科学論文を書く悩みが軽くなるインタビュー講座

科学や医学の論文を書く作業は時として孤独で先が見えないように思えて、つらくなることもあるでしょう。このインタビュー講座では、こうしたつらい気持ちが軽くなっていただけるよう、論文執筆に役立つ知識をお話いたします。気軽に聞いてください。
Rating: 3.6 out of 5 (5 ratings)
61 students
Japanese
科学論文をかんたんに書く方法を学べる
科学論文に対する誤解が解ける
科学論文と学会発表の違いが分かる
科学論文を書くための心構えが分かる

Requirements

  • 科学や医学の論文を書こうと思っている

Description

こんにちは、開道貴信です。

今回は科学論文を書く悩みが軽くなるインタビュー講座』をお伝えします。


このコースであなたが学べることは次の10こです。

  • 科学論文を書くための準備

  • 科学論文を書く見通しを立てるコツ

  • 科学論文を書くことが長丁場になっても乗り越えるコツ

  • 科学論文を書くことをなぜサポートするのか

  • 科学論文を書くことをサポートした経験

  • 科学論文投稿と学会発表との違い

  • 科学論文の査読者とは

  • 科学論文を書くために必要な研究倫理とは

  • 科学論文を書くために必要な心構え

  • 科学論文を書かないと損をするか


このコースは次のような人たちを対象としています。

  • 科学論文を書くことが重荷になって困っている人

  • 科学論文を書くことに困ってサポートを求めている人

  • 科学論文と学会発表の価値や意味の違いが判らずに困っている人

  • 科学論文を書くことが長丁場になって心が折れそうで困っている人

  • 科学論文を書くための研究倫理があいまいで困っている人

Who this course is for:

  • 論文を書いて学位を得たいが論文に難渋して困っている方
  • 論文を書きたいだけでなく、書き続けたくて困っている方
  • 論文を書くことが難しいと思っていって困っている方
  • 論文執筆を指導しようと思うが指導しづらくてお困りの方
  • 論文を書き始めたものの、書きづらくて途中で止まってしまっている方
  • 研究成果で論文と学会のどちらを優先して発表すれば良いか分からず困っている方

Course content

12 sections22 lectures55m total length
  • はじめに
    01:37

Instructor

Neurosurgery, Movement Disorder, Anatomy and Physiology
Prof. Takanobu Kaido MD PhD 開道貴信
  • 3.6 Instructor Rating
  • 33 Reviews
  • 804 Students
  • 4 Courses

Functional Neurosurgion, University Professor of Anatomy and Physiology

I will contribute to the world as a clinician/ researcher based on the solid knowledge and experience of cutting-edge medical science.

According to an old sentence, "Heaven helps those who help themselves."

So I think it is important to learn well and work hard to make people happier.

Let's learn together. And get "growth and achievements".

医師・博士(医学)・大学教授。

先端的な医科学の確かな知識や経験に基づいた臨床医・研究者として世の中に貢献していきます。

『天は自ら助くる者を助く』と言いますから、人がより幸せになるためには、自らよく学んでよく努力することが大切だと考えています。

ともに学んでいきましょう。そして『成長と成果』を手に入れましょう。