Jupyter Notebook入門 - Pythonで計算、グラフ、画像表示、CSV読み込みからスクレイピングまで

Jupyter Notebookの基礎を、実際に操作しながら短時間で学びます。Jupyter Notebookが初めてでもわかるように、順を追って説明します。クラウド環境でJupyter Notebookをしますので、すぐに取り組めます。
Rating: 3.5 out of 5 (140 ratings)
1,767 students
Jupyter Notebook入門 - Pythonで計算、グラフ、画像表示、CSV読み込みからスクレイピングまで
Rating: 3.5 out of 5 (140 ratings)
1,767 students
Jupyter Notebookの簡単な基本
Jupyter NotebookでPythonコード実行
Jupyter Notebookでグラフ表示
Jupyter Notebookで画像表示
Jupyter NotebookでCSV読み込み
Jupyter Notebookでスクレイピング

Requirements

  • プログラミングに対する興味
  • Jupyter Notebookに対する興味
  • パソコン(Mac、Windowsどちらでも)、またはタブレット端末
  • Webブラウザ
  • 開発環境としてブラウザで利用できるPaizaCloudを使います。(無償、講義の中で利用方法を解説します)

Description

はじめてJupyter Notebookを学ぶ、初心者向けの講座です。

この講座は、Mac、Windowsなど関係なく、ブラウザのみで受講できます。

Jupyter Notebookのようなプログラム実行環境を学ぶ場合、実際に手を動かしてプログラムを動かし、感触をつかんでいくことが大切です。

ただ、はじめての場合に難しいのが、開発環境の構築です。環境構築で疲れてしまって、開発がはじめられないのでは本末転倒です。

そこで、ここでは、クラウドIDE(PaizaCloud)を使って、ブラウザ上でJupyter Notebookを学びます。PaizaCloudは日本語に対応しており、インストールなどの環境構築をしなくても、ブラウザだけで簡単にJupyter Notebookでの開発ができます。

ここでは、最短わずか30分でJupyter Notebookでの、計算、グラフ表示、画像表示、CSV読み込み、スクレイピングなどの手順を説明します。

この講座では、Jupyter Notebook, Python3、matplotlib、NumPy、Pandas、lxml、PILを利用します。


Who this course is for:

  • Jupyter Notebookの初心者向け講座

Course content

3 sections • 13 lectures • 37m total length
  • はじめに
    03:51

Instructor

Software Engineer
PaizaCloud PaizaCloud
  • 3.5 Instructor Rating
  • 949 Reviews
  • 15,581 Students
  • 7 Courses

Gino, Inc. have a mission to give more chances to learn and succeed.

For the mission, we are providing skill check service, job matching service, or programming learning service.

We'll make the world where individuals find the best place.

Gino, Inc. provides an online job matching service paiza based on programming tests for software engineers, and web-based online coding environment paizaIO for 20+ languages.


ギノ株式会社は、「日本のIT/WEBエンジニアを世界レベルに引き上げる」というミッションを掲げ、エンジニアのスキルの可視化、転職支援、スキルアップの為の学習をサービスとして展開しています。

■私たちが実現したい事
米国では映画「ソーシャルネットワーク」でザッカーバーグが主人公として映画にスーパースターとして登場しますが、日本ではそのような形でエンジニアが映画に出てくることはほとんどありません。少子高齢化で労働人口が減る日本が今後世界で生き残っていくためには、エンジニアがもっと活躍する環境に変えていかなければいけないと私たちは考えています。エンジニアの社会的地位を高め、よりエンジニアが活躍できる環境を作っていく事で、日本のエンジニア有り方を変えていきたいと思っています。

■直近の取り組み
直近の取り組みとしては3分動画+オンライン実行環境+豊富な練習問題による、プログラミング学習環境の開発を急ピッチで進めており、今後ゲーミフィケーションを取り入れた新しい学びの形の創造に取り組んでいます。

「得意が伸びる社会を創る」というビジョンの元、一人一人が自分の得意領域を伸ばして適材適所となる社会の実現を目指します。