日系Q&A12  再編、撤退、M&Aその1 海外ビジネスで注意すること
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
8 students enrolled

日系Q&A12  再編、撤退、M&Aその1 海外ビジネスで注意すること

再編、撤退、M&Aというステージで日系企業が抑えなくてはいけないこと、知らなくてはいけないことを斬ります
0.0 (0 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
8 students enrolled
Last updated 4/2019
Japanese
Current price: $13.99 Original price: $19.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 1 hour on-demand video
  • 1 downloadable resource
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 海外ビジネスでの大事な場面で知らなくてはいけないこと
  • 会社全体を俯瞰しつつ、各部門の業務のマネジメント手法を習得
  • 海外子会社経営における関係当事者との折衝方法
  • 会社の規模、業種、業態を問わず、日系企業の海外ビジネス運営上における共通な問題点とその対応策のヒント
  • CEOやCFOの立場に立った物の見方や考え方を知る
Requirements
  • 海外ビジネスに従事する方なら対象となります
Description

日系Q&Aという形式で、日本の本社が知りたいこと、駐在員が抑えたいこと、本社の社長や取締役会がきちんと把握して置きたいことについての説明をします。


今回は、再編、撤退、M&Aに関するQ&Aです。

このQ&Aを通して、海外子会社経営を俯瞰していきます。


これまで日系企業の方からご質問を頂いたことから、日系の事例を踏まえて留意点について説明させて頂きます。

具体的には:

  1. 講師本人からのご挨拶 

  2. 講座の進め方  Q&A形式など

  3. Q&A  撤退には時間がかかると言われていますが、なぜそんなに時間がかかるのですか?時間を要するということは余計にコストもかかるということですか?

  4. Q&A  デューデリジェンスはひとつだけではない、いろいろと知って置かないといけない、と言いますが、どういうことですか?

  5. Q&A  設立の際には、撤退も考慮して設立すべき、と言いますが、どういうことですか?

  6. Q&A  相手方が紹介した不動産鑑定士は使わないほうがいいというのは当たり前のことなにに、なぜそのことを敢えて言及するのですか?

  7. Q&A  専門用語知らないと話についていけないので、専門用語をいくつか教えてください。

  8. Q&A  交渉事になるので、コスト面、効率性、経営的にもやはり社長が全面に出るのが一番いいとのことですが、詳しく説明してください

      


言語に惑わされず、しっかりと本当の情報を把握するためのノウハウを習得します。

海外事業、海外ビジネスにおいて、下記の現地関係当事者と折衝する際の基礎ノウハウを習得します。

関係当事者

  1. 現地の従業員の方

  2. 現地政府機関

  3. 現地会計士

  4. 現地弁護士

  5. 現地委託先(製造、販売、ITその他)

  6. 現地出資者


本社から見て、

  1. 現地駐在員に任せていることは何なのか

  2. 任せていることをどうモニタリングしているのか?


現地駐在社長から見て、

  1. 現地従業員に何を任せているのか

  2. 任せている内容を十分に理解しているのか

  3. それを十分に理解し把握するにはどうしたらよいか?


上記の問題を全て解決するために、

  1. 組織図アプローチ

  2. 会社ライフサイクルアプローチ

  3. 資金循環アプローチ

の3つのアプローチを頭に入れながら、問題解決手法のノウハウを習得します。

Who this course is for:
  • これから海外ビジネスでの撤退を考えている方
  • 海外事業でのM&Aに興味のある方
  • 海外ビジネスの再編を考えている方
  • 本社取締役会
  • 大学生で海外ビジネスの興味のある方
Course content
Expand 8 lectures 53:28
+ 再編、撤退、M&Aに関わる大事な話
8 lectures 53:28

ご挨拶させて頂きます。


Preview 01:16

Q&A形式であることの説明をさせて頂きます。

Preview 02:39

DDにもいろいろとあること、目的をはっきりさせる重要性について説明させて頂きます。

Q&A   デューデリジェンスはひとつだけではない、いろいろと知って置かないといけない、と言いますが、どういうことですか?
09:07

撤退を意識しないと、あとで大変なことが起きるということを説明させて頂きます。

Q&A    設立の際には、撤退も考慮して設立すべき、と言いますが、どういうことですか?
07:24

当たり前のことながら、重要なことであることから再度説明させて頂きます。

Q&A   相手方が紹介した不動産鑑定士は使わないほうがいいというのは当たり前のことなにに、なぜそのことを敢えて言及するのですか?
07:07

専門用語のご紹介と交渉することの大切さを説明させて頂きます。


Q&A   専門用語知らないと話についていけないので、専門用語をいくつか教えてください。
08:20

社長が出るといい意味について説明させて頂きます。

Q&A   交渉事になるので、コスト面、効率性、経営的にもやはり社長が全面に出るのが一番いいとのことですが、詳しく説明してください
06:31