Photoshop 上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜
4.3 (135 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
905 students enrolled

Photoshop 上級者への90分。広告業界で通用する美肌を作る、基本と実践 〜シミそばかす除去から仕上げのコツまで〜

女性ポートレート写真を3倍美しく。どんなトラブル肌も美肌に変えられる、Photoshop肌修正の基本。美容広告のプロが現場で使うテクニックを公開!
4.3 (135 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
905 students enrolled
Last updated 11/2018
Japanese
Current price: $20.99 Original price: $34.99 Discount: 40% off
23 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 2 hours on-demand video
  • 2 articles
  • 1 downloadable resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • Photshopの上級スキル
  • Photoshopを使用した女性の美肌の作り方
  • レタッチをする時のレイヤー構造の基本
  • 肌のレタッチをする時のコツやポイント
  • コピースタンプツールの基本の使い方
  • スポット修復ブラシツールの使い方
  • 修正ツールとマスクを組み合わせた方法
  • プロがペンタブレットをどのように操作しているか
Requirements
  • PhotoshopCC ( 可能なら最新版推奨。CCでなくても基本は同じです )
  • レイヤーやマスクについて、なんとなくでも理解している
  • マウス、またはペンタブレット ( ペンタブレットの使用を推奨しています )
Description

※ペンタブレットを使用しての解説になりますが、マウスでも作業内容は変わりません!
(ただし、ペンタブレットの使用を強く推奨します。詳細はプレビューで公開しているペンタブレットについてのレクチャーをご確認ください。)

< Photoshop こんなことで困っていませんか? >
・シミやそばかすの消し方、肌修正の基本を知りたい
・プロみたいにキメの整った美肌にレタッチしたい
・大きく拡大してもキメが残っているようなレタッチってどうやるの??
・webで検索しても、いまいちボカしてごまかしているだけのような気がする…。
・レイヤーってどうやって重ねていくのかわからない
・なかなか実践的に学べる機会がない!
・スクールは高いし時間がかかる    

   ↓↓↓

動画で講師の実際の作業風景を見ながら真似することで、スキルが身につくカリキュラムです

パソコンやスマホにダウンロードすれば好きな時に学習が可能です。  書籍やネットには載っていないやり方、プロならではのコツなどもお伝えしています。


-----------------------------------------------------------------------------

<このコースで学べること> 
コピースタンプツールやスポット修復ツールの使い方を中心に、プロが実際に使用している方法や、肌レタッチのコツやポイントについて学ぶことができます。



<このような方を対象にしています> 

①上級者へスキルアップしたい方
②広告写真に通用するレタッチ方法を学びたい方
③ペンタブレットの使用に興味がある方

※ツールの基本から操作説明していますし、シンプルなテクニックですので、Photoshop初心者の方もトライできます!ご受講お待ちしています!!


<参加条件>
①Photoshopをお持ちの方
 (可能ならば最新版推奨。各ツール、バージョンによる性能差が出る可能性もあります。)
②Photoshopの入門書や入門コースを軽く学んだことがある方
 (動画ではレイヤーやマスク、ブラシなどを利用します)

 -----------------------------------------------------------------------------

このコースでは、書籍やネットにはない情報肌レタッチのコツ、各ツールの使い方など、 私が日々、実際に使用している方法も含めてお伝えしたいと思います。


素材も配布します。( ライセンス購入して許可を得て配布しているものです  ※本コースでの学習以外での使用、又無断転載禁止 )

※公開時点で追加予定だったレクチャーはすべて追加しました!


****

まずは真似するところから始めましょう。 ツールの使い方はもちろんですが、肌をレタッチする時に私がいつも気をつけていること、大事にしていることを、みなさんにしっかりお伝えできればと思っています。


コースの最後には、素材とは別の写真を最初から最後までレタッチしている様子を収録したDemo動画もありますので、ぜひ、プロの実際の作業の様子を覗いてみてください。このコースが、皆さんのスキルアップの手助けになれば幸いです。


New ! 2018.11月更新
=========================
Photoshopのバージョンアップに伴い変更があった点、
追加機能についての補足説明を追加しました。

▼追加内容・場所は下記の通りです▼

(追加場所) Section 1最後
(追加内容)
・PhotoshopCC2019以降のバージョンをご利用の方へ_ショートカットキー仕様変更について

=========================



kotsume :-)

Who this course is for:
  • 基本的な肌の修正方法を知りたい方
  • 女性をより美しく見せるための美肌の作り方を知りたい方
  • ビューティーレタッチに興味のある方
  • スタンプツールやスポット修復ツールなど、修正ツールの基本を知りたい方
  • レイヤー構造、重ね方の基本を学びたい方
  • プロのレタッチ技術を見てみたい方
  • プロがレタッチをする時に大事にしているポイントを知りたい方
  • ペンタブレットの使用に興味がある方
Course content
Expand all 31 lectures 01:59:24
+ はじめに
6 lectures 12:03

まずはじめに、本コースで使用しているツールや受講条件などについて簡単に説明します。

Preview 01:57

本コースの内容は、マウスとペンタブレット、どちらでも対応しています。ただ、ペンタブレットの使用を推奨していますので、基本的にペンタブレットを使用して解説を進めていきます。なぜペンタブレットの使用を推奨するのか、ご説明します。

Preview 03:19

高価格で高機能なペンタブレットが必要かどうかについて、詳しく解説しています。

Preview 03:08
【ダウンロード用】写真素材
00:12
PhotoshopCC2019以降のバージョンをご利用の方へ_ショートカットキー仕様変更について
00:08
+ < Lesson 1 目立つところから綺麗にする >
4 lectures 17:18

まずはじめに素材画像を開き、新規レイヤーを作成します。

Preview 02:38

まず一番はじめに、ほくろを消す作業を行います。スポット修復ツールの実践的な使い方について学びましょう。

L1-2 / スポット修復ツールでほくろを消す
04:47

新規レイヤーを作成して処理を進める理由について解説します。

L1 補足① / なぜ新規レイヤーを作成するのか?
04:30

Lesson1の補足説明です。スポット修復ツールの基本的な使い方について、詳細を解説します。

L1 補足② / スポット修復ツール詳細
05:23
+ < Lesson 2 目立つところから綺麗にする2 >
6 lectures 20:03

肌のレタッチにおける不要物、具体的にどこを消していけばいいのかを考えてみましょう。

L2-1 / 新規レイヤーを作成・不要物とは?
02:51

細かくレタッチする必要がない場合もあれば、かなり細かいところまでレタッチする必要がある場合もあります。まずはどこまで丁寧なレタッチをしなくてはいけないのか、ということを判断します。

L2-2 / どこまで細かくレタッチするか
02:53

再びスポット修復ツールを使用し、全体を見た時に目立っている場所から不要なものを消していきます。

L2-3 / スポット修復ツールで不要物を消す
03:55

スポット修復ツールを使用して、目立つところを綺麗にしていく作業の後編です。

L2-4 / スポット修復ツールで不要物を消す 〜 後編 〜
04:41

作業の区切りの良いところで必ず、保存をするようにしておきましょう。

L2-5 / 一時保存
03:03

Lesson2の補足説明です。本コースでは、レイヤーを細かく分けて作業を進めていきます。なぜレイヤーを分ける必要があるのか、その理由について理解しましょう。

L2 補足 / 細かくレイヤーを分ける理由
02:40
+ < Lesson 3 さらに細かなレタッチをする >
7 lectures 35:20

まずは簡単に、コピースタンプツールの使い方を覚えましょう。Lesson3の最後に補足として、より詳細な使い方について解説しています。

Preview 03:38

コピースタンプツールを使用する時の実践的なポイント、コツなど。

L3-2 / コピースタンプツールでより細かなレタッチをする 〜 前編 〜
04:59

コピースタンブツール作業の後半です。かなり地味な作業の繰り返しですが、その積み重ねで綺麗な肌を作り上げることができます。

L3-3 / コピースタンプツールでより細かなレタッチをする 〜 後編 〜
07:51

全体をもう一度引きで確認し、コピースタンプツールを使用してさらに気になる箇所を綺麗にしていきます。

L3-4 / コピースタンプツールでさらに気になる箇所を綺麗にする
02:59

Lesson3の補足説明です。常に、必ずオリジナル(レタッチ前)の写真と比較しながら作業を進めていきましょう。レタッチをする時にプロが大切にしていることなどをお話します。

L3 補足① / オリジナルと比較しながら作業する
04:51

コピースタンプツールの使い方詳細、前編です。不透明度や流量について、詳しく解説しています。

L3 補足②-1 / コピースタンプツールの詳細 〜 前編 〜
05:38

コピースタンプツールの詳細、後編です。調整あり、サンプルについてなど。便利なショートカットキーについての解説です。

L3 補足②-2 / コピースタンプツールの詳細 〜 後編 〜
05:24
+ < Lesson 4 最後の仕上げをする >
4 lectures 18:27

肌をなめらかにする方法①、コピースタンプツールとマスクを使用したやり方、前編です。

L4-1 / コピースタンプツール+マスク ( 肌をなめらかに①前編 )
05:40

肌をなめらかにする方法①、コピースタンプツールとマスクを使用したやり方、後編です。

L4-2 / コピースタンプツール+マスク ( 肌をなめらかに①後編 )
04:38

ぼかしツールを使用して、仕上げる方法をご紹介します。

L4-3 / ぼかしツール+マスク ( 肌をなめらかに② )
06:59

①、②の方法で仕上げ作業をする時のポイントについて解説しています。

L4 補足 / 仕上げる時のポイント
01:10
+ レタッチをする時のコツやポイント
3 lectures 13:27

レイヤーをどのように重ねていったらいいのか、注意点などを解説しています。

レイヤーの重ね方について
05:02

レタッチをし過ぎたときの、調整方法、裏技をご紹介します。(前編)

レタッチしすぎた場合の調整方法 〜 前編 〜
06:42

レタッチをし過ぎたときの、調整方法、裏技の後編です。

レタッチしすぎた場合の調整方法 〜 後編 〜
01:43
+ < Demo >
1 lecture 02:46

基本的に本コースと同様の方法でレタッチしています。一部、本コース内容外の追加処理をしていますが、簡単に補足説明をしています。

Preview 02:46