3時間で整理する!エグゼクティブのための「経営の本質」
4.0 (2 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
8 students enrolled

3時間で整理する!エグゼクティブのための「経営の本質」

先が見えない(VUCA)時代には、ワクワク魅力があって実現可能性の高いビジョンを迅速に策定し、全社員へ分かり易く伝えていくことが求められます。そのために必要不可欠な実学(理論でなく)を最短で身につけることが、本コースの基本的なコンセプトです
New
4.0 (2 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
8 students enrolled
Last updated 6/2020
Japanese
Current price: $98.99 Original price: $164.99 Discount: 40% off
2 days left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 3.5 hours on-demand video
  • 30 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • エグゼクティブとしての最低限の知識スキル
  • ビジョン策定のための体系的な知識の習得
  • 取締役以上のエグゼクティブに求められる意識と行動
  • 経営者としての心構えと、成長のためのヒント(きっかけ)
Requirements
  • 担当する事業運営の基本的な知識を有していること
  • 経営に携わるポジションに就きたいと考えている人
  • ビジネスパーソンとしての経験が一定以上ある人(5年程度)
  • 一通り企業活動について周知している人
Description

従来から企業のエグゼクティブ、経営幹部を育成するリーダー教育のカリキュラムにMBA式のものがあります。

事業戦略やマーケティングからはじまり、リーダーシップやアカウンティングまで経営の意思決定に必要な知識スキルを全般的、網羅的に学ぶことができます。

それぞれの専門分野について深く学ぶことができるのが一番のメリットですが、掘り下げられた内容についていけない受講生がいることも事実です。


また財務諸表など学んだことを直ぐに活かす場がないことも往々にしてあります。

企業の経営幹部の一番のミッションは先(将来)を見通し、組織を動かすビジョンを掲げることにあります。

その際にはビジョンを策定するために必要な要素を繋がりをもって学習することが最も重要と考えています。


もちろん私たちはMBA式教育アプローチを否定しているのではありません。

それどころか必要な知識スキルであると考えています。

ただ意思決定やビジョンメイキングに必要な要素を学ぶには手順が重要だと考えているだけです。


まずは繋がりをもって一気通貫に必要最低限の知識スキルを身につけることが最も重要です。



〈本講座の特徴〉


★ シームレスで実学的な構成

経営幹部は学生でもなければ教授になるわけでもありません。リーダー教育の目的は実践に活かせることにあります。

本コースは意思決定やビジョンメイキングにかかわる要素を繋がりをもって解説しています。


★コンテンツも必要最低限に厳選

繋がりを持った構成にするには、多くのフレームワークを掲載することが困難です。

そもそもフレームワークは先人達の成功体験を抽象化し法則としたものです。いろいろな切り口や使い方があります。本コースでは多くのフレームワークの中から意思決定やビジョンメイキングに必要な要素を厳選してストーリーをもって解説しています。



本講座は、3つのフェーズで構成されています


Phase1:エグゼクティブとしてのスキルセットとマインドセット

未来永劫企業が存続する為にエグゼクティブが、すべきことについて解説しています。

エグゼクティブとしての意識と行動について、ヒューマンスキルとコンセプチャルスキルを整理しました。


Phase2:価値を創るためのプロセス

環境変化への適応は企業活動において最も留意しなければないないことです。大所高所より企業環境を分析する手法について解説しています。

価値を創造する為の全社戦略、事業戦略、マーケティングについてその目的と概要、策定手順を示しています。


Phase3:実行するための機能別スキル

描いた戦略を実行する為の要素について必要最低限のものを掲載しました。

価値伝達としてのプロモーション施策とチャネル施策の概要、考え方について解説しています。

資金をフローとストックで整理し、エグゼクティブとしての着眼点を整理しました。

組織を前向きに力強く推進していくには、人への働きかけ方は重要です。リーダーシップとマネジメントについて概要をまとめました。



本コースを受講し、

経営の本質を学び、スキルを磨き、組織を成長へ導く エグゼクティブを目指しましょう!

Who this course is for:
  • 2代目社長 経営層(役員)
  • 近いうちに経営層になることが決まっている人
  • 経営幹部を目指す方
  • MBA教育に実現性を感じない人(必要性を感じない人)
  • 座学が嫌いな人
  • 我流ではない経営のお作法を学びたい方
  • 学問ではない実学を学びたい人
  • 新規事業の立ち上げミッションがある人
  • 企業人として必要最低限の知識スキルを身につけたい人
  • これから起業しようとする人
Course content
Expand all 32 lectures 03:33:16
+ Step1.続ける
4 lectures 31:34
本コースを受講される皆さんへ
05:30
企業とは何か
13:13
企業を続けるには
07:21
まとめ
05:30
+ Step2.振舞う
4 lectures 27:14
経営者に求められる要素
09:28
経営に必要な定義
06:54
経営に必要な思考
10:04
まとめ
00:48
+ Step3.しくみ
5 lectures 35:53

事業戦略の目的は、成功するための要件を見つけ、どこでどのように戦うかを決める事

このレクチャーでは事業戦略に関して、外部環境変化からKSF(事業成功の鍵)を導き、競争優位の源泉と掛け合わせて事業ドメインを選定する流れについて整理しています。

KSF発見と戦略ドメインの選定
08:00

設定した事業ドメインで収益を最大化するために、どのようなビジネスモデルを展開するか

このレクチャーでは儲けの仕掛け作りとしてビジネスモデルの概要について解説しています。

儲けの仕組みを構想する
07:07

このステップのまとめと、コンセプチャルチェックリストです。

まとめ
01:43
+ Step4.創る
4 lectures 27:09

価値を高めるには、環境変化からニーズを探索する ベネフィットを開発する。

価値創造にはマーケットイン、戦略的プロダクトアウトの2つのアプローチがあります。いずのアプローチにおいても強い顧客ニーズと強いベネフィットが求められます。機能的に優れているとか最高技術といったシーズ発想は市場に受け入れられません。

Preview 07:09

マーケティングで最も重要なのは、いかにインパクトのあるポジショニングを描くかにある。

ポジショニングとは、顧客の頭の中に、自社の価値を認識させることです。競合企業には成しえない潜在ニーズを捉えたポジショニングを検討していくことが重要です。

最重要はポジショニング
06:08

利益を創出するためには、売上増加だけでなく、コスト管理の方向性を定めることも重要

売上を上げることと並んでコスト管理はエグゼクティブとしての重要な視点です。価格設定方法と利益創出のための施策について解説しています。

コストを管理して価格を設定する
12:30

このステップのまとめと、コンセプチャルチェックリストです。

まとめ
01:22
+ Step5.届ける
5 lectures 27:20

顧客の購買意識プロセスを把握し、どのような情報を提供したら良いか検討する。

どんなに良い商品でもお客様にその存在が知られなければ何も始まりません。前ステップで設定したポジショニングをお客様へ端的に伝えることが重要です。

Preview 05:17

商品サービスの価値を適切に伝えるために、どのようなタイミングで、どのように表現するか整理しておく

お客様の立場(意識行動)を整理して、媒体を紐づけることが重要です。伝えたいことはその商品サービスで得られるお客様にとってのベネフィットです。ベネフィットの3つの階層について解説しています。

顧客接点(コンタクトポイント)を整理する
09:24

自社商品を顧客へ届ける構造をチェックする

販売チャネルは他社に委任することが多いので、販売チャネルと共通の課題認識をもって、Win-winの関係性を築くことが求められます。

またデジタル全盛の現代ではオムニチャネルという概念を押さえておきましょう。

チャネル構造
06:22

マーケティング活動を振り返って、PDCAを回す

エグゼクティブの最も大きな役割は、大所高所からマーケティング活動の是非を確認、軌道修正することです。担当者や担当部門には見えにくい全体像を捉えることが重要です。

総合的に皮算用をする
04:16

このステップのまとめと、コンセプチャルチェックリストです。

まとめ
02:01
+ Step6.回す
4 lectures 26:39
数字に置き換え整理する
10:05
予定と実際で整理する
06:19
数字を使って思いを一つにする
09:17
まとめ
00:58
+ Step7.働きかける
4 lectures 21:05
マネジメントとリーダーシップ
09:11
組織について考える
05:18
自分自身を知る
05:50
まとめ
00:46