Udemy

【無料】Ruby on Rails でたくさん出てくる「 : (コロン)」← これ理解できてる!?

validates :content, presence: true, length: { maximum: 50 } ← このコロン( : )、ちゃんと理解できてる?
Free tutorial
Rating: 4.5 out of 5 (68 ratings)
562 students
37min of on-demand video
Japanese
Japanese [Auto]

Ruby on Rails でたくさん出てくる記号「 : (コロン)」を理解できるようになります。
Ruby の「シンボル」について整理します。
Ruby の「シンボルをキーにしたハッシュの定義」について整理します。
Ruby の「メソッドのキーワード引数」について整理します。

Requirements

  • Ruby と Ruby on Rails について基礎を理解していることをが前提となります。

Description

Ruby on Rails でたくさん出てくる「 : (コロン)」← これ理解できてる?


たとえば…

validates :content, presence: true, length: { maximum: 50 }


たとえば…

<%= link_to '削除する', @post, method: :delete, data: { confirm: '本当に削除してOK?' } %>


前コロン、後ろコロン、ころんころん。"ちゃんと" 理解できていますか?


いっしょに "ちゃんと" Ruby を学びましょう!


※ 30分ほどのミニマムコースになります。

Who this course is for:

  • Ruby on Rails を学んだけど、Rails で突然 たくさん出てきた「 : (コロン)」に戸惑っている方が対象です。

Instructor

ちゃんるび! Ruby専門 プログラミング教室
  • 4.5 Instructor Rating
  • 181 Reviews
  • 971 Students
  • 2 Courses

幼少期にプログラムに興味をもち、8歳でプログラムの基礎を習得

大学では哲学を専攻。仏語、独語、漢文で哲学書の原典を読み解く。

卒業後 システム企業に入社しエンジニアとしてのキャリアをスタート。

転職を経て、最年少で管理職に抜擢され、その後 CTOCIOに着任。

企業オーナーや経営層相手にITコンサルティングからIT資産管理、セキュリティ管理、企画や予算取りといった最上流工程から最下流まで、企業のITシステムに全責任を負い活躍する。

しかし、企業内の派閥争いが激化したため、嫌気が差して辞任

十分な資産をもとにセミリタイアし、現在は穏やかな人生をすごしている。

それでもプログラミングが大好きで、 Ruby を使って競技プログラミング問題に挑戦することを趣味とする。

Ruby の楽しさを伝えるべく Udemy にて Ruby のコースを立ち上げる。

今に至る。


Ruby だいすき!

Top companies trust Udemy

Get your team access to Udemy's top 19,000+ courses