Python3 の基礎 - 超入門・再入門 -
4.2 (175 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
911 students enrolled

Python3 の基礎 - 超入門・再入門 -

省かず,端折らず,確実に基礎を学ぶPythonの学習コース.文法,インストール方法からモジュール作成まで一通り学べます.
4.2 (175 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
911 students enrolled
Created by 中村 勝則
Last updated 5/2020
Japanese
Current price: $86.99 Original price: $124.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 11 hours on-demand video
  • 15 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • Python3の最も基礎的な内容(文法事項)の習得
  • Python処理系,基本的なツールの扱い方の習得
  • モジュールの取り扱い方法の習得(独自のモジュールの作成も含む)
  • プログラミングに関する基本的な概念(制御構造,データ構造,I/O,オブジェクト指向プログラミング)を学ぶことができ,他の言語(C++,Java)の学習をはじめるにあたっての基礎力も得られます.
Course content
Expand all 47 lectures 11:03:53
+ 導入
6 lectures 41:29

Visual Studio Code の使用に際して,使用する言語(英語/日本語)の切り替えや,起動するコマンドシェルの変更などを行う場合の資料(PDF)を作成してコースに追加しました.

必要な場合は添付のデータ "tool_tips.pdf" をダウンロードして御覧ください.

Preview 08:48

ターミナルウィンドウやOSのコマンドの取り扱いに関して,既にご存知の方はこのビデオを省略しても大丈夫です.

Preview 13:40

ターミナルウィンドウやOSのコマンドの取り扱いに関して,既にご存知の方はこのビデオを省略しても大丈夫です.

Preview 03:32

使用するPython処理系に関して補足いたします.

本コースはPSF版Python3の使用を前提としていますが,これとは別の「Anaconda」によるPython3を使用される方も増えてきています.Anacondaの場合はPython3の対話モードを起動する方法とパッケージ管理の方法がPSF版と異なります.

これに関しまして,補足の資料(PDF:InstallAndLaunch.pdf)を添付いたしますので,必要とされる方はどうぞご利用ください.

Preview 04:08
Pythonを動かしてみる-2
09:40
Pythonを動かしてみる-3
01:41
+ Pythonで扱う基本的なデータ
7 lectures 01:30:47

このビデオではPIPコマンドによるモジュールの入手方法について説明していますが,PSF版のPython環境(純正Python)を前提としています.Anaconda環境を使用している人はAnacondaの管理ツールを用いてモジュールを入手してください.

Pythonでのパッケージの扱い
08:08

下のPDFは,数値の取り扱いに関する演習問題です.少々数学的な内容ですが,よろしければお試しください.

Pythonで扱う数値-2
11:15
文字列の扱い-1
23:05
文字列の扱い-2
17:47

下のPDFは文字列に関する演習問題です.よろしければお試しください.

文字列の扱い-3
10:11
データの型
10:45
+ データ構造
5 lectures 57:16
データ構造-1
18:58
データ構造-2
06:18
データ構造-3
08:54
データ構造へのアクセス-1
13:38

下のPDFは,文字列とリストの知識を応用した演習問題です.よろしければお試しください.

データ構造へのアクセス-2
09:28
+ 制御構造
4 lectures 01:07:22
制御構造-1
18:08
制御構造-2
13:55
制御構造-3
17:52

下のPDFは,繰り返しと条件分岐,それとデータ構造に関する演習問題です.よろしければお試しください.

制御構造-4
17:27
+ 入出力
7 lectures 02:09:47
入出力-1
10:24
入出力-2
23:07
入出力-2_2
18:01
09-3入出力-3
24:08
入出力-4
24:54
入出力-5
21:57

注)このレクチャーの最後の演習 test10.py,test11.py におきまして,入出力のエンコーディングを正しくしても Windows 環境の VSCode では文字化けが解決しないという問題が見つかっております.(Apple macOS版は問題ありません)

受講生の皆様にお手数おかけしまして申し訳ありませんが,最後の課題は Windows 環境の場合は「コマンドプロンプト」ウィンドウで改めて実行していただきますようお願いします.

この件,引き続き調査いたします.
 
入出力に関する演習問題:

 下に演習問題のPDF "Q06.pdf","Q07.pdf" と,問題中で使用するデータ "zip.csv" を添付いたします.よろしければお試しください.

入出力-5_2
07:16
+ 関数の定義
3 lectures 48:53
関数の定義-1
17:41
関数の定義-2
15:47
関数の定義-3
15:25
+ 文字列に対する高度な処理
2 lectures 45:34
文字列に対する高度な処理-1
25:20

正規表現に関する演習問題をPDF "Q08.pdf" に添付します.Webスクレイピングのための初歩的な学びにつながると思いますので,よろしければお試しください.

● 参考図書「Python3入門」フリーのPDF書籍

 どうぞご利用ください.
 リンク1:http://www.k-techlabo.org/www_python/python_main.pdf
 リンク2:https://ktechlabo.xsrv.jp/www_python/python_main.pdf

文字列に対する高度な処理-2
20:14
Requirements
  • 中学校卒業以上の基礎学力
  • パソコンの基本的な操作に関する知識と技能
  • Excel の VBA や,JavaScript などによるスクリプティングの体験(忘れていても大丈夫です)
  • あとは学習を継続できる「精神的な持久力」
Description

このコースではPython3の最も基礎的な内容について学びます.
特に,多くの書籍や教育コースでは指導・解説を省略する部分を徹底的に実習しながら身につけます.
また,Pythonの文を逐一入力して実行する形の実習を基本としているめ,Pythonの文法を明確に認識して確実に理解することができます.

与えられたサンプルコードやノートブックなどをそのまま実行するだけでは得られない深さと明確さで,Pythonを理解できます.

基礎的な内容にフォーカスする関係上,GUI構築やデータ処理,人工知能に関する内容は扱いません.ただし,以下のような基礎的な項目全般を,体験しながら確実に学んでいただきます.
・データタイプとデータ構造
・繰り返し/条件分岐の構文
・端末入出力
・ファイル入出力
・関数定義
・日付・時刻情報の取り扱い
・正規表現の考え方
・オブジェクト指向
・分割プログラミング(モジュール作成)

ビデオ教材の再生時間の合計は11時間です.このコースの内容を学んだ後は,GUI構築,データ処理,人工知能関連の各種ライブラリを自力で取り扱い,現実的なレベルでアプリケーション構築に進むことができます.

【コース更新】2020年05月
 演習課題の要望をたくさんいただきましたので,各要所に演習問題のPDFを追加しました.

Who this course is for:
  • Pythonを使ってこれからプログラミングを学ぶ方
  • Pythonに関する書籍や教育コースを購入したが,学びに挫折を経験した方
  • 人文科学系大学を卒業した方(あるいは在籍中の方)で,データ処理のためにPythonを学ぶ方(高校生でも情報処理関連分野を得意とする方は大丈夫です)