デジタルトランスフォーメーション(DX)とサービスデザイン

顧客のデジタル革命の推進役となるために
Rating: 3.9 out of 5 (112 ratings)
805 students
デジタルトランスフォーメーション(DX)とサービスデザイン
Rating: 3.9 out of 5 (112 ratings)
805 students
デジタルトランスフォーメーション(DX)に関する理解を深めていただきます。
世界中の企業がDXを進展させる狙いやサービスデザインの重要性について学んでいただきます。
実践サービスデザイン講座のワークショップでは、顧客経験の設計手法を習得できます。
実践サービスデザイン講座のワークショップでは、参画型のプロジェクト推進を体験できます。

Requirements

  • 特に必要ございません。
Description

世界中でデジタルトランスフォーメーション(デジタル革命)が急速に進行しています。この時に求められるのはいわゆるSoEとよばれている中でも顧客に新しい経験を提供できる「攻め」のシステムです。

この様なシステムはSoRに適した従来型のシステム設計の手法では対応できません。本コースでは、最も重要となる要件定義のパートにおいて適用する「サービスデザイン」の手法について必要性を学習し、習得して頂きます。

なお、本コースは情報サービス産業協会(JISA)で開催する実践サービスデザイン講座に向けた事前学習教材です。講師は宗平順己氏が担当します。

■講師プロフィール

氏名:宗平 順己

京都大学理学部大学院中退後、総合電機メーカーを経て、1986年にオージス総研に入社。コンサルティング部長、ソフトウェア工学センター長を経て、2014/3/31まで取締役執行役員技術部長。

在任中は、クラウドインテグレーションセンター、アジャイル開発センター、エンタープライズオープンソースセンター、IoTセンター、データサイエンスセンターの技術系組織とビジネスイノベーションセンターのコンサルティング組織を率いる。

2014/4/1より株式会社ロックオン特別顧問 執行役員商流プラットフォーム事業本部長。

2016/10/1よりKyotoビジネスデザインラボ主宰し、デジタルリテールやIoT、Logistics4.0に代表されるデジタルトランスフォーメーションを専門研究分野としている。

主にIT投資マネジメント、IT統制、ビジネスモデリング、BPM、SOA、EA、BSC、サービスデザインに関する研究活動を行いながら、IT顧問として複数の企業のCIO/CDO補佐、CTO/CSO補佐の任に就く。

Service Design Network Japan Chapter 関西支部世話人 。

Who this course is for:
  • 情報サービス産業協会(JISA)で開催する実践サービスデザイン講座の受講者
  • 顧客のデジタル化推進を支援したいと考えている方
Course content
1 section • 7 lectures • 1h 40m total length
  • はじめに
    01:38
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)とは
    09:28
  • 製造業での事例(前半)
    16:05
  • 製造業での事例(後半)
    19:18
  • 流通業での事例
    28:10
  • デジタルトランスフォーメーションシステムのアーキテクチャ
    12:28
  • サービスデザインの必要性
    13:42

Instructor
情報サービス産業の調査研究、情報提供、教育・研修、国際交流、地域活動など
一般社団法人情報サービス産業協会 (JISA)
  • 3.9 Instructor Rating
  • 409 Reviews
  • 2,207 Students
  • 3 Courses

■設立

昭和59年6月18日 社団法人設立(通商産業省設立許可)(以下2団体の合併)

 社団法人日本情報センター協会   (昭和45年6月設立) 

 社団法人ソフトウェア産業振興協会 (昭和45年6月設立)

平成23年4月1日 一般社団法人へ移行(内閣総理大臣移行認可)


■主な事業

JISAは、情報サービス産業に関する以下の活動を行っています。

1.経営、技術、環境、貿易・投資等に関する調査研究

2.品質、生産性、信頼性、セキュリティ等に関する技術開発及び標準化

3.取引の高度化及び知的財産の保護

4.IT人材の育成及び地域の振興

5.多国間(WITSA、ASOCIO等)・2国間の交流・連携及びグローバル化対応

6.プライバシーマーク審査

7.関係機関等との情報交流・連携及び政府等への意見表明・具申

8.活動成果の普及及び刊行物の発行、定期ニュースの発信等関係情報の提供

9.地区会等の会員交流活動及び損害・生命保険、401K等の会員向けサービス