1人社長がiDeCo+(イデコプラス)を使って会社経費で老後資産をためる方法

個人型確定拠出年金を活用した税制優遇のフル活用
Rating: 4.9 out of 5 (5 ratings)
118 students
Japanese

iDeCo+(イデコプラス)の概要
iDeCo+(イデコプラス)の導入の流れ
iDeCo+(イデコプラス)の必要書類のつくり方
iDeCo+(イデコプラス)の各種通知書の内容

Requirements

  • 厚生年金の加入(本人60歳未満)
  • iDeCo口座の開設

Description

1人で会社を経営している社長の方に、ぜひ知ってもらいたい制度があります。

それは「iDeCo+(イデコプラス)」です。

これまで税制優遇の代表格だった確定拠出年金の中でも、これは最新バージョンの制度となります。

1人でビジネスをしていると、会社のお金は自分のお金のようなものですよね。

しかし、会社のお金を自分のために使うと、原則として「給与」とみなされて税金がかかってしまいます。

納得いかないかもしれませんが、法律で決められているので仕方ありません。

ところが、一定の条件を満たせば、税金がかからないものもあるんです。

本コースでお伝えするiDeCo+が、まさにそれです。

iDeCo+は老後資産として60歳以降に受け取る制度ですが、この老後資産は誰にでも必要となるもの。

結局自分で老後資産を蓄えないといけないならば、税金のかからない、会社の経費を使いたいですよね?

それを叶えてくれるのが、iDeCo+です。

このコースでは、iDeCo+の内容から申し込みの流れ、書類記入方法などまで詳しく解説します。

あなたもこのノウハウをぜひ活用してください!

Who this course is for:

  • 現在1人社長の方
  • これから1人社長となる予定の方

Instructor

人事制度(賃金制度・評価制度・退職金制度等)、確定拠出年金、働き方改革、助成金
宮田和季 社会保険労務士法人DCコンサルティング
  • 4.4 Instructor Rating
  • 29 Reviews
  • 362 Students
  • 10 Courses

特定社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・1級DCプランナー。社会保険労務士法人DCコンサルティング代表社員。

企業人事部にて勤務後、社会保険労務士として独立。

多数の企業への人事コンサルティングのほか、厚生労働省派遣コンサルティング・行政官庁による説明会講師・相談員など多数。著書に『図解 労働・社会保険の書式・手続完全マニュアル』(日本法令・共著)