ブルースギター入門

無料ギターレッスン!ブルースギター入門コース。
Rating: 3.8 out of 5 (18 ratings)
1,293 students
Japanese

Eブルースのバッキング、ターンアラウンド、フレーズを覚える
ブリッジミュート、オクターブ演奏、ボリューム演奏など、中級者以上のテクニックを覚える
ジミヘンやSRVの曲の一部を覚える
ペンタトニックスケールをよりかっこよく弾く方法を覚える

Requirements

  • ギターをもっていること
  • やる気
  • 根気
  • 聞く気

Description

ブルースはシンプルですが奥が深い音楽です。 また様々なスタイルがあります。 特にフィーリングが重要な音楽ですので実際に好きなアーティストを沢山きくことがまずは重要です。

このコースでは、ジャムセッションなどで実際に使えるように、バッキングの基本から練習していきます。 人と一緒に音を合わせるには、いい伴奏が出来ることが必須です。 また、いいリズムを習得することは、いいソロを弾くことにも繋がります。

アドリブソロを弾くのも、これが正解というものはありませんが、楽しんで色々試してみましょう!

In this blues guitar lesson, guitarist, Taka Mori will teach the blues in E. He will first go over how to play blues backing, turnaround, and solos in E. After getting the hang of the blues, we will introduce more advanced topics like octaves, bridge mute, volume play, and how to use the wah pedal. We will also go over the pentatonic scale in detail so that you can play it more like a professional. We end the lesson series with a some songs by Jimi Hendrix and SRV.

Have fun and keep playing!

Who this course is for:

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

Course content

2 sections23 lectures3h 20m total length
  • ブルースバッキング基礎 1
    09:49
  • ブルースバッキング基礎 2
    06:32
  • ブルースターンアラウンド
    10:03
  • バッキングにフレーズを入れてみよう
    08:49
  • Eブルース 応用編 パート1
    09:51
  • Eブルース 応用編 パート 2
    11:13
  • Eブルース ソロギタースタイル 応用編 デモ演奏
    01:13
  • ブルースで使うコード パート1
    06:25
  • Eブルース・ソロギター
    00:54
  • 4つの音を使ってアドリブをしてみる
    04:11
  • B.B.King ハイノートの弾き方
    03:06

Instructor

ロサンゼルスで活躍中の日本人ギタリスト・森孝人からの、オンラインのギターレッスン
森 孝人
  • 3.8 Instructor Rating
  • 18 Reviews
  • 1,293 Students
  • 1 Course

兵庫県尼崎市生まれ。その後、ナイジェリア、オーストラリアなど、海外に多く暮らす。

クラシックピアニストの母親と、音楽好きであらゆるジャンルのレコードを所蔵していた父親の影響で幼少期より音楽に囲まれて育つ。

17歳の時、日比谷の野外音楽堂にてジャパンブルースカーニバルでブルースギタリストのBuddy Guyの演奏を目の当たりにする。その時感激したのがきっかけでギタリストになりたいと思う。

その後、早稲田大学に入学。ブルース、ロックなどをバンドで演奏するようになる。その間、音楽学校にて音楽理論を中心に2年間学ぶ。都内のライブハウス、ライブバーなどで活動。

25歳頃より、当時一緒に活動していたAnn Sally(vo)のメジャーデビューによって、様々なレコーディングやライブの仕事をするようになる。 Ann Sally、noon(vo) Chie(vo) などのアーティストのサポートで、ジャズフェスティバル、FMの生放送などでも演奏。

2002年には、KOTEZ&Yancyのサポートで自分がギターを始めるきっかけになったブルースカーニバルにて演奏。まさにきっかけになったBuddy Guyと同じステージに立つことになる。 その後もジャズ、ファンク、ブラジル音楽など様々な要素を取り入れつつ活動。

2005年には、RipSlymeのZepp東京でのクリスマスコンサートにて演奏。

2006年以降は、ジャズのフィールドで主に活動。酒井潮(org)、古澤良治朗(drs)、峰厚介(ts)などの日本のジャズの巨匠のほか、金子雄太(org)、河合大介(org)、西川直人(org)など多くのミュージシャンと仕事をする。 当時の東京の音楽シーンで知る人ぞ知る、Jackazz(ファンク系ジャムバンド)、椎名達人グループ(ジャズ系汎ブラックミュージック即興バンド)、鈴木潤&東京ファンキーエレベーターミュージックオールスターズ(インストレゲエバンド)などでも活躍。

2008年よりLAに拠点を移す。 LAではMichel’leやChico DeBargeなどのR&Bアーティストのバンドをはじめ、ジャズ・バイブ奏者Onaje Murrayのバンド、黒人教会でのゴスペルバンドなどで活動中。 最近はフィリピン系のミュージシャン達(Joey Albert, Martin Nievera etc) のコラボも多く、2012年7月には、Hollywood BowlでのBlack Eyed PeasのメンバーApl.de.apのコンサートにも参加。