LINE Bot Designer & Node-REDで作る。ノンプログラミングLINEチャットボット
4.2 (42 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
201 students enrolled

LINE Bot Designer & Node-REDで作る。ノンプログラミングLINEチャットボット

LINE Bot Designerの使い方を学習して、Node-REDで実装するLINEチャットBOT
Bestseller
4.2 (42 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
201 students enrolled
Created by Taka pon
Last updated 6/2020
Japanese
Current price: $55.99 Original price: $79.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 5 hours on-demand video
  • 1 article
  • 10 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • line botdesigner
  • Node-RED
  • LINEBOTの公開方法
  • messaging api
  • Rich Menu API
Requirements
  • LINEを利用している方
  • その他特別な知識は必要ありません。
Description

ーーーーお知らせーーーーー

5月28日:Q&Aコーナーのセクションを追加しました。
こちらは皆様からいただいたご質問から一部、動画にて解説しております。

今後も拡充していきますのでよろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーー


今回のコースは他のコースを受講していただいた方、複数名の方から「LINE Bot Designerの使い方を知りたい」とのリクエスト

をいくつかメッセージをいただきましたのでコースを作りました。


実際に「LINE Bot Designer」はLINEBOTを開発する上では便利ですが、ネットでも情報が少なく、「実装する方法がわからない」との書き込みもいくつかみました。

LINE Bot Designerは簡単に色々なメッセージを作ることができ、プログラミングがわからない方でも画面をみながらメニューは作れます。

ただ、LINE Bot Designer単体ではLINEに実装はできません。

LINE Bot Designerはプログラミング初心者の方でも利用できますが、実装にはそれなりの知識が必要というアンバランスな関係です。


そこで今回プログラミングが全くできない方でも、「LINE Bot Designer」を使ってLINEBOTが作れるよう、ノンプログラミングで作るLINEBOTの作り方としてコースを作ってみました。

「LINE Bot Designer」を利用してノンプログラミングで作る方法としまして、Node-REDを使います。

Node-REDはブラウザ上で開発することができるツールです。

各ノード(機能)を線と線で繋げてアプリケーションを開発していくツールです。

「LINE Bot Designer」で作ったメニューをこのNode-REDで利用します。


今回このコース作る学習用のLINEBOTは「性格診断BOT」というBOTを作ります。

BOTから聞かれる4つの質問に答えていくと20パターンの性格を診断するBOTになります。

ただし、このBOTは性格診断と言っても心理学に基づいて性格を診断しているわけではなく、あくまでも今回のコースの学習用のBOTとなりますので、実際に「あなたの性格は****です」とメッセージはきますがその内容は関係ありません。

この完成したBOTをベースに、占いボット、簡単なチャットボット、キャラクター診断ボット、お店用のボットなど、ちょっとしたボットを作るベースとして利用できます。

質問を減らしたり、増やしたりなどもできますので、受講された方ご自身でカスタマイズしていっていただければと思います。


また、リッチメニューに関しては「line official account manager」で作ることはできますが、制限(決められたテンプレートなど)があり、自由度が高くありません。

自由度が高いリッチメニューを作るにはRichMenuAPIを利用する必要がありますので、Node-REDを使ってオリジナルのリッチメニューをノンプログラミングで実装できる仕組みも作りましたので、このコースで学習ながら利用していただければと思います。


(このコースでの学習内容)

・LINE Bot Designerの使い方

LINE Bot Designerで作れる全てのメッセージと実装する方法を学習できます。

・Node-REDでのLINEチャットBOTの作り方

Node-REDでノンプログラミングで作る簡単なチャットボットが作り方が学習できます。

・LINE RichMenuAPIを使ってオリジナルのリッチメニューが作れます。

ノンプログラミングで実装できる方法を学習できます。

Who this course is for:
  • line botdesignerに興味のある方
  • LINE BOTを作りたい方
  • 簡単なチャットボットをノンプログラミングで作りたい方
Course content
Expand all 38 lectures 05:04:59
+ はじめに
1 lecture 15:15

※4月27日

IBM CloudのNode-REDのインストール方法が変更になっため、

セクション1、2、3を変更しました。

マイクを変更しているので、他のセクションと比べて少し音量が大きくなっています。このセクションの内容説明

Preview 15:15
+ line developersへの登録
4 lectures 15:10

※4月27日

IBM CloudのNode-REDのインストール方法が変更になっため、

セクション1、2、3を変更しました。

マイクを変更しているので、他のセクションと比べて少し音量が大きくなっています。このセクションの内容説明

このセクションの説明
00:37

line developersにアクセスして、lineアカウントでログインします

line developersへのアクセス
02:17

line developersでLINE BOT作成に必要なプロバイダー、チャンネル作成をします。

line developersでプロバイダー、チャンネル作成
06:05

LINE BOTを作成で必要な設定をします

Messaging API の設定
06:11
+ Node-REDの利用準備
4 lectures 17:32

※4月27日

IBM CloudのNode-REDのインストール方法が変更になっため、

セクション1、2、3を変更しました。

マイクを変更しているので、他のセクションと比べて少し音量が大きくなっています。このセクションの内容説明

このセクションの説明
00:30

IBM Cloudでアカウント登録をします

IBM Cloudでアカウント作成
02:21

IBM CloudでNode-REDをインストールします

Node-REDのインストール
10:15

node-red エディタの設定をして使用できる状態にします。

Node-RED エディタ設定
04:26
+ line BotDesignerの使い方と利用方法
17 lectures 59:46

このセクションの説明

このセクションの説明
01:09

line BotDesignerをダウンロード、インストールします

line BotDesignerのダウンロードとインストール
03:52

line BotDesignerでの文字メッセージについての説明と使い方

line BotDesigner(文字メッセージについて)
01:12

line BotDesigner(動画メッセージについての説明と使い方)

line BotDesigner(動画メッセージについて)
02:36

line BotDesigner(音声メッセージについての説明と使い方)

line BotDesigner(音声メッセージについて)
02:38

line BotDesigner(イメージマップメッセージについての説明と使い方)

こちらのイメージマップメッセージですが、セクション8のQ&Aコーナーの動画にて詳しく説明していますので、

そちらも合わせてご覧ください。

line BotDesigner(イメージマップメッセージについて)
05:51

line BotDesigner(スタンプメッセージについての説明と使い方)

line BotDesigner(スタンプメッセージについて)
00:41

line BotDesigner(位置情報メッセージの使い方と説明)

line BotDesigner(位置情報メッセージについて)
01:47

line BotDesigner(ボタン型テンプレートメッセージの使い方と説明)

line BotDesigner(ボタン型テンプレートメッセージについて)
09:49

line BotDesigner(カルーセル型テンプレートメッセージの使い方と説明)

line BotDesigner(カルーセル型テンプレートメッセージについて)
02:48

line BotDesigner(確認型テンプレートメッセージの説明と使い方)

line BotDesigner(確認型テンプレートメッセージについて)
02:06

line BotDesigner(protopieメッセージの説明と使い方)

line BotDesigner(protopieメッセージについて)
04:09

line BotDesigner(リッチメニューの使い方と説明)

line BotDesigner(リッチメニューについて)
04:10

line BotDesigner(webアプリの使い方と説明)

line BotDesigner(webアプリについて)
03:01

line BotDesigner(フレックスメッセージの使い方と説明)

line BotDesigner(フレックスメッセージについて)
06:38

Flex MessageのレイアウトをよりカスタマイズできるFlex Message Simulatorを紹介させていただきます。

Flex Message Simulator

https://developers.line.biz/flex-simulator/

5/1追加:Flex Message Simulatorについて
04:14

line BotDesignerでのシナリオ作成

今回作るBOTのメニューを作っています。

教材をダウンロードしてください

line BotDesigner(シミュレーションについて)
03:05
+ Node-REDとLineを繋げる
4 lectures 46:03

このセクションの説明

このセクションの説明
01:21

Node-REDとLINEを繋げてオウム返しBOTを作ります。
教材をダウンロードしてください

Node-REDでLINEと繋げて「オウム返しBOTを作ります」
13:09

Node-REDとLINEが繋がっている仕組みついて学習します

Node-REDとLINEが通信する仕組みについて
22:53

Bot Designerで作ったメニューを実際に利用します。

ここでBot Designerで作ったメニューの使い道を学習できます

LINE Bot Designerで作ったメニュー利用してみます
08:40
+ 性格診断BOTを完成させよう
2 lectures 01:20:30

このセクションの説明

このセクションの説明
00:49

今回のBot Designer学習用のチャットボット(性格診断BOT)を完成させます。

ここでNode-REDを使って条件分岐などを学習していきます。

教材「質問フロー」をダウンロードしてください。

性格診断BOTを完成させる
01:19:41
+ Rich Menu APIを使って、LINEリッチメニューの作り方を学習します
2 lectures 46:56

このセクションの説明

このセクションの説明
00:41

LINE Bot Designerでリッチメニューを作り、Node-REDとRichMenuAPIを使ってリッチメニューの追加方法などの学習をします。

ダウンロード教材(リッチメニューフロー)をダウンロードしてください

リッチメニューの作成
46:15
+ Q&Aコーナー
3 lectures 22:49

イメージマップの取り扱い方について解説します。

動画内で使用した画像をリソースに追加しました。

Q1:イメージマップメッセージがうまく表示されない
09:36

連続メッセージの送り方を解説します。

Q2:連続したメッセージの送信方法
04:03

Node-REDで「友だち追加時」のみ送信させるメッセージの実装方法を解説します。

Q3:「友だち追加時」のみ送信されるメッセージの実装方法
09:10
+ 次のステップに
1 lecture 00:57
ボーナスレクチャー
00:57