はじめて一眼レフカメラ(DSLR)で動画撮影をする人のための基礎的な仕組みと露出の調整方法

初めて一眼レフカメラを使って動画撮影したい人がまず最初に身に付けなくてはならない露出の基礎知識について学ぶことができます。この知識がないと白飛びしたり黒飛びしたりしっかりとした色合いで動画を撮影することができません。基本的な重要知識です。
Rating: 4.2 out of 5 (28 ratings)
208 students
Japanese
露出の調整方法
一眼レフカメラの基礎知識
画像解像度の基本
さらに一眼レフカメラ撮影のスキルをアップさせるために必要な要素

Requirements

  • 特になし

Description

一眼レフカメラは難しいから自分にはできない...

そう思って、なかなか手を出せずにいませんか?

実は、一眼レフカメラの撮影が難しい1番の理由は、露出調整ができないことで、適切な映像を表現できないことになります。

でも、このコースで教えている3つの要素をしっかりと理解することができれば、室内でも、野外でも簡単に露出を調整して、美しい映像で動画を撮影することができるようになります。

露出調整に必要な要素は次の3つです。

  1. シャッタースピード

  2. 絞り

  3. ISO感度

このコースではこの3つの要素をしっかりと理解できるように丁寧に解説しています。

この3つさえ理解できれば、もう難しいことは何一つありません。

夜暗い場所での撮影もできるようになりますし、太陽が降り注いでいる、明るい場所でも美しい映像で撮影できます。

ぜひ、このコースで、この基本的なことをマスターして、一眼レフカメラでの動画撮影を楽しめるようになってください。

それでは、コースの中でお会いしましょう。

Who this course is for:

  • 一眼レフカメラにチャレンジしたい方
  • 一眼レフで動画撮影をしたい方
  • きれいな画質で映像を作りたい方
  • 一眼レフカメラの仕組みを理解したい方

Course content

6 sections • 19 lectures • 39m total length
  • このコースの概要
    00:38

Instructor

コンテンツ・サブスクリプション講師、Udemy講師、オンラインスクール講師
山田 どうそん
  • 4.3 Instructor Rating
  • 3,862 Reviews
  • 17,178 Students
  • 72 Courses

Udemy受講生1万7,000人以上のベストセラー講師。40代以上の方向けにオンランビジネスの作り方を教えるオンラインスクール「YDO」を運営。動画マーケティングを活用して時間の自由を作り出すビジネスモデルを構築している。