MacOSで行う開発効率UP講座

ショートカットキーやEmacsキーバインドなどを使って、各種ツールの操作効率を高めることにより、開発速度を向上させよう
Rating: 4.2 out of 5 (57 ratings)
596 students
Japanese
開発をスピードアップさせる方法
キーボードショートカットを用いた開発効率化
Emacsキーバインドを用いた開発効率化
エディタ内の拡張パッケージによる作業効率化

Requirements

  • ある程度のタッチタイピングができる
  • lsコマンドなどのLinuxの基礎知識がある
  • 何かしらのエディタを使用している

Description

開発の中でのカーソル操作や文字関連の操作、ブラウザを用いた検証など、多くの操作はマウスやタッチパッドで行われます。しかし、キーボードをメインで使うプログラミングの中でのマウスやタッチパッドへ手を動かす動作は、何度も行うと煩わしいものです。

また、キーボードを使用するにしても何度も行う操作もあるものでしょう。

それらは簡略化することで、より操作時間を減らすことができます。


本コースはそんな煩わしさを減らし、開発の速度を向上させるために頻繁に行う操作をショートカットキーで行うアプローチや、Emacsキーバインドを使用するアプローチ、さらにはエディタでの拡張機能を用いたアプローチをレクチャーします。

Who this course is for:

  • Webプログラミングに関心を持つ開発者
  • キーボードショートカットをあまり活用していない開発者
  • 開発スピードを速めたい開発者

Course content

5 sections16 lectures50m total length
  • 自己紹介・コース概要
    03:26

Instructor

クラウド, サーバーサイドプログラミング
Kazuma Murata
  • 4.4 Instructor Rating
  • 241 Reviews
  • 2,110 Students
  • 3 Courses

こんにちは!

Murata Kazuma(むらってぃー)と申します。

今年でプログラミング8年目を迎えました。


〜〜経歴〜〜

◇ コンピュータサイエンスを学ぶ

大学1年、初めてプログラミングに触れる。

情報セキュリティ、ネットワーキングなど、コンピュータサイエンスにおける様々な分野を学ぶ。

研究ではHCIの分野で、タッチセンサーを実装したスペースキー上での親指ジェスチャーをテーマに活動。


◇ 新卒時代、プロダクトを2本リリース

ソーシャルゲームの新規開発、運用からエンジニアとしてのキャリアをスタート。

ゲームのリリースから運用保守を2本経験。

ユーザー向け機能の実装、AWSを使ったクラウドインフラ管理、社内向け管理ツールの開発をメインで担当。


◇ 会社経営へ

会社を起業し、唯一のエンジニア(必然的にCTO)として開発をリード。

独自にカスタマイズした人形を購入できるECサイト、本を使ったマッチングアプリの合計2本をリリース。

要件定義、開発、運用保守、インフラコスト管理まで経験。


◇ 再びエンジニアとして活動

事業に伸び悩み会社を廃業させた後、フリーランスとしてWebサービス開発、プログラミング講師の活動。

現在はモバイルオーダー領域で、現役エンジニアとしてサーバーサイド開発を行う。



〜〜技術〜〜

◇ 言語
Python / PHP / Go

◇ クラウド
ECS / EKS / Elastic Beanstalk / Lambda / GAE / CloudFormation

◇ フレームワーク
Django / Laravel

◇ その他
Git / CircleCI / Docker / Kubernetes / Terraform / gRPC / BDD / TDD


最近の興味はソフトウェアアーキテクチャと、DevOpsです。