みんなのiOS講座 ゼロからSwiftで学ぶiPhoneアプリ開発の基礎
4.2 (319 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
1,672 students enrolled

みんなのiOS講座 ゼロからSwiftで学ぶiPhoneアプリ開発の基礎

【Swift4、iOS11対応】人気講師によるiOSアプリ開発講座がついに登場しました。基礎から少しずつ丁寧に解説をするため、プログラミング初心者にもおすすめです。AI、ARアプリの開発も行います。あなたの想像力を形にする術を学びましょう。
4.2 (319 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
1,672 students enrolled
Last updated 5/2020
Japanese
Price: $124.99
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 7 hours on-demand video
  • 5 articles
  • 53 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • iOSアプリ開発の基礎が身につきます
  • プログラミング言語Swiftの基礎が身につきます
  • iOSの様々な機能を実装できるようになります
  • さらに高度なアプリを開発するための下地が身につきます
  • 作りたいアプリを具体的にどのように実装するのか、想像できるようになります
  • アプリの開発力が大きく向上します
  • アプリ開発のモチベーションが向上し、オリジナルアプリを作ってみたくなります
Course content
Expand all 70 lectures 07:14:54
+ イントロダクション
4 lectures 10:42

このコースの概要を解説します。
各セクションの内容と全体の流れを簡単に説明します。

Preview 03:43

iOSアプリを取り巻く状況、及びiOSアプリ開発の全体像を解説します。

Preview 03:14

本コースで用いるプログラミング言語、Swiftの解説をします。

Swiftの概要
01:53

本コースをどのように学んだらよいのか、その指針を解説します。

学び方
01:52
+ 準備
3 lectures 19:33

開発環境であるXcodeのダウンロード及びインストールを行います。

Xcodeのインストール
01:46

シンプルなアプリを作成し、アプリ開発の最初の一歩とします。

最初のアプリ
14:18

iPhoneなどの、実機での動作を確認します。

実機での動作確認
03:29
+ アプリのUI構築
4 lectures 34:05

アプリの画面を構成する、Viewの概念を学習します。

View
06:44

各画面を制御するViewController、および各画面間の遷移について学習します。

ViewControllerと画面遷移
10:16

Autoresizingによる、比較的シンプルな画面レイアウト方法を学習します。

Autoresizingによる画面レイアウト
07:06

AutoLayoutにより、複雑なレイアウトを実現する方法を学習します。

Preview 09:59
+ Swiftの基礎
23 lectures 01:49:16

let(定数)とvar(変数)の概念を学習します。

letとvar
05:23

基礎的な演算、四則演算を学習します。

四則演算
04:31

コードを安全に保つために重要な、nilとオプショナル型について学習します。

nilとオプショナル型
04:23

文字列を用いて、文章を扱う方法を学習します。

文字列
04:30

値を比較し、結果をBool値で取得する方法を学習します。

Bool値と比較演算子
05:56

ifを用いる分岐について学習します。分岐の判定にはBool値を用います。

分岐
04:15

配列を用いて、複数の要素を効率よく管理する方法を学習します。

Preview 04:55

ディクショナリを用いて、データをキーとともに効率よく管理する方法を学習します。

ディクショナリ
05:54

ループの概念を学習します。繰り返す処理を効率よく記述できるようになります。

ループ
03:58

ループと分岐の組み合わせについて学習します。より複雑なロジックが記述できるようになります。

ループと分岐の組み合わせ
03:18

関数とスコープの概念について学習します。一連の処理をまとめて、繰り返し利用できるようになります。

関数とスコープ
04:37

引数と返り値の概念を学習します。関数と外部で値のやりとりが可能になります。

引数と返り値
04:43

クラスとインスタンスの概念を学習します。再利用可能で構造化されたコードが書けるようになります。

クラスとインスタンス
04:05

インスタンスプロパティと型プロパティの概念を学習します。

状況によって両者を使い分けられるようになりましょう。

インスタンスプロパティと型プロパティ
03:00

インスタンスメソッドと型メソッドの概念を学習します。

状況によって両者を使い分けられるようになりましょう。

インスタンスメソッドと型メソッド
03:00

イニシャライザの概念を学習します。

インスタンスの生成時にプロパティを設定することが可能になります。

イニシャライザ
03:13

クラスの継承の概念を学習します。

既存のクラスを変更せずに、引き継いで新たなクラスを記述することが可能になります。

クラスの継承
04:42

構造体の概念を学習します。

クラスとの違いについて解説します。

構造体
04:53

列挙型の概念を学習します。

分岐のより分かり易い記述が可能になります。

列挙型
04:41

値渡しと参照渡しについて学習します。

両者の違いが把握できれば、コードがより深く読めるようになります。

値渡しと参照渡し
05:40

クロージャについて学習します。

関数を、変数のように扱うことができるようになります。

Preview 06:26

プロトコルの概念を解説します。

クラスや構造体に規約を導入することができます。

プロトコル
05:40

デリゲートのパターンを学習します。

複数のオブジェクトを連携させるために、頻繁に用いられるパターンです。

デリゲート
07:33
+ 簡単なアプリの制作
5 lectures 44:09

これから制作するアプリを解説します。

実際にデモを行います。

Preview 01:46

Storyboardを使用して、画面のレイアウト及び画面遷移の設定を行います。

画面のレイアウトと画面遷移
11:52

画面に問題文を表示するロジックを実装します。

問題の表示
13:50

結果画面を表示するロジックを実装します。

結果の表示
10:26

デバッガーを使用して、プログラムを一行ずつ実行しながら不具合の原因を探る方法を学習します。

デバッガーの使い方
06:15
+ 様々な機能の実装
8 lectures 01:30:53

iOSが備える様々な機能を紹介します。

Preview 02:25

Viewにアニメーションを実装します。実装にはクロージャを使用します。

アニメーション
16:01

音声の再生を実装します。デリゲートを用いて再生終了のタイミングの検知も行います。

音声の再生
08:53

WebViewを用いて、アプリの一部をウェブサイトとして表示します。


ウェブサイトの表示
12:37

拡大縮小、スクロール可能な地図機能を実装します。

地図
10:23

CoreImageを用いて画像にフィルタをかける方法を学習します。

Preview 09:18

CoreMotionを用いて、デバイスの動きを検出する方法を学習します。

モーションセンサ
11:31

TableViewとNavigation Controllerを用いて、コンテンツを効率的に一覧表示する方法を学習します。

Table ViewとNavigation Controller
19:45
+ アプリ開発の演習
13 lectures 01:46:35

このセクションの学び方を解説します。

一つのアプリにつき、解説・課題・自由制作があります。

Preview 01:45

シンプルな楽器アプリのUI及びコードを解説します。

楽器アプリの解説
09:16

既存の楽器アプリをベースに、課題と自由制作に取り組んでいただきます。

Preview 03:25

シンプルなアクションゲームのUIおよびコードを解説します。

アクションゲームの解説
19:07

既存のアクションゲームをベースに、課題と自由制作に取り組んんでいただきます。

課題/自由制作: アクションゲーム
03:09

スタンプカメラ アプリのUI及びコードを解説します。

スタンプカメラの解説
19:58

既存のスタンプカメラ をベースに、課題と自由制作に取り組んでいただきます。

課題/自由制作: スタンプカメラ
02:17

天気予報アプリのUI及びコードを解説します。

天気予報アプリの解説
13:13

既存の天気予報アプリをベースに、課題と自由制作に取り組んでいただきます。

課題/自由制作: 天気予報アプリ
02:40

AR(拡張現実)アプリのUI及びコードを解説します。

ARアプリの解説
11:33

既存のAR(拡張現実)アプリをベースに、課題と自由制作に取り組んでいただきます。

課題/自由制作: ARアプリ
02:23

AI(人工知能)による物体認識アプリのUI、モデル及びコードを解説します。

AIによる物体認識の解説
13:00

既存のAI(人工知能)アプリをベースに、課題と自由制作に取り組んでいただきます。

課題/自由制作: AIによる物体認識
04:49
+ さらに学びたい方のために
5 lectures 15:40

ライブラリを導入し、開発を効率化するための指針をお話しします。

ライブラリの導入
02:52

サーバーと連携したアプリを開発するための、指針をお話しします。

サーバーとの連携
03:26

Apple Developer Programへの登録の流れを解説します。

Developer登録
03:25

App Storeにアプリを申請し、世界中のiOSユーザーにアプリを提供する流れを解説します。

アプリの申請
02:30

本コースの最後に、iOSの未来について少しだけお話しします。

iOSの未来
03:27
+ ボーナスレクチャー
5 lectures 04:01

さらに学びたい方のために、関連コースを紹介します。

ボーナスレクチャー: 関連コースの紹介
03:07

講師の著書を紹介します。

ボーナスレクチャー: 講師の著書
00:15

講師の会社のYouTubeチャンネルです。講座の一部が無料で公開されています。

ボーナスレクチャー: YouTubeチャンネル
00:11

講師の会社のFacebookページです。最新の情報が提供されます。

ボーナスレクチャー: Facebookページ
00:09

講師が代表取締役を務める、SAI-Lab株式会社を紹介します。

ボーナスレクチャー: SAI-Lab株式会社(講師の会社)
00:18
Requirements
  • Macが必要です。Windowsでは受講できません。
  • 最新版のXcodeが十分に動作する必要があります。
  • プログラミングが全くの未経験でも問題ありません。
  • 開発言語にはSwiftを使います。
  • 一部のレクチャーではiPhoneなどの実機で動作を確認する必要があります。
  • 実機で動作させるためにはApple IDが必要です。
Description

みんなのiOS講座は、誰にでも開かれたiOSアプリ開発初心者向けの講座です。

Swiftを用いたiOSアプリ開発を基礎から解説するので、ベースを固めながら少しずつ学習することができます。

少しずつ丁寧な解説を心がけており、レクチャーの難易度は緩やかに上昇します。
プログラミング言語Swift及び開発環境Xcodeをゼロから解説するので、プログラミング初心者の方でもモチベーションさえあれば問題なく受講することができます。

また、本コースは体験を重視しています。
手を動かしてコードを書き、カメラ、ゲーム、モーションセンサ、AR、AI、などのアプリを実際に動かしてその仕組みを理解していただきます。

アプリの開発力を身につけ、ご自身の目標を達成する術を身につけていただくことがこのコースの目的です。

————————————————————

iOSとは、iPhoneやiPad、iPod touchにインストールされているOSのことです。
これらのデバイスを合わせると世界で10億台を超え、ユーザー数は、もはや世界人口レベルです。

iOSデバイスは、我々にとって最も身近なデバイスの一つです。
多くの方が常時身につけており、200万本以上のアプリが我々一人一人の要求を満たしくれます。

そして、iOSは洗練されたユーザーインターフェイスを持っています。
直感的な操作が可能で、ストレスを感じることが少ないです。
デザイン面も優れており、ファッションとしても申し分ありません。

実際に、iOSを中心として、経済は既に回り始めています。
モバイルアプリの市場規模ですが、経産省によると2017年は世界で650億ドル程度とのことです。
そして、このマーケットは今でも急成長中です。

実際に、社会はモバイルアプリから様々な影響を受けています。
医療、営業、小売、飲食、運輸などの様々な業種で、iOSアプリは既に活躍しています。
また、SNS、スマホゲームなど新しいサービスが次々に誕生しています。
アプリは開発者にとって表現の場でもあり、多くのエンジニアの開発意欲を刺激しています。

そのような状況もあり、iOSアプリエンジニアの需要は高まっています。
様々な国内外の企業がで好待遇で募集しており、リモートや時短の案件も増えてきています。

————————————————————

XcodeはMac用のApp Storeから簡単にインストールすることができます。
環境構築の敷居が非常に低いため、プログラミング初心者の方にもお勧めです。
Xcode、iOSともに最新版の使用を前提としています。
一部のレクチャーでは、動作の確認にiPhoneなどの実機が必要になります。

本コースを修了した方は、様々なiOSアプリを開発するための下地が身につきます。
修了した方は、ご自身のアプリをすぐにでも開発してみたくなるのではないでしょうか。

Who this course is for:
  • iOSアプリ開発に興味があるけれど、最初のとっかかりが無い方
  • オリジナルのiOSアプリを開発してみたい方
  • 仕事でiOSアプリ開発に携わる必要が生じた方
  • プログラミング学習の糸口が欲しい方
  • アプリ開発に挫折した経験のある方
  • 文系の方、非エンジニアの方にもおすすめです