LINEで順番待ち。順番待ちLINEボットの作り方講座
4.7 (13 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
97 students enrolled

LINEで順番待ち。順番待ちLINEボットの作り方講座

プログラミング未経験の方でも動画をみながら簡単に作れます。
Bestseller
4.7 (13 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
97 students enrolled
Created by Taka pon
Last updated 6/2020
Japanese
Current price: $55.99 Original price: $79.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 1.5 hours on-demand video
  • 1 article
  • 3 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • messaging api
  • Googleスプレッドシート
  • Google apps script
  • LINEBOTの公開方法
  • LINEログイン
Requirements
  • LINEを利用している方
  • その他特別な知識は必要ありません。
Description

今回のコース「順番待ちLINEボット」は他のコースを受講していただいた複数名の方から

「LINEのUserID、プロフィール画像、などを取得する方法が知りたい」

とのリクエストをいくつかメッセージをいただきましたのでコースを作りました。


今回のコースを作成するにあたって、ただプロフィール情報を取得する方法だけを紹介するコースでは面白くないと思ったので、「取得した、プロフィール情報を何に使おうか?」と考えていたところ、

最近ウィルスの影響で「人との距離をあけよう」といったニュースを観ました。

そこで、思いついたのが今回のLINE順番待ちボットになります。


お店などの公式ラインと友達登録をして、「予約」と送信すると送信した人のユーザー情報を取得して順番待ちをします。

それぞれのユーザーはUserIDを使用して個別に認識させています。

順番のお知らせはUserIDを使用していますので、個別にプッシュ通知の送信が可能です。


取得したLINEのプロフィール情報はGoogleスプレッドシートに書き出しますので、

GAS(Google Apps Script)と連携させています。


プログラミング未経験の方でもコードをダウンロードして利用していただけますので簡単に作成できます。


(このコースでの学習内容)

・LINE Botの作り方

LINE Botの作り方が学習できます。

・LINEアカウントのプロフィール取得方法

LINEアカウントのプロフィール情報の取得方法がわかります。

・Googleスプレッドシートとの連携

LINEとGoogleスプレッドシートの連携方法が学習できます。

Who this course is for:
  • LINE BOTを作りたい方
  • LINEアカウントのプロフィール情報の取得方法を知りたい方(UserIDなど)
  • Googleスプレッドシートを使いたい方
  • Google Apps Scriptの使い方
Course content
Expand all 28 lectures 01:26:18
+ はじめに
1 lecture 08:04

LINEのUserIDを取得する方法を学びながら作るボットのご紹介

Preview 08:04
+ Line Developersの利用登録
3 lectures 10:05

このセクションで行う作業内容

Preview 00:38

このレクチャーではLine Developersにアクセスして、プロバイダー・チャンネル登録をします

プロバイダー・チャンネル登録作業
05:37

messaging apiの設定方法の講座となります。

messaging apiの設定
03:50
+ Googleスプレッドシートの利用準備
3 lectures 03:22

このセクションでの学習内容の説明

Preview 00:38

LINEBOTで使用するGoogleスプレッドの作成

googleスプレッドシートの作成
01:00

Googleスプレッドシートのシートの追加、名前の変更します。

Googleスプレッドシートのシート追加
01:44
+ Google Apps Scriptの利用準備
3 lectures 04:22

このセクションで行うGoogle Apps Scriptの利用準備の流れについて

Preview 00:26

Google Apps ScriptとGoogleスプレッドシートの連携

Google Apps Scriptのプロジェクトの作成
00:36

Google Apps Scriptの保存、保存先などの説明

Google Apps Scriptの保存、保存先など
03:20
+ 順番待ちLINEBOTの実装方法
9 lectures 19:38

このセクションでおこなう作業内容の説明

Preview 00:26

GASにコードを実装します。

リソースから実装コードをダウンロードしてお使いください。

コードの実装
01:17

前回のレクチャーで実装したソースコードにスプレッドシートIDなどの情報を入力して、スプレッドシートと連携します。

実装の準備1 スプレッドシート連携
01:58

このレクチャーではLINEと連携します。

アクセストークンを入力します。

実装の準備2 messaging api連携
01:34

プッシュ通知用コードを実装します

リソースからソースコードをダウンロードしてお使いください。

実装準備3 プッシュ通知用コード
02:45

LINEと連携してLINEBOTを完成させます。

実装準備4 LINEと連携
03:19

順番待ちの動作確認

順番待ち登録の動作確認
02:13

スプレッドシートでのUserIDなどの取得の動作確認

スプレッドシートの動作確認
02:17

プッシュ通知の動作確認と通知方法

プッシュ通知の動作確認
03:49
+ 実装コードの解説
3 lectures 13:36

このセクションの説明

Preview 00:29

順番待ち登録部分の実装コードの解説

順番待ち登録の実装コードの解説
08:31

プッシュ通知の実装コードの解説

プッシュ通知の実装コードの解説
04:36
+ LINEログイン(WEB)の実装方法
5 lectures 26:03

このセクションの説明

Preview 00:52

LINEログイン(WEB)の動作確認と解説

LINEログインについての解説
01:44

LINEログインのチャンネル作成をします。

LINEログインのチャンネル登録
03:50

LINEログインで使用するLIFFアプリの設定

LINEログインのソースコードはリソースよりダウンロードしてお使いください。


<5月4日お知らせ>

・添付のhtmlファイルを使って「node-redでのLINEログイン実装方法を教えてほしい」とのリクエストを頂きました。

Q&Aにフローがありあすので、利用したいかはそちらをご覧ください。

LIFFアプリの設定
09:09

LINEログインの実装コードの解説

LINEログインの実装コードの解説
10:28