【2019年度新試験範囲対応】スキマ時間でビジュアル簿記3級~予備校講師によるビジュアル動画レクチャー
4.2 (665 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
3,495 students enrolled

【2019年度新試験範囲対応】スキマ時間でビジュアル簿記3級~予備校講師によるビジュアル動画レクチャー

これ1本で初歩から一気に日商簿記3級合格レベル!14日間でビジネスに必須の簿記会計の基本スキルが速攻身につくカリキュラム。仕訳だけでなく帳簿組織、試算表、決算整理、模擬試験(1回分)まで含むオールインクルーシブ版!(新試験範囲対応)
Bestseller
4.2 (665 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
3,495 students enrolled
Created by 宮嶋 順也
Last updated 6/2020
Japanese
Current price: $34.99 Original price: $49.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 12 hours on-demand video
  • 11 articles
  • 16 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 日商簿記検定3級合格に必要な複式簿記の基本的な原理の理解、仕訳、帳簿記入、試算表、決算整理に関し、トータルな実戦力が身につきます。
  • 書籍のテキストではわかりづらい簿記の各テーマが、ビジュアル動画で直感的に理解できます
  • ビジネスの基礎知識でありながら、会計担当者任せになりがちな複式簿記・会計の基本的なスキルが、あなた自身のものになります。
  • 例えば、「掛け」「貸倒れ」「減価償却」とは何か、貸借対照表や損益計算書はどう読むのか、繰り延べや源泉所得税などの天引きはどう仕訳すればいいのか、などを知ったかぶりではなく、本当の意味を理解することができます。
  • 個人事業や小規模企業の記帳について、税理士などの専門家に任せず、安価な会計ソフトを利用して経営者自らで記帳できるようになります。
Requirements
  • まったくの簿記ビギナーの方は、レクチャー3「複式簿記超入門編ダイジェスト版」は飛ばさずに、最初に履修してください。
  • 2019年度からの試験範囲改定に即して、コースも一部変更されています。2019年2月以前から学習されている方は、レクチャー2「試験範囲改定の概要」をご覧いただき、新規範囲を学習してください。
Description

2019年度(第152回検定)からの出題範囲改定内容

  • 株式会社会計(利益準備金・繰越利益剰余金)

  • 消費税・法人税等

  • 固定資産台帳

  • 電子記録債権・電子記録債務等

収録済みの新試験範囲対応版です。

大学の資格取得講座等で教壇に立つ予備校講師が、教室の制約(限られたスペースの板書、限られた授業時間)から解き放たれて、書籍のテキストでは面白くなくわかりにくい簿記の考え方を、ビジュアルに一目瞭然でマスターできるよう、工夫を凝らしてあります。


仕訳問題(第1問)だけでなく、帳簿組織(第2問・第4問)、試算表(第3問)、決算(第5問)、さらに日商簿記3級検定本試験に準じた形式で第1問から第5問までの模擬試験(1回分)まで含むオールインクルーシブ講座です。これ1本で、簿記ビギナーから一気に日商簿記3級合格レベルの実戦力が身につくカリキュラムとなっています。

簿記をつまらなくする無味乾燥な暗記を極力排し、複式簿記の美しさ、面白さを理解していただけるよう工夫を凝らしたカリキュラムとなっています。
日商簿記検定3級で出題される複式簿記の基本的な取引に関する理解と仕訳をマスターすることで、自力で会計ソフトに仕訳を入力したり、日商簿記検定3級合格に必要な仕訳のスキルを身につけることができます。

会計・経理担当者だけでなく、ビジネス全般に必要となる基本的な簿記・会計スキルである日商簿記検定3級合格レベルの財務会計知識・スキルが習得できます。

今まで「食わず嫌い」でニガテ意識を持っていた複式簿記を我が物にし、何となくは知っていた貸借対照表や損益計算書、貸倒れや減価償却の本当の意味を理解し、繰り延べや源泉所得税天引きの仕訳をマスターできます。

これにより、例えば起業者や個人事業主、小規模企業の経営者であれば、年間20万~30万円払って税理士さんにお願いしていた記帳も、最も安い会計ソフトを使いこなして自分でできるようになります。

特に、多忙でまとまった学習時間が確保できないビジネスマンや学生、主婦の方向けに、基本的に暗算可能な数値設定や設例を用いた動画による学習で、紙もエンピツも電卓も使わずにスキマ時間で、通勤電車内など学習場所も選ばず学習できるよう工夫してあります。

さあ、もう「経理担当者じゃないとわからない」状態から卒業するために、いますぐ学習を始めて、基本的な取引を仕訳することが簿記・会計スキルを手に入れてみませんか。


Who this course is for:
  • ビジネスに必須な簿記・会計の基本的なスキルである日商簿記検定3級レベルの財務会計スキルを手早く身につけたい方
  • 簿記のテキスト本を買ってみたものの、わからずつまらず途中で挫折した方
  • 簿記・会計スキルに関心はあるが、多忙で学習時間がとれないビジネスマンや学生、主婦の方
  • 売上・収入の見込みが立たず、なるべくコストを抑えて自分でできる仕事は自分でこなしたい起業家や、年間20万円以上の記帳コストを節約したい個人事業主・小規模企業経営者
  • かつて会計に関する仕事をしたことがあるが、久しぶりの簿記会計を勉強し直してみたいという方
Course content
Expand all 131 lectures 12:10:39
+ 講座のオススメ学習法
3 lectures 21:59

この講座をスタートするにあたり、オススメな効果的かつ効率的な学習法についてご紹介します。

Preview 04:48

2019年度(平成31年6月第152回検定)からの試験範囲改定のまとめです。

2019年3月以前から学習されている方は、このガイダンスをご覧いただき、新試験範囲の論点をピックアップして効率的な学習をおすすめします。

ちなみに、レクチャー名の冒頭に【新規】とあるものは、新試験範囲のレクチャー、【改定】とあるものは、新試験範囲に対応して従来のレクチャーの内容を一部変更したもの、【追加】とあるものは、試験範囲の改定とは関係のない従来論点ですが、最近の出題傾向等を加味して追加したレクチャーです。

Preview 04:40

本講座スタートの前提条件である複式簿記の基本的なしくみについて、別コース「複式簿記「超」入門編」の内容を、約13分のダイジェストで理解できます。

Preview 12:31

複式簿記で最重要な手続きである仕訳や総勘定元帳への記帳ルールとして、資産・負債・純資産・収益・費用の5グループに属する各勘定科目の増加/減少が、借方/貸方のどちらに記帳されるか?複式簿記の根本ルールに関する練習問題です。

資産・負債・純資産・収益・費用と借方/貸方
1 question
+ 開業~家計から会計へ・・・複式簿記のはじまり
3 lectures 15:33
セクション1のテキスト
00:04

2019年度出題範囲改定により、従来の個人商店から株式会社に変わったことにより、株式会社の設立時の会計処理方法を理解します。

Preview 09:26

株式会社の資金調達方法である増資と借入について、それぞれの会計処理方法を理解します。

【新規】追加資金調達~増資と借入
06:03

資金調達方法として、株主から出資を募る場合と、金融機関から借り入れる場合についての会計処理についての文章題です。

増資と借入
1 question
+ 商品売買の基本~商業のエンジン
12 lectures 01:01:44
セクション2のテキスト
00:04

「超」入門編でマスターした分記法による商品売買の仕訳方法の復習と、問題点を合わせて理解します。

Preview 04:23

簿記3級初学者がつまづく三分法と売上原価について、ビジュアルに理解します。

もし、このタイミングでよく理解できなくても、決算整理時に再度学習しますので、次のレクチャーに進んでください。

Preview 13:00
本試験レベル問題演習(商品売買)
03:50

掛け取引とは何か。簿記の基本用語である掛け取引とともに、売掛金・買掛金を使った掛け取引の仕訳についてマスターします。

掛け取引とは~売掛金と買掛金
08:22

売掛金元帳(得意先元帳)と買掛金元帳(仕入先元帳)のフォーマットと記帳方法、読み取り方を理解します。

売掛金元帳(得意先元帳)と買掛金元帳(仕入先元帳)
09:30

日商簿記3級検定第4問で出題される文章問題(穴埋め問題)の演習です。

文章問題:得意先元帳
1 question

2019年度から新たに2級から3級の出題範囲に加わったクレジット売掛金について、クレジットカード取引の流れとともに理解します。

【新規】クレジット売掛金
03:48

売掛金・買掛金と似て非なる未収入金・未払金を、どういう場面で使うかを中心に仕訳方法をマスターします。

未収入金・未払金~売掛金・買掛金と似て非なるもの
04:55

近年の日商簿記3級検定で好んで出題される、同じものを購入しても使い道によって仕訳の勘定科目が変わってくる問題の解法をマスターします。

本試験レベル問題演習~売掛金・買掛金と未収入金・未払金
02:59

返品について、売上側と仕入側それぞれの会計処理方法とともに、戻りと戻しも言葉づかいについても理解します。

返品(戻り・戻し)の処理
04:49

日商簿記3級の頻出論点である付随費用(仕入諸掛)について、受験生がニガテとする難易度の高い送料等の立て替えの場合を含めてマスターします。

送料の扱い~仕入諸掛・付随費用
03:24
本試験レベル問題演習~仕入諸掛
02:40
+ 代金決済手段いろいろ~預金・小切手・手形・貸倒れ
12 lectures 01:04:58
セクション3のテキスト
00:04

おなじみ普通預金を使った商品売買代金決済の会計処理、仕訳方法をマスターします。

Preview 03:55

普通預金と当座預金の違いは何か?小切手の基本的なフォーマットとともに小切手を切った側や受け取った側そしてその換金のメカニズムも図解します。

小切手とは?当座預金とは?
07:55

当座預金は資産でありながら、貸方の方が大きくなることがあります。当座借越とは?当座借越契約とは何か?学習します。

【改定】当座預金がマイナス残高になっちゃった!~当座借越
04:25

補助簿の一つである当座預金出納帳のフォーマットと記帳の仕方、読み取り方を身につけます。

当座預金出納帳の見方、つけ方
03:42

実務上では補助科目などと呼ばれ、同じ普通預金や当座預金でも銀行口座別に管理しますが、その銀行口座別預金勘定をマスターします。

【新規】複数の銀行口座を開設したら~銀行別預金勘定
03:21

約束手形とは何か?小切手との違いや仕訳の仕方の基本を学習します。

手形の基本と約束手形
06:02
本試験レベル問題演習(約束手形)
02:30

補助簿に含まれる受取手形記入帳・支払手形記入帳のフォーマットを覚え、記載内容から仕訳に変換するといった、簿記検定頻出論点をマスターします。

受取手形記入帳と支払手形記入帳
07:38

日商簿記3級検定第4問で出題される文章問題(穴埋め問題)の演習です。

文章問題:手形記入帳
1 question

2019年度から2級から新たに3級の出題範囲に加わった電子記録債権・電子記録債務について、基本的な考え方や仕組みから仕訳を学習します。

【新規】手形の電子版~電子記録債権・電子記録債務
05:30

貸倒れや貸倒処理の意味を知り、貸倒引当金の設定方法や使い方を理解します。さらに、回収できた場合やできなかった場合、それぞれ会計期間をまたぐかまたがないかといった日商簿記検定で狙われる論点を中心に、考え方をマスターします。

貸倒処理と貸倒引当金
15:52
本試験レベル問題演習(貸倒処理)
04:04

貸倒引当金を使うのか、それとも貸倒損失か?

ここで整理してみましょう!

貸倒引当金の紛らわしい問題
1 question
+ 商取引まわりの諸テーマ
6 lectures 22:03
セクション4のテキスト
00:04

「商品券」「他店商品券」勘定がなくなり、カンタンになった商品券。サクッとマスターします。

Preview 02:48

日商簿記検定3級で頻出のテーマである内金・手付金について、その発生と精算(相殺)時の仕訳を習得します。

内金・手付金(前払金・前受金)
05:40
本試験レベル問題演習~内金・手付金
03:05

債権・債務の最も基本的な勘定である貸付金・借入金と、その貸し付け・借り入れを手形で行う手形貸付金・手形借入金について理解します。

【改定】貸付金・借入金とそのバリエーション
08:07
本試験レベル問題演習(手形貸付金・手形借入金)
02:19
+ ヒト(従業員)の給料と出張
5 lectures 25:08
セクション5のテキスト
00:04

日商簿記検定3級本試験の主に仕訳問題で頻出の論点である従業員の給料天引きのうち、最重要テーマである源泉所得税と社会保険料の会計処理方法を身につけます。

Preview 08:07

従業員の給料天引きのうち、立替金について、紛らわしい預り金との違いを中心に理解します。

【改定】従業員の給料天引き~立替金
05:37

日商簿記検定3級本試験の主に仕訳問題で頻出の論点である従業員の出張に関する仕訳(仮払金・仮受金)をマスターします。

従業員の出張~仮払金と仮受金
04:40
本試験レベル問題演習(従業員の出張)
06:40
+ 固定資産の減価償却
7 lectures 32:47
セクション6のテキスト
00:04

固定資産とは何か。流動資産との違いから理解するとともに、日商簿記3級本試験頻出論点である取得時の付随費用についてマスターします。

Preview 03:02

減価償却の考え方と会計処理方法をもっともビジュアルに理解します。「そうだったのか!減価償却費」

Preview 10:12

減価償却費の記帳方法である直接法と間接費について、なぜ2つのやり方があるのか、それぞれのメリットも交えて仕訳、会計処理方法を身につけます。

直接法と間接法
06:26

日商簿記検定3級の仕訳問題で最も難易度の高い期中売却の問題に取り掛かる前に、まず月割計算が発生しない期首売却について学習し、売却時の仕訳を理解します。

固定資産の期首売却
03:07

日商簿記検定3級の仕訳問題で最も難易度が高く、受験生が最もニガテとする固定資産の期中売却について、丁寧にくわしく解き方をお教えします。

固定資産の期中売却~月割計算
06:45

2019年度から新たに日商簿記3級検定の出題範囲に加わった月次決算について、減価償却費計算方法と会計処理方法を身につけます。

【新規】固定資産の月次計上
03:11

日商簿記3級検定第4問で出題される文章問題(穴埋め問題)の演習です。

文章問題:固定資産の減価償却
2 questions
+ 現金・小口現金・税金・諸費用
13 lectures 01:02:19
セクション7のテキスト
00:04

紙幣と硬貨のほか、現金扱いするものは何か。小切手はどうか?切手や収入印紙は?紛らわしさから難易度の高い現金の範囲の理解を確かなものにします。

Preview 04:57

補助簿の一つである現金出納帳をサクッと理解しておきます。

現金出納帳
01:21

学習者が借方なのか貸方なのか仕訳がこんがらがってしまう現金過不足について、なぜ不足が借方で超過が貸方なのか、基本的な仕訳のしくみから丁寧に理解することで、ゴッチャにならないようにマスターします。

現金過不足
08:56

実体は現金なれど、会計処理上特殊な取り扱いをする小口現金について、その特徴をおさえ、さらに補助簿の一つである小口現金出納帳についてもマスターします。

小口現金と小口現金出納帳
11:22

実務上でも最もめんどくさい部類に入る消費税について、基本的な考え方と会計処理方法をマスターします。

【新規】消費税(税抜方式)
09:38

3級の学習対象が個人事業から株式会社に変わったことにより、新たな出題範囲となった法人税、住民税及び事業税について、中間申告を含めて学習します。

【新規】法人税、住民税及び事業税
06:39

従業員の出張のレクチャーで学習した旅費交通費ですが、最近はICカードの出題も。

【追加】諸費用~旅費交通費
03:31

手紙といったアナログなものから、電話、インターネットまで扱う通信費について学習します。

あなたは「ハガキは通信費、封筒は消耗品費」この違い、なぜだかわかりますか?

【追加】諸費用~通信費
02:41

同じ税金でも源泉所得税や消費税、法人税以外の税金である「租税公課」について学習します。

【追加】諸費用~租税公課
02:33

消耗品の会計処理方法と、同じ消耗品でも勘定科目が異なる仕訳になる場合を身につけます。

【追加】諸費用~消耗品費
02:26

家賃や地代、利息、手数料など、収益にも費用にもなりうる科目について整理します。さらに、なぜ保険料や給料には「支払」がつかないのか、ガッテンしていただきます。

【追加】諸費用~支払??と受取??
04:20

物件の借り入れにかかる費用は家賃だけではありません。敷金や礼金、仲介手数料の会計処理方法について学習します。

【新規】差入保証金
03:51
+ 帳簿組織(勘定記入・補助簿・伝票)
24 lectures 02:44:21
セクション8のテキスト
00:04

日商簿記検定3級第2問・第4問の勘定記入や第5問の決算整理と絡めて、必ず毎回出題される繰延と見越し。日商簿記3級の出題範囲の中でもひときわ分かりにくく難易度が高いため受験生が最もニガテとするテーマであるこの繰延と見越しについて、コンパクトかつ丁寧に集中講義することで、一気にニガテ意識を克服し、得点源にしましょう。

Preview 03:58

日商簿記検定3級第2問・第4問の勘定記入や第5問の決算整理と絡めて、必ず毎回出題される繰延と見越し。日商簿記3級の出題範囲の中でもひときわ分かりにくく難易度が高いため受験生が最もニガテとするテーマであるこの繰延と見越しについて、コンパクトかつ丁寧に集中講義することで、一気にニガテ意識を克服し、得点源にしましょう。

収益の繰り延べ(収益の前受け)
07:45

日商簿記検定3級第2問・第4問の勘定記入や第5問の決算整理と絡めて、必ず毎回出題される繰延と見越し。日商簿記3級の出題範囲の中でもひときわ分かりにくく難易度が高いため受験生が最もニガテとするテーマであるこの繰延と見越しについて、コンパクトかつ丁寧に集中講義することで、一気にニガテ意識を克服し、得点源にしましょう。

費用の見越し(費用の未払い)
04:23

日商簿記検定3級第2問・第4問の勘定記入や第5問の決算整理と絡めて、必ず毎回出題される繰延と見越し。日商簿記3級の出題範囲の中でもひときわ分かりにくく難易度が高いため受験生が最もニガテとするテーマであるこの繰延と見越しについて、コンパクトかつ丁寧に集中講義することで、一気にニガテ意識を克服し、得点源にしましょう。

収益の見越し(収益の未収)
03:50

日商簿記3級の出題論点で最も忌み嫌われる、前払・前受・未収・未払について、基本的な練習問題で、パターンを身につけます。

収益の未収・前受と費用の未払・前払(繰延・見越)
4 questions

日商簿記検定第2問・第4問で出題される勘定記入(総勘定元帳への転記)に関し、過去問レベルの実戦的なコンテンツで得点力アップを図ります。

勘定記入実戦編
09:37

補助簿について、主要簿との比較から理解します。

補助簿とは?~主要簿と補助簿
03:33

補助簿のうち、売掛金元帳(得意先元帳)、買掛金元帳(仕入先元帳)、商品有高帳、固定資産台帳からなる補助元帳について、その特徴を理解します。

補助元帳のしくみ
01:50

商品有高帳を理解するとともに、簿記の重要な論点である移動平均法と先入先出法についてマスターします。

商品有高帳~移動平均法と先入先出法
07:33

2019年度から新たに出題範囲に加わった固定資産台帳について、基本的なフォーマットを理解します。

【新規】固定資産台帳とは
05:33

固定資産台帳への記載の方法を理解します。

【新規】固定資産台帳の記帳方法
08:44

固定資産台帳の記載内容からの読み取り方、固定資産各勘定への転記の仕方をマスターします。

【新規】固定資産台帳の読み取りと勘定転記
07:42

補助簿である売上帳、仕入帳のフォーマットと、読み取り方、仕訳への変換方法を理解します。

売上帳と仕入帳
02:45

日商簿記3級検定第4問で出題される文章問題(穴埋め問題)の演習です。


文章問題:主要簿と補助簿
1 question

伝票の基本と振替伝票・入金伝票・出金伝票からなる3伝票制を理解します。

伝票の基本~3伝票制とは
05:41

伝票の応用問題ですが、一旦全額掛けとする考え方に慣れてしまえば難しい論点ではありません。

伝票の応用~取引を分解する方法と一旦全額掛けとする方法
05:11

複数の伝票たちから、仕訳日計表への集計方法、さらには補助簿や総勘定元帳への転記の流れを理解します。

伝票の集計~仕訳日計表、補助簿と総勘定元帳への転記
18:09

伝票の集計に関する本試験レベルの問題が解ける実戦力が身につきます。

本試験レベル問題演習(伝票の集計)
13:42

日商簿記3級検定第4問で出題される文章問題(穴埋め問題)の演習です。

文章問題:伝票
1 question

日商簿記3級での頻繁な出題が見込まれる証ひょうについて、どういうものか、なぜ重要なのかを中心に証ひょうの概要を理解します。

【新規】証ひょう~証ひょうとは
06:48

証ひょうのうち、銀行の預金通帳や入出金明細から仕訳を起こす方法を学習します。

【新規】証ひょう~銀行の入出金明細
05:42

従業員の経費精算に際して証ひょうとなる領収書について、記載内容から仕訳への変換を学習します。

【新規】証ひょう~従業員の経費精算(領収書)
03:07

証ひょうのうち、法人税や源泉所得税の納付書の様式からの読み取り方をマスターします。

【新規】証ひょう~税金の納付書
07:40
本試験レベル問題演習(繰延・見越)
11:41
本試験レベル問題演習(勘定記入)
05:13

仕入帳・売上帳の記載内容から商品売買に関する取引を読み取り、商品有高帳に先入先出法で記録し、締め切るところまで求められる、難易度の高い過去問類題演習です。

この演習をマスターできれば、補助簿のハイレベルな問題にも自信をもって臨めるでしょう。

本試験レベル問題演習(補助簿の複合問題)
14:10
+ 試算表(合計試算表・残高試算表・合計残高試算表)
3 lectures 28:24
セクション9のテキスト
00:04

合計試算表、残高試算表、合計残高試算表の紹介と、試算表の基本的なつくりを理解します。

Preview 12:27

日商簿記3級第3問で出題される試算表のうち、本試験でも難易度の高い応用編(変則フォーマット、二重仕訳のあるタイプ)を学習し、実戦力をアップします。

【追加】試算表のバリエーション~応用問題
15:53

日商簿記3級検定第4問で出題される文章問題(穴埋め問題)の演習です。

文章問題:決算準備
1 question