文章術シリーズ1 小論文の基礎 パラグラフ・ライティング入門 国際標準のライティング技術で文章の説得性を大幅にアップ!
4.3 (39 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
206 students enrolled

文章術シリーズ1 小論文の基礎 パラグラフ・ライティング入門 国際標準のライティング技術で文章の説得性を大幅にアップ!

日本の義務教育では学ばないパラグラフ・ライティングのスキル。「人に納得してもらうために書く」文章には必須。入試の小論文、大学のレポートや論文、社会人の報告書・提案書・仕様書など、どんなケースにも応用可。文章力アップでライバルに差をつけよう。
4.3 (39 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
206 students enrolled
Last updated 4/2018
Japanese
Current price: $13.99 Original price: $19.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 1 hour on-demand video
  • 5 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Assignments
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 世界標準の文章技術であるパラグラフ・ライティングのスキルが身に付きます。
  • より論理的で説得力のある文章の執筆ができます(ただし当コースで学ぶのは短文)。
  • 文章を書く時間が短縮され、文章作成作業が効率的になります。
  • 外国人(特に欧米系の教育を受けた人)とのコミュニケーションがスムースになります。
  • 仕事で書く文章が今までと同じ内容であっても説得性が増し、評価が高くなります。
  • 同じ情報をまとめても、分かり易く説得力のある文章が書ける分だけ、ライバルに先んじることができます。
Requirements
  • 受講には特に必要な条件などはありません。
Description

この講座は書籍『小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳』の著者が講師となり、読みやすく説得性の高い文章を書くのに有用なパラグラフ・ライティングについてレクチャーします。講師は、実務において報告書や企画書(提案書・プロポーザル)の執筆の経験が豊富で、同時に大学の客員教授として修士・博士課程の指導や論文審査を行っています。

豊富な実例で小論文・論文やレポートなど、他人を説得するための文章を書く時の基本であるパラグラフ・ライティングのコンセプトを学び、演習を通してスキルを身につけましょう。文章力が向上すれば、同じ情報に基づいて書く文章であっても説得性が高くなり、このスキルを知らない人よりも良い評価を得られる可能性が高くなります。

パラグラフ・ライティングのスキルを身につけると、

  1. 文章の主張や論理性が明確になり、説得力が高くなります。
  2. 段落ごとの主題をまず明確にする習慣が付くので、速く正確に文章が書けるようになります。
  3. 海外の文章の多くはパラグラフ・ライティングのスキルを前提としていますから、外国人とのコミュニケーションも容易になります。

「自分は国語が得意だったので、文章は大丈夫」と思うのは間違いです。読者を納得させるためのパラグラフ・ライティングのようなスキルは、日本の国語教育のカリキュラムには入っていません。

国際化が進みつつある現在、外国人向けの文章には必須のパラグラフ・ライティングのスキルを身につけて、コミュニケーション力もアップしましょう!(この講座には英語での文章の書き方は含まれていません。)

説得性の高い文章の事例

例1と例2を比べてください。例1は間違ってはいないものの何を言いたいのかが明確でないことがわかると思います。これに対し例2は趣旨もわかるし、説得力がある文になっているのがわかります。実は例2はパラグラフ・ライティングのルールに沿って書いた文です。このようなルールさえ覚えておけば、自分の書いた文がルールにのっとっているかどうかをチェックするだけで、かなり客観的に見て説得力のある文を書けるようになります。

例1

「バオバブはアフリカ大陸には1種類だけが分布しているが、マダガスカルにはさらに7種、そしてオーストラリアには2種が分布している。バオバブの不思議な形はあちらこちらで神話や伝説を生み、サン=テグジュペリの有名な小説、『星の王子様』にも登場する。そしてバオバブは樹皮がロープに、葉は野菜として、そして実は飲料に用いられている。」

例2

「バオバブは多目的に使われる木である。では実際にバオバブがどのように使われているか見てみよう。西アフリカでは、幹の下の方の樹皮がはがれたバオバブの木をよく見かけるが、これは現地の人たちがバオバブの皮をはいでロープにしているためである。またバオバブの葉は食用となり、緑色のソースを作るのに使われている。そして実はビタミンCが豊富で、種子の周りについた部分を水に溶かし、砂糖を加えた飲み物が売られている。このようにバオバブの木は、人々によって道具としても、食用としても、いろいろな用途で使われている。」

この講座でカバーされていないこと

説得性の高い文章を書くためには多くの要素がかかわってきます。この講座ではその一部だけを取り上げています。ご自分のニーズに合っているかを確かめた上で受講ください。

この講座で扱うスキルはパラグラフ(段落に相当)の構成の仕方までです。通常の文章はもっと大きく、多数のパラグラフからなりますが、大きな文章の構成についてはこの講座では触れていません。

小論文を書くためのテーマの選び方のように、「何を書くか」ということもこの講座では触れていません。

講座は動画とサンプルのPDFファイルから構成されています。動画は音声だけ聞いていただければ基本的なことはわかるように作ってあります。通勤途中などにイヤホンでご利用ください。

今後の文章術シリーズについて

この講座は「文章術シリーズ1」となっているのでもお分かりのように、今後リリースする予定の続編講座のいわば、準備講座という位置づけです。この講座を受講するだけでも、段落の数が少ない短い文章の作成スキルは向上しますが、大きな文章を効率よく、説得性を持って執筆するためのスキルは今後の講座で紹介する予定です。

現在開講中の講座としては以下があります。本講座で紹介するスキルを身につけていることが、以下の講座の前提となります。

「文章術シリーズ2 アウトラインを鍛えて、よどみなく流れる説得力の高い文章が書けるようになろう」

Who this course is for:
  • 大学受験や就社試験で小論文を書く人
  • 報告書や企画書、仕様書などを書く必要がある社会人
  • 商品レビューなどを書くブロガーの方
  • 旅行・グルメなどのコンテンツを雑誌やWEB用に書くライターの方
  • 「もっと分かり易い文章を書きたい」と思っているお役所の方
  • 入試のための小論文の書き方を指導する学習塾の先生
  • 海外留学や海外勤務を予定している方
  • 文章力で、競争力を向上したいと思うビジネスパーソン
Course content
Expand all 18 lectures 01:05:05
+ この講座で何を学ぶか
5 lectures 16:48

このコースで学ぶ目的は、説得力の高い文章を構成するための基本技術である、パラグラフ・ライティングを学ぶことです。

Preview 02:05

このコースでは、学術論文や業務上のレポートなど、大きな文章を題材としては取り上げていません。大きな文章を作るための基礎知識であるパラグラフ・ライティングに特化して説明しています。

Preview 01:05

パラグラフは英語で paragraph。元々は日本語の段落と同じような「文章のくくり」を意味しています。しかし、パラグラフ・ライティングと言った時には、特定の構造を持った段落のことを指します。日本語の段落には意味段落と形式段落があり、パラグラフは意味段落に近い概念ですが、大きな違いがあることがわかります。

Preview 02:39

国語ができることは、必ずしも説得力の高い文章を書くことには繋がりません。文学的素養と、「読解力」を鍛えることを前提とした日本の国語教育と、パラグラフライティングとは、全く異なった技術です。

Preview 08:41

パラグラフ・ライティングは、意見交換を行う時に必要な「あなたの意見も筋が通っている」と思ってもらえる、いわば議論の前提をしっかりと作り込む技術です。

Preview 02:18

パラグラフライティングでは、読みやすさ、分かり易さ、説得性の高さを作り出す責任は読者ではなく、すべて筆者にあります。

説得力の高い文章を書くのはだれの責任?
2 questions
+ 文章の基本はパラグラフ パラグラフの作り方
8 lectures 29:08

一つのパラグラフは必ず一つの主題(トピック)を含んでいます。トピックが不明確なパラグラフや、複数のトピックが混在するパラグラフは説得力の低いものになります。

悪いパラグラフの例から、良いパラグラフの例までを段階的にサンプルを示すファイルをダウンロードしてご覧ください。

1つのパラグラフに1つの主題
05:22

一つのパラグラフの主題を一言で表したのがトピックセンテンスです。このレクチャーではトピックセンテンスの意味、重要性などが明確になります。

トピックセンテンス
06:21

パラグラフを構成するのはトピックセンテンスに加えてセカンドセンテンス、サポーティングセンテンス、コンクルーディングセンテンスなどがあります。このレクチャーでは一つのパラグラフがどのようなセンテンスで構成されるかがわかります。

パラグラフを構成するセンテンスの種類
02:25

トピックセンテンスの情報、つまりそのパラグラフのトピックを説明する、あるいは証明するのがサポーティングセンテンスです。

サポーティングセンテンスの書き方
02:18

サポーティングセンテンスを書く場合は、すべてのサポーティングセンテンスが一定のルールに基づいて並ぶように工夫してください。

サポーティングセンテンスの構成
04:04

セカンドセンテンスはトピックセンテンスとサポーティングセンテンスの間に入ります。その機能は、読者の読みやすさを助けるものです。

セカンドセンテンス
03:10

パラグラフの最後に置かれ、文字通り「まとめ」に使われたり、次のパラグラフへの繋がりを作るのに使われたりするのがコンクルーディングセンテンスです。

コンクルーディングセンテンス
04:43

トピックセンテンス、セカンドセンテンス、サポーティングセンテンス、コンクルーディングセンテンスの4つの構成を理解しましょう。事例がダウンロードできますので、ぜひ目を通してください。なお、この事例ファイルはレクチャー6のものと同一ですから、既にダウンロードしてお手元にある方は、再度ダウンロードする必要はありません。

4種類のセンテンスのまとめ
00:45

パラグラフの作り方を整理します。

パラグラフの作り方のまとめ
3 questions
+ パラグラフの間の繋がりを作る
3 lectures 11:58

この講座では大きな文章の作成を前提としていませんが、実際には単独のパラグラフで文章が完結することは稀で、複数のパラグラフからなるのが一般的です。複数のパラグラフの関係性を表すのがアウトラインです。パラグラフライティングの技術においては、トピックセンテンスを取り出して並べたものがアウトラインになります。

複数パラグラフの流れを作るのに必要な概念がアウトライン
02:44

複数のパラグラフがある場合は、パラグラフの間の関係づけを読者にわかるようにすることが大切です。もっとも一般的な方法は、キーワードを前後のパラグラフで共有することです。一方、「この」「その」といった指示代名詞は、何を指しているかが明確でない場合が多く、読者が迷いますから、できるだけ使わないようにします。事例をダウンロードしてご覧ください。

パラグラフの繋がりを作る
03:42

複数のパラグラフを繋ぐのに、よく接続語がつかわれます。接続語は前後のパラグラフの関係性を示す語で、適切に使うと文章が読みやすくなり、よどみない流れを作ることができます。その一方で「しかし」の多用や誤用には気を付けましょう。事例をダウンロードしてご覧ください。

接続語の使い方
05:32
+ 文章をより良くするために
1 lecture 03:59

文章の流れにふさわしくないセンテンスやパラグラフは入れてはいけません。仮に正しい情報であったとしても、文章の流れの中に入らない情報は「不要な情報」です。文章の説得性や読みやすさを下げますから、取り除きましょう。例をダウンロードしてご覧ください。

論理の流れに入らないセンテンスやパラグラフはあえて落とす
03:59
複数パラグラフで構成する文章
1 question
+ 参考書の紹介と演習の勧め
1 lecture 03:12

パラグラフライティング上達のためには繰り返し演習を行うことをお勧めします。講師の執筆した書籍『小論文・レポートの書き方 パラグラフ・ライティングとアウトラインを鍛える演習帳』の巻末には演習問題が収録されていますので、ぜひご利用ください。

また、演習としてパラグラフを一つ作ってください。添削させていただきます。演習のお題は「健康に良い食べ物」とします。お好きな食べ物を一つ選び、その食べ物がどのように健康に良いのかをトピックセンテンスとしてください。そして、それを説明するあるいは証明する情報を、サポーティングセンテンスとして書いてください。サポーティングセンテンスの数は3つを目安とします。セカンドセンテンスとコンクルーディングセンテンスは、任意とします。

出来れば他の受講者も見ることができるようにしてください。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、お互いの参考にもなると思います。

なお、パラグラフ・ライティングを学んだ方の次のステップとしてアウトラインに関するコースも設けています。以下のリンクから受講されますと割引が適用されますので、ぜひご利用ください。

https://www.udemy.com/outline_mode/?couponCode=OUTLINE1200

参考書と演習問題
03:12
試しにパラグラフを一つ作ってみてください。添削させていただきます。
パラグラフ作成演習
1 question