【初心者向け】Googleマイビジネス初期設定完全ガイド:ローカルSEO(MEO)で新規顧客を集客

Googleマイビジネスに登録して、新規顧客を無料で集めよう!!ローカル検索をしたユーザーの50%が、その日のうちに来店する事実。Googleマイビジネスに登録していないあなたは、その可能性を奪っているかもしれません。
New
Rating: 4.3 out of 5 (7 ratings)
50 students
【初心者向け】Googleマイビジネス初期設定完全ガイド:ローカルSEO(MEO)で新規顧客を集客
New
Rating: 4.3 out of 5 (7 ratings)
50 students
Googleマイビジネスとは何か?
Googleマイビジネスの登録手順
ローカルSEOの順位決定のロジック方法
新規顧客の集客方法
Googleマイビジネスの重要性

Requirements

  • 特になし
Description

こんにちは。Googleマイビジネス運用サポートをしている島崎慎吾です。

Google マイビジネスとは

Google検索やGoogleマップにローカルビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。飲食店や美容室、スーパー、歯科医院、整骨院、エステサロンなどユーザーが店舗に直接来店するビジネスでは、このツールを活用すればユーザーにビジネスをアピールすることができ、ユーザーからの信頼度が倍増する傾向があります。

また、ビジネス情報を登録して管理すれば、取り扱っている商品やサービス、店舗の場所をユーザーに知ってもらえる機会が増え、ビジネスに関する問い合わせも増加する見込みがあります。


ちなみに、ローカル検索をしたユーザーの50%が、その検索の当日に来店するとGoogleが公表しています。


つまり、Googleマイビジネスに登録をしていないと、この50%のユーザーを逃すことになり、売上アップの機会損失になってしまうのです。


現在のGoogle検索では、入力したキーワードに合わせてローカルSEOが検索上位に表示されます。今までは、ポータルサイトやSEOに強いWEBサイトが上位表示されていましたが、最近ではローカルSEOの方が上位表示されるようになりました。入力されたキーワードの検索意図をGoogleが紐解き、ユーザーにとって有益な情報が上位表示されます。


例えば、「五反田 ラーメン」と検索すれば、五反田のラーメン店がローカルSEOに表示されます。しかし、検索画面上は上位1位から3位までしか表示されません。つまり、ローカルSEOの中でも上位に入る必要性があるのです。


このコースでは具体的な上位表示の方法や手順については解説していませんが、

初心者向けにGoogleマイビジネスの初期設定の手順を詳しく解説しています。


【まだ登録をしていない、あなたのための講座です。】


Google マイビジネスのメリット

  1. オンラインに公開するビジネス情報を最新かつ正確な状態に維持することができます。

    • 営業時間やウェブサイト、電話番号、地域(ビジネスのタイプに応じて住所やサービス提供地域、場所のマーカーなどを指定できます)を指定できます。

    • モバイルアプリを活用してオンラインに公開する情報をいつでも更新できます。


  2. ユーザーと交流することができる

    • 店舗や商品、サービスの写真を投稿できます。

    • ユーザーが投稿したクチコミを収集して返信できます。


  3. 新規顧客にアピールできる

    • 新規顧客に見つけてもらいやすくなります。

    • ユーザーを自社サイトに誘導できます。

    • Google 広告のスマート アシスト キャンペーンで位置情報ベースの広告を出稿できます。

Who this course is for:
  • 店舗やサービス、会社など何らかのビジネスを運営している方
  • またはその予定のある方
  • 新規顧客を無料で集客したい方
Course content
8 sections • 33 lectures • 50m total length
  • 1-1.このコースについて
    02:42
  • 2-1.Googleマイビジネスとは
    01:07
  • 2-2.「地域名+キーワード」のローカル検索が増加
    02:09
  • 2-3.クリック率の増加
    02:34
  • 2-4.口コミを管理
    01:22
  • 2-5.ユーザーの情報・行動を確認:インサイト
    01:06
  • 2-6.Google広告との連携
    00:47
  • 2-7.SEOより上部表示で、無料で集客
    02:03
  • 2-8SEOより簡単
    03:01
  • 2-9.Googleマイビジネスが利用出来ないのは
    01:45
  • 3-1.ビジネス用のGoogleアカウントの作成
    00:59
  • 4-1.ビジネス情報の入力
    00:58
  • 4-2.ビジネスカテゴリの選択
    01:36
  • 4-3.Googleマップに表示する場所の入力
    00:58
  • 4-4.商品配達や出張型のサービスの選択
    00:57
  • 4-5.ユーザーに表示する連絡先とWEBサイト
    01:26
  • 4-6.確認方法の選択
    01:29
  • 4-7.ハガキが届いたらオーナー確認
    01:03
  • 5-1.非店舗型ビジネスでも登録可能
    01:14
  • 5-2.店舗がないとハガキが受け取れない?
    00:55
  • 5-3.ハガキの受け取り方1
    01:20
  • 5-4.ハガキの受け取り方2
    03:07
  • 5-5.住所やカテゴリーの変更
    00:54
  • 6-1.営業時間等の入力
    01:29
  • 6-2.属性の入力
    01:23
  • 6-3.ビジネスの説明と開業日の入力
    01:39
  • 6-4.写真の追加
    01:35
  • 6-5. メニュー・商品の入力
    02:32
  • 7-1.今までとこれから
    00:55
  • 7-2.順位を決める要素1ー関連性ー
    00:49
  • 7-3.順位を決める要素2ー距離ー
    01:13
  • 7-4.順位を決める要素3ー知名度ー
    01:02
  • 8-1.まとめ
    02:11

Instructor
トランクルーム経営(不動産)、ビジネススキル、マーケティングスキル
島崎 慎吾
  • 4.3 Instructor Rating
  • 29 Reviews
  • 192 Students
  • 5 Courses

こんにちは、島崎慎吾です。

私は、20代の頃とある営業会社で働いていましたが、勤務時間は朝7時から翌朝2時までは当たり前でした。

俗に言うブラック企業です(笑)

入社して1年で約1,000人いる営業マンの中で、トップ3になることが出来たのですが、次第に体が持たなくなりました。

そんな訳で、独立して様々な事業をしています。


1つは、セルフストレージ事業。

1つは、コンテンツ事業。

1つは、エネルギーコスト削減事業です。


ちなみに、『セルフストレージ』とは、じぶん向けの収納という意味で、トランクルームのことを指します。

日本では、まだレンタル収納ビジネス=トランクルーム経営についてレクチャーできる講師は数えるほどしかいません。

しかし、トランクルーム経営は最高の店舗ビジネスです。

私自身、会社を経営する傍ら、事業安定のために不動産投資の一環としてトランクルーム経営を行なっています。不動産投資家や経営者の方の手助けができればと、テナント事務所の空室対策に有益な動画を発信しておりますので、ぜひ受講してください。


また、これまでの経験を活かした、ビジネススキルの動画も発信しておりますので、参考になればと思います。


経歴

1,000人もの営業マンの中で常にトップ3に入った経験を元に、2009年独立。様々な事業にチャレンジ。現在は、コスト削減サービスの事業とコンテンツビジネスの事業、そしてトランクルームの店舗を2つ運営中。あと5年で10店舗に拡大予定。