字列に変えて返す

  • 演習回答

演習回答:FizzBuzzのメソッド
05:42

出力puts, print, p, ppについて説明します。

  • 各メソッドの特徴

  • デバッグについて

  • p, ppの違い

出力 puts, print , p, pp
02:45

配列について説明します。

  • 配列とは

  • インデックス(添字)

  • 配列の作成方法

配列
12:05

ハッシュについて説明します。

  • ハッシュとは

  • キーと値

  • ハッシュの作成方法

ハッシュ
07:41

繰り返し処理の概要について説明します。

  • 繰り返し処理を行えるメソッド

  • よく使うメソッド

繰り返し処理の概要
00:34

繰り返し処理each, forについて説明します。

  • eachの書き方

  • forの書き方

  • forを使う際の注意点

繰り返し処理 each, for
06:31

繰り返し処理hashについて説明します。

  • 例題

  • ハッシュで生徒ごとの点数を用意

  • キーとバリューを出力

繰り返し処理 hash
03:11

繰り返し処理timesについて説明します。

  • 単純に処理を繰り返す場合

  • timesの書き方

  • 例題

繰り返し処理 times
02:51

繰り返し処理whileについて学習します。

  • whileの書き方

  • 条件が真の時に繰り返す

  • 例題

繰り返し処理 while
02:53

繰り返し処理 upto, downtoについて説明します。

  • uptoの用途と書き方

  • downtoの用途と書き方

  • 例題

繰り返し処理 upto, downto
02:51

繰り返し処理stepについて説明します。

  • stepの用途

  • stepの書き方

  • 例題

繰り返し処理 step
02:34

繰り返し処理loop, break, nextについて説明します。

  • loopの用途

  • breakの使用方法

  • nextの使用方法

繰り返し処理 loop, break, next
07:08

オリジナルのクラスを作成する方法について説明します。

  • クラスを自分で定義

  • initializeメソッド

  • インスタンス変数

オリジナルのクラスを作成する
07:14

アクセサメソッドについて説明します。

  • インスタンスの値を読み書きするメソッド

  • インスタンス変数を外部から編集したい場合

  • 例題

アクセサメソッド①
06:03

アクセサメソッドについて説明します。

  • アクセサメソッド

  • attr_accessorメソッド

  • 読み取りのメソッドだけ定義する場合

アクセサメソッド②
02:54

クラス変数について説明します。

  • クラス変数とは

  • クラス変数の書き方

  • 例題

クラス変数
04:57

クラスメソッドについて説明します。

  • クラスメソッドとは

  • 例題

  • クラスメソッドの作成方法

クラスメソッド
03:12

クラスと定数について説明します。

  • 定数名は全て大文字

  • 定数をクラスメソッドで使う

  • 定数を外部から参照する場合

クラスと定数
02:17

クラスの継承について説明します。

  • 継承とは

  • スーパークラスとサブクラス

  • 概念の説明

クラスの継承
08:39

モジュールについて説明します。

  • モジュールとは

  • モジュールの特徴

  • モジュールの定義/用途

モジュール
03:26

例外と例外処理について説明します。

  • 例外とは

  • 例外処理とは

  • 例題

例外と例外処理
05:55

Rubyのコーディングルールについて説明します。

  • Rubyのルールについて

  • The Ruby style guide

  • Rubocop

Rubyのコーディングルール
01:42

メソッドの公開範囲について説明します。

  • 公開範囲とは

  • メソッドの公開範囲

  • メソッドの公開範囲を制限する理由

メソッドの公開範囲
04:33

セクションのまとめです。

  • 振り返り

  • 実務での用途

  • Ruby on railsとの組み合わせについて

セクションまとめ
00:31
+ はじめてのRuby on Rails入門
19 lectures 01:00:20

このセクションについて説明します。

  • Ruby on Railsの概要

  • RubyGems

  • 採用事例

Preview 02:46

学習環境について説明します。

  • Rubyバージョンの確認

  • Railsバージョンの確認

  • バージョンが違う方

Preview 00:47
補足:学習環境について
00:21

MVCアーキテクチャについて説明します。

  • MVCアーキテクチャ

  • MVCアーキテクチャの役割

  • MVCの相関図

Preview 01:59

Railsの基本理念について説明します。

  • 設定より規約

  • 規約に乗っ取るメリット

  • 同じことを繰り返さない

Preview 02:18

Hello Worldと出力するプログラムの作成です。

  • Ruby on Railsでプログラム出力

  • MVCの理解

Preview 00:32

Railsバージョン指定について補足です。

  • マイナーバージョンが異なる場合

  • GemFileの編集

  • bundle update

補足:Railsバージョン指定について
00:38
(再掲)サンプルコードについて
00:17

新規Railsプロジェクトの作成をします。

  • フォルダの作成

  • Railsプロジェクトの雛形の作成

  • エラーを回避するための補足

Preview 06:55

Controllerの作成について説明します。

  • rails generate controllerコマンド

  • コントローラー名の付け方

  • アクション

Preview 04:46

ルーティングについて説明します。

  • 対応表を確認

  • 設定を定義する場所

  • ルーティングの設定

ルーティング
04:49

UsersControllerのViewの作成を行います。

  • ERBとは

  • Viewファイル名の規約について

  • RubyのプログラムをHTMLに埋め込む

Viewの作成
05:16

Controllerの値をViewに渡す方法を説明します。

  • 描画以外の処理を各場所

  • インスタンス変数

  • Viewに変数を渡す

Controllerの値をViewに渡す
02:42

Modelの作成について説明します。

  • データ関連の処理

  • rails g modelコマンド

  • マイグレーションの実行

Modelの作成
04:13

データベース構造の確認について説明します。

  • rails dbconsole

  • dbスキーマの確認

  • 作成時の時刻を保存する

データベース構造の確認
02:27

データベースの操作について説明します。

  • railsコンソールの立ち上げ

  • IDを指定してデータを取得

  • 値のアップデート

データベースの操作(rails dbconsole)
08:16

データベースの操作の演習です。

  • 演習問題

  • 回答

  • rails console

演習:データーベースの操作
03:19

データベースの値をWebページに表示する方法を説明します。

  • 値を一行でセットする方法

  • コントローラーでデータを取得

  • ビューに変数を渡し表示する

データベースの値をWebページに表示
06:52

セクションのまとめです。

  • セクションのポイント

  • 学習した内容

  • 次のセクションについて

セクションまとめ
01:07
+ ミニQ&Aサービスの開発
39 lectures 02:21:36

このセクションについての説明です。

  • ミニQ&Aサービスの開発

  • Ruby on Railsのさらなる理解

Preview 00:05
(再掲)サンプルコードについて
00:17

新規Railsプロジェクトの作成について説明します。

  • バージョンの確認

  • プロジェクトの作成

  • 補足説明

Preview 04:04

Questionsコントローラーの作成について説明します。

  • 質問を管理するコントローラー

  • アクションの生成

  • ビューの生成

Preview 02:04

Questionモデルの作成について説明します。

  • モデルを作成

  • カラムの作成

  • データベースに設定を反映

Questionモデルの作成
03:33

ルーティングの設定について説明します。

  • ルーティングの確認

  • rails route

  • resourcesメソッド

ルーティングの設定 Questions
04:06

rootメソッドの設定について説明します。

  • ルートメソッドの作成

  • URLを指定してインデックスページにうつる

  • あるURLにアクセス時コントローラーのアクションを呼ぶ

rootメソッドの設定
02:50

質問一覧ページの作成について説明します。

  • 質問データを取得

  • ビューの編集

  • インスタンス変数をビューに渡す

質問一覧ページの作成
05:59

シードファイルを使った初期データの挿入について説明します。

  • seeds.rbを開く

  • 初期データを投入するコード挿入

  • テストデータをデータベースに反映

シードファイルを使った初期データの投入
03:19

Bootstrapの導入について説明します。

  • Bootstrapとは

  • GemでBootstrapを導入

  • Bootstrapのインストール

Bootstrapの導入
09:24

新規質問投稿機能のViewを作成します。

  • ビューの作成

  • local :trueについて

  • Googleデベロッパーツール

新規質問の投稿 View
08:40

投稿データの保存について説明します。

  • createアクションの実装

  • 投稿データを保存するコード記述

  • 新規投稿をして動作確認

投稿データの保存
04:53

ストロングパラメーターについて説明します。

  • ストロングパラメーター

  • 指定したデータのみを登録対象にする

  • フォームからのデータの信用性について

ストロングパラメーター
04:44

paramsに入るデータについて説明します。

  • paramsのデータを確認

  • byebug

  • トークン

paramsに入るデータをデバッグツールbyebugで確認する
03:50

バリデートの追加について説明します。

  • 空のデータを防ぐ

  • バリデートの処理を追加

  • 動作の確認

バリデートの追加
03:35

エラーメッセージの表示について説明します。

  • ユーザーにデータが保存されたか通知

  • flash[:notice]

  • 表示するメッセージについて

エラーメッセージの表示
04:14

質問投稿画面へのリンクを作成します。

  • link_to

  • 動作確認

  • viewヘルパー

質問投稿画面へのリンク
03:03

質問編集画面へのリンクを作成します。

  • ルーティングの確認/使用

  • idがURLに埋め込まれる

  • 動作確認

質問編集画面へのリンク
02:44

質問編集画面Viewの開発をします。

  • Viewの編集

  • レイアウトについて

質問編集画面 View
01:04

質問編集画面Controllerの編集をします。

  • editアクションの作成

  • saveボタンを押した際のアクション

  • updateアクション

質問編集画面 Controller
05:32

リファクタリングについて説明します。

  • リファクタリング

  • 動作するコードを優先する

  • リファクタリングのバランス

リファクタリングとは
Processing..

Viewのリファクタリングについて説明します。

  • newとeditの内容

  • 共通化

  • 共通化で呼び出すためのファイル名

Viewのリファクタリング
04:01

質問削除機能の追加について説明します。

  • ルーティングの確認/使用

  • destroyアクション

  • destroyアクションの詳細

質問削除機能の追加
05:16

質問詳細画面へのリンクを作成します。

  • リンクを設定

  • showアクション

  • 動作の確認

質問詳細画面へのリンク
02:39

回答投稿機能の概要について説明します。

  • 回答投稿機能の概要

  • ユーザーが回答を編集/削除する

  • 回答一覧の閲覧

回答投稿機能の概要
00:36

質問詳細画面の実装について説明します。

  • 完成物の確認

  • showアクション

  • questionの取得

質問詳細画面の実装
05:29

Answersコントローラーの作成について説明します。

  • コントローラー作成

  • editアクション

  • 重要な部分

Answers コントローラーの作成
01:22

Answersモデルの作成について説明します。

  • テーブルの構造について

  • モデルの作成

  • belongs_toの意味

Answerモデルの作成
04:56

回答機能関連のルーティングの設定をします。

  • rootの設定

  • ファイルの設定

  • ルーティングの確認

回答機能関連のルーティング
01:07

回答の投稿_QuestionsControlleの実装を行います。

  • QuestionsController

  • インスタンスを作成

  • インスタンス変数の利用

回答の投稿_QuestionsController
00:42

回答投稿機能 Viewの作成をします。

  • フォームの記述

  • hiddenパラメータ

  • submitボタンの作成

回答投稿機能 View
04:04

質問が投稿された時の保存処理について説明します。

  • ルーティングの確認

  • createアクション

  • 保存成功/失敗時の処理

質問が投稿された時の保存処理
04:38

Answerモデルのバリデーションを開発します。

  • 未入力チェックのバリデーション

  • 動作の確認

Answerモデルのバリデーション
Processing..

回答一覧表示の開発をします。

  • 回答があれば表示する

  • 回答を表示するテーブル作成

  • 動作の確認

回答一覧表示
08:47

回答の編集機能の開発をします。

  • editアクションの使用

  • リンクの作成

  • 編集画面のViewを作成

回答の編集①
07:55

回答の編集機能の開発をします。

  • ルーティングの確認

  • updateアクション

  • 動作の確認

回答の編集②
03:19

回答の削除について説明します。

  • destroyアクション

  • linkの作成

  • 動作の確認

回答の削除
03:28

QuestionsControllerのリファクタリングについて説明します。

  • 同じことを繰り返す場合

  • 共通化

  • before_action

QuestionsControllerのリファクタリング
04:08

このセクションのまとめです。

  • セクションのポイント

  • 学習内容の振り返り

  • セクション終了

セクションまとめ
01:08
+ インターネットにWebサービスを公開する
16 lectures 33:37

イントロダクション-インターネットにWebサービスを公開する方法を説明します。

  • セクションの説明

  • デプロイ

  • サーバ

Preview 02:09

Herokuについて説明します。

  • Herokuとは

  • Paas

  • 無料プランについて

Preview 02:16

学習の注意事項について説明します。

  • 悪意のあるユーザー

  • 個人情報について

  • 学習後のアプリの削除

学習の注意事項
00:38

アカウント作成について説明します。

  • Heroku公式サイト

  • サポートサイトの活用

  • アカウント作成

アカウント作成
00:38

デプロイの準備を行います。

  • データベース関連のGem編集

  • PostgreSQL

  • database.ymlの編集

デプロイの準備
07:03

global configの設定について説明します。

  • コマンドについての補足

  • 情報流出の対策

  • コマンド

Gitの設定① - Git : global configの設定
00:44

Gitの設定について説明します。

  • gitとは

  • Gitリポジトリの作成

  • コミット

Gitの設定②
02:20

Heroku CLIのインストールについて補足です。

  • ヘルプページ

補足:Heroku CLIのインストール
00:07

Heroku CLIのインストールについて説明します。

  • Cloud9環境にインストール

  • ヘルプページ

  • インストール

Heroku CLIのインストール
05:58

heroku login ついての補足です。

  • ログインできない場合

  • 対処時のコマンド

  • 不明な点がある場合

補足:heroku login ついて
00:23

RailsアプリとHerokuの関連付けについて説明します。

  • ログイン

  • Railsアプリとの関連付け

  • コマンドの説明

RailsアプリとHerokuの関連付け
02:24

デプロイについての補足です。

  • push時のエラーについて

  • サポートサイト

  • 不明な点がある場合

補足:デプロイ
00:30

デプロイについて説明します。

  • コマンド記述

  • Herokuを使うメリット

  • Webページの確認

デプロイ
04:50

アプリの削除について説明します。

  • アプリの放置の危険性

  • アプリ名の確認

  • 削除コマンド

アプリの削除
02:09

サンプルコードのカスタマイズについて補足します。

  • カスタマイズした場合のサポートについて

  • このセクションで学んだ機能

  • CRUDの実装

補足:サンプルコードのカスタマイズについて
00:52

このセクションのまとめです。

  • セクションのポイント

  • 学習内容の振り返り

  • セクション終了

セクションまとめ
00:35
+ 旧レクチャー(サポート用)
3 lectures 14:16
旧レクチャーについて
00:06
【旧レクチャー】Rubyのバージョン管理
10:03
【旧レクチャー】Cloud9の基本的な設定
04:07
+ 補足コンテンツ
1 lecture 01:12
ポートフォリオサイト制作について
01:12
+ ボーナスレクチャー
1 lecture 00:30
ボーナスレクチャー
00:30
Requirements
  • HTMLの基礎知識
  • CSSの基礎知識
  • JavaScriptの基礎知識
  • データベース・SQLの基礎知識
  • Linuxコマンドによるファイル操作の基礎知識(cd, ls, mv, sudoが使えるレベル)
Description

Ruby on Rails とは?

Webアプリケーションをより効率的に作るための、Webアプリケーションフレームワークの一つで、複雑なWebアプリケーションを効率的に開発できるメリットから、民泊予約サイトのAirBnB(エアービーアンドビー)や、ソースコード管理サービスGitHub(ギットハブ)、 クラウドファンディングのKickstarter(キックスターター)など、有名スタートアップ企業でも採用されています。

オープンソースであり、無償で利用できることから、多くのエンジニアに利用されて目に触れれることで、日々進化が行われています。フレームワークの品質が高く維持されていることも特徴です。

☆☆コースの内容をしっかりと確認した上で受講をいただけるように、無料プレビューを30分公開しております。ぜひご覧ください!!☆☆


Webアプリケーションフレームワークとは?

Web開発における、共通した作業にともなる労力を軽減、Webアプリケーションを少ないコードで開発できるように作られたものです。


Rubyとは?

Webアプリケーションフレームワーク、Ruby on Railsでも使われるプログラミング言語です。 オブジェクト指向、シンプルな文法、強力な標準ライブラリ国際標準として規格化が行われているといった特徴があります。まつもとゆきひろ氏が開発した日本発のプログラミング言語です。世界中で利用されていますが、日本でも利用者が多く、日本語の情報が豊富にあるメリットがあります。


学習の流れ

  1. イントロダクション

  2. 開発環境構築(クラウド開発環境 AWS Cloud9・1年無料枠利用)

  3. Ruby の基礎

  4. Ruby on Railsの基礎

  5. ミニQ&Aサービスの開発

  6. Webサービスをインターネットに公開する(Heroku・無料プラン利用)

利用ソフトウェア等

下記を使用してWebアプリケーション開発を学習します。

  • Ruby 2.5.1・・・サーバ側で動かすプログラミング言語

  • Ruby on Rails 5.2.1・・・Webアプリケーションを高速で開発するためのフレームワーク

  • AWS Cloud9・・・アマゾン ウェブサービスが提供するWebブラウザで動作する開発環境

  • Heroku・・・Railsアプリケーションを簡単にインターネットに公開できるクラウドサービス

  • Google Chrome ・・・Webブラウザ


学習環境について

  • パソコン(macOS または Windows)が必要。

  • レクチャーの動画ではmacOSを使用。Windows環境での学習については補足説明。

  • インストールして使うアプリケーションとして、Webブラウザ Google Chrome(無料)。

  • 開発環境には、AWS Cloud9というブラウザでWeb開発が行えるアマゾンのサービスを利用。無料枠で1年間学習可能。

  • アマゾン ウェブ サービスのアカウント作成が必要で、メールアドレス、クレジットカード、電話番号の用意が必要(認証のためクレジットカード登録が必要ですが、無料枠内で学習すれば課金発生しません)

  • Herokuアカウント(無料プラン)


私は約10年の豊富なエンジニア経験があるとともに、初心者向けのプログラミング勉強会の講師や、エンジニア志望の大学生向けインターン講師、大手ITスクールでのティーチング・アシスタント経験があるのが強みです。

ベテランになるにつれて、初心者のころに困っていたことを忘れてしまうものですが、初心者の時によくつまずく箇所が、分かっているので講座では丁寧な解説をしています。


皆さんの今後の自己実現のためのお役に立てるコースとなれば幸いです。

それでは、皆さんとコースの中でお会いできることを楽しみにしております!

Who this course is for:
  • プログラミング入門サイトを1周したくらいのWeb開発初心者
  • プログラミングの基礎は学習したが、Webサービスの実際の作り方と公開の仕方がわからない
  • ポートフォリオサイトを作ってWeb系の企業に転職したい
  • ☆☆☆すでにRubyを利用されている方には向きません☆☆☆