エンジニアのためのプレゼンテーション講座 ー 今より何倍も伝わるオリジナルプレゼンメソッド
3.8 (82 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
839 students enrolled

エンジニアのためのプレゼンテーション講座 ー 今より何倍も伝わるオリジナルプレゼンメソッド

口ベタで話すのが苦手でも、デザインセンスがなくても大丈夫。エンジニアにとって効果的なプレゼンテーションの方法が身に付きます。プレゼンを体系的に学び今よりもずっと伝わるプレゼンターになろう!
3.8 (82 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
839 students enrolled
Created by Shu Okamura
Last updated 10/2017
Japanese
Current price: $83.99 Original price: $119.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 12 hours on-demand video
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • プレゼンテーションの本質を理解することができるようになります
  • 相手を動かすプレゼンを構築できるようになります
  • 効果的なスライドの作成方法がわかるようになります
  • 伝え方・緊張対策・質疑応答の技術が身に付きます
  • プレゼンテーション上達に向け、日々意識しておくべきことがわかります
  • ロジカルに伝える方法、相手の感情を動かす方法がわかるようになります
Requirements
  • 特にありません
Description

プレゼンはエンジニアにとって習得しやすいスキル
テクニカルスキル×プレゼンスキルでキャリアアップ

プレゼンテーションの講座というと、一般的には人前で話すための話し方講座というイメージが思い浮かびます。
普段デスクワークが多い方にとって、人前で話すというのは大きな壁です。

しかしプレゼンテーションというものは、エンジニアにとってとても習得しやすいスキルなのです。
その理由は3つあります。

  1. 「話す」というパートはプレゼン全体のわずか20%に過ぎない
  2. エンジニアにはプレゼンを論理的に組み立てる力が既にある
  3. 口ベタ、デザインが苦手でも効果的に伝えるテクニックがある

話すのが苦手なSEがアイコンタクトをしたり、ボディランゲージを使って表現したりするのは実はとてもハードルが高いということがわかっていないプレゼン講師も多いのが現状です。

この講座では、

  • 人前で話すのが苦手だ
  • あがり症から克服したい
  • プレゼンを体系的に理解したい
  • 周りのライバルに差をつけたい

こういった方々を対象に、10時間を超えるコンテンツで受講者の方に1つずつプレゼンテーション上達のヒントをお届けしてまいります。この講座を受講することで

  • 聴き手に伝わる話ができるようになる
  • プレゼンの苦手意識が取れる
  • 企画・構成・資料作成・伝え方の流れが理解できる
  • 今よりも高いレベルのプレゼンを行うことができる

こういった効果が期待できます。

この講座を何度も見て、できるところから実践していただき、プレゼンテーションのスキルを高めていただきたいと考えています。
そしてテクニカルスキルとプレゼンスキルを掛け合わせ、将来のキャリアアップにつなげてください。

まずは講座に登録いただき、じっくりと学んでください。
ご参加、お待ちしております。

プレゼン講師:ShuOkamura

Who this course is for:
  • 人前で話すのが苦手、説明が苦手な技術者タイプの方
  • コミュニケーションを取る機会が多いプロマネやプロジェクトリーダーの方
  • プレゼンスキルを身に付けてキャリアアップしたいと考えている方
  • これまで体系的にプレゼンテーションを学んだことがない方
Course content
Expand all 105 lectures 11:56:40
+ プレゼンテーション概要とマインドセット
7 lectures 50:04
セクション概要
01:45
プレゼンテーションとは何かを理解する
09:01
プレゼンテーション構築のステップ
04:43
「I」から「You」への転換
05:33
プレゼンスを磨く
13:41

セクション2の理解度チェックです。お気軽に受けてみてください。
それぞれの解説は次のレクチャーでまとめています。
併せてご確認くださいね。

プレゼンテーション概要とマインドセット
5 questions
セクション2まとめ
06:57
+ プレゼンの成功は企画段階で決まる
12 lectures 01:51:07
セクション概要
01:31
プレゼンの目的を決める
09:05
プレゼンの成否を分ける決定的な要素
05:06
誰に伝えるかを明確にする
06:58
どうすればあなたの望むとおりに人は行動するのか?
11:10
先の先を読む
07:50
最良の手段を考える
15:38
ここまでのステップを整理します
10:59
複数名でプレゼンを作るときのポイント
09:30
プレゼンのリスクマネジメント
12:31

セクション3の理解度チェックです。お気軽に受けてみてください。
それぞれの解説は次のレクチャーでまとめています。
併せてご確認くださいね。

プレゼンの成功は企画段階で決まる
9 questions
セクション3まとめ
16:14
+ 構成の組み立て方
30 lectures 02:50:43
セクション概要
01:52
聴き手一度
09:29
理解の連続性
07:44
プレゼン構築3つのステージ
04:38
信頼構築のステージ
03:36
アイスブレイク
04:21
質問をする
04:10
地図を開く
05:36
ゴールを示す
04:04
なぜ自分が伝えるのかを伝える
05:22
聴き手の課題は何か?
06:14
情報伝達のステージ
04:02
論理的とはどういうことか?
05:30
ロジカルシンキングをちょっとだけ
04:44
聴き手の論理構造を理解して組み立てる
07:53
結論から伝える方法
02:45
論拠から伝える方法
04:15
フレームワークを活用する
03:41
簡単にMECEになる裏ワザ
07:14
論理と感情のバランス
03:04
感情が動くとき
07:12
2つのベネフィット
06:57
五感に訴求する
07:00
行動喚起のステージ
03:08
まとめる
03:39
もやもやを解く
03:23
具体的なアクションプラン、スケジュールを示す
03:19
背中を押す
06:41

セクション4の理解度チェックです。お気軽に受けてみてください。
それぞれの解説は次のレクチャーでまとめています。
併せてご確認くださいね。

構成の組み立て方
9 questions
セクション4まとめ
18:30
+ プレゼン資料の作り方
18 lectures 02:08:27
このセクションで学べること
01:11
話すのが苦手なSEはスライドを作成せよ
05:04
スライド作成のTPO
09:55
配布資料は独り歩きする
02:58
資料の見た目と中身
05:18
会社のテンプレートをどう活用するか?
04:18
1スライド1メッセージ
10:54
KISSの法則
09:45
箇条書きの限界
08:47
デザインは揃えるところから始まる
12:32
06:00
フォント
07:01
04:47
写真・イラスト
09:04
グラフや表の活用
06:29
プレゼンに動きを加える
06:53

セクション5の理解度チェックです。お気軽に受けてみてください。

それぞれの解説は次のレクチャーでまとめています。
併せてご確認くださいね。

プレゼン資料の作り方
7 questions
セクション5まとめ
11:56
+ デリバリー
24 lectures 02:57:16
セクション概要
02:05
デリバリースキルとは?
04:06
素晴らしいプレゼンだったね。と言われてはいけない理由
04:48
プレゼンに台本は必要か?
12:22
孫さんがプレゼンの練習をしない理由
04:49
第一印象は髪型や服装なんかではない
06:34
人が緊張する理由
08:18
緊張対策あれこれ
12:47
あなたはそんなに注目されていない
06:05
居酒屋メソッド
05:04
口ベタにアイコンタクトやボディランゲージはいらない
09:16
すぐに改善できる発声のコツ
05:16
語尾まで伝える
03:43
受け取る力の重要性
06:42
フォーカスコントロール
06:14
ブロックとブリッジ
05:16
グラフの説明方法
05:28
デモをするときのコツ
09:21
リピート効果
07:21
質疑応答対策①~質疑応答の位置づけ~
06:34
質疑応答対策②~質問の受け方~
07:33
質疑応答対策③~質問の答え方~
14:04

セクション6の理解度チェックです。お気軽に受けてみてください。

それぞれの解説は次のレクチャーでまとめています。
併せてご確認くださいね。

デリバリー
8 questions
セクション6まとめ
15:32
+ プレゼンテーション後
7 lectures 33:32
セクション概要
00:52
なぜプレゼン後が重要か?
02:55
これは欠かせないプレゼン後の主なアクション
05:41
今日の聴き手は明日のプレゼンター
04:44
プレゼンを内省し、そしてプレゼンスを磨く
07:37

セクション7の理解度チェックです。お気軽に受けてみてください。
それぞれの解説は次のレクチャーでまとめています。
併せてご確認くださいね。

プレゼンテーション後
5 questions
セクション7まとめ
07:56
+ おわりに
3 lectures 19:22
講座全体のまとめ
08:31
どこかできるところからでも
05:07
最後に
05:44