【数字を味方につける:中級編】ビジネスの現場で使えるデータ分析
4.2 (72 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
496 students enrolled

【数字を味方につける:中級編】ビジネスの現場で使えるデータ分析

『エクセルで出来る!データ活用』になります。データ分析結果を踏まえた経営戦略やマーケティング施策への落し込み等、15年に渡りビジネスの現場でデータ分析をしてきた齋藤健太が、エクセルとパワポを駆使してデータ活用する術をお伝えします。
Bestseller
4.2 (72 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
496 students enrolled
Created by 齋藤 健太
Last updated 3/2020
Japanese
Current price: $77.99 Original price: $119.99 Discount: 35% off
9 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 3 hours on-demand video
  • 17 downloadable resources
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • ビジネスにおいてデータをどう活用すれば良いのかが分かる
  • データ分析から経営やマーケティングにおける施策へどう落し込んでいくのかが分かる
  • 実例に基づき、実際にデータ分析を行うことができる
  • データ分析結果を基に、相手に伝わるプレゼン資料の作成方法を学べる
Requirements
  • データ分析についての概念ややり方を知っている(初級編を学んでいる、あるいは同等の知識・スキルを得ている)
  • エクセルの基本的な使い方、関数を知っている(初級編で使ったvlookup関数やindirect関数、ピボットテーブルの使い方などは省略しています)
  • パワーポイントの基本的な使い方を知っている(パワポ内で図表やグラフの作成もできること前提)
Description

本講座は「【数字を味方につける】ビジネスで使えるデータ分析」の中級講座です。


売上や利益を上げるためには、

そもそも現状どこに課題があるのかを定量的に把握することが重要です。


また定量的に把握した分析結果を基に、

何を行っていくべきなのかの戦略や施策に落し込むことが必要となり、

それらを推進していくためには相手に伝わる(一人歩きしても理解できる)プレゼン資料も大切です。


従って、本講座では4つの実例をもとに、データ分析とプレゼン資料の作成を、

エクセルとパワーポイントを使って徹底的に行っていきます。

特に、

  • データ分析を日々の業務の中で行っているが、いまいち結果に繋がらない方

  • データをもとにどのような分析が出来るのかデータ分析の幅を増やしたい方

  • データ分析結果から戦略や施策にどう落し込んでいけば良いか学びたい方

  • データ分析結果を相手に伝え理解してもらうためのプレゼン資料の作成方法を知りたい方

といった方には最適な講座となっています。

一方で、

  • データ分析の概念ややり方など、基礎的なことを学びたい方

このような方については、まずは初級編からのスタートをお勧めいたします。


また、エクセルやパワーポイントの基本的な使い方も知っていることが前提となっています。

pythonなどデータサイエンスを学びたい方も本講座の対象とはなりませんのでご注意ください。


本講座では、

  • 会員データを活用したマーケティング施策構築

  • 今期実績をもとにした来期予算計画策定

  • 顧客別実績から導く営業戦略策定

  • ローデータから導く売上成長に向けた施策構築

これら4つの実例に基づき、トレーニングしていただきます。

実際のデータを使い、エクセルとパワーポイントをひたすら使っていただきますので、

かなり時間もかかると思いますが、ぜひ取り組んでみてください。

きっとあなた自身の普段の仕事に活用できる力が身に付くはずです。


本講座の修了時には

  • 経営やマーケティングなど、ビジネスの現場で具体的にどのようにデータを扱えば良いのか分かる

  • データ分析結果から、経営戦略やマーケティング施策を構築することができるようになる

  • データ分析結果をプレゼン資料として適切に表現することができるようになる

ようになっていると思います。


難しいトレーニングもあるかもしれませんが、全て回答例もお配りしておりますし、

不明点があればいつでもご質問ください。

ぜひ一緒に学んでいきましょう!

Who this course is for:
  • データ活用して業績向上させたい、企業成長させたい経営者
  • 経営関連やマーケティング関連の力を身に付けたい方
  • データを自身の事業や業務に活用したい方
Course content
Expand all 52 lectures 02:59:32
+ はじめに
3 lectures 07:01

学習目標、主な対象者、コースの進め方について説明します。
「初級編」を受講していることが前提となっています。
エクセルとパワーポイントを使用した4つのトレーニングを用意しています。

Preview 03:11

当コースを担当する齋藤健太についての紹介です。

Preview 01:35

当コースの特徴(初級編との違い)や、コースの流れについて説明します。

Preview 02:15
+ データマーケターとして押さえておくべきスキル
6 lectures 35:26

データ分析でよく陥りがちな失敗例やあるべきデータ分析についてとアプローチ方法、データの精度を決めるデータ収集についてのポイントについて説明します。

「初級編」の振り返り(前半)
07:39

損益分岐点分析や相関分析、その他vlookup関数や〇〇ifs関数、indirect関数、ピボットテーブル等、データ分析する上で最低限必要なスキルをおさらいします。

「初級編」の振り返り(後半)
05:19

デジタルシフトやDX(デジタルトランスフォーメーション)が重要と言われている中、間接業務は成功している企業は多いですが、売上・利益を上げていくための直接業務については成功している企業はごくわずかです。その理由やどうすべきなのかについて説明します。

なぜビジネスにおいてデータ分析が必要なのか?
06:23

データ分析をしていく上で重要なデータの取得方法のコツや、ローデータを分析するためのデータに変換していくポイントについて説明します。

目的に応じたデータの収集・整理
07:58

コンサル流の相手に伝わるプレゼン資料のコツについて説明します。特にデータ分析結果を「どう見せていけば良いのか」お伝えします。

相手に”伝わる”パワポ資料のコツ
05:59

データ分析~プレゼン資料の作成までのあるべき流れについて説明します。

データ分析~プレゼン資料作成におけるフロー
02:08
+ トレーニング①会員データを活用したマーケティング施策構築
11 lectures 28:57

「会員データを活用したマーケティング施策構築」で利用するデータの確認をします。

本トレーニングで利用するエクセルデータをダウンロードできます。

【ケース】目的・データの確認
02:45

「会員データを活用したマーケティング施策構築」における最終アウトプットとなるパワポ資料について説明します。

本トレーニングで利用するパワポ資料(スケルトン)をダウンロードできます。

【ケース】プレゼン資料に落とし込もう
03:22

本トレーニングのような会員データを利用するときのポイントについて説明します。

【ケース】会員データを扱う時のポイント
01:22

本トレーニングにおいて利用した元データ(エクセル)について、分析用のデータに変換していく方法について説明します。

本トレーニングにおけるエクセルとパワーポイント資料の回答例をダウンロードできます。

【解説1】分析用データの作成
04:07

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー14~19)

【解説2】年齢別構成の比較
03:47

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー14~19)

【解説3】入会年別の会員数推移
02:18

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー14~19)

【解説4】店舗別の年代別会員構成
01:34

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー14~19)

【解説5】年代別の来店回数別構成
02:02

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー14~19)

【解説6】店舗別の来店回数別構成
01:43

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー14~19)

【解説7】入会年別の来店回数別構成
02:07

本トレーニングにおけるデータ分析結果を踏まえたまとめと今後の戦略仮説について説明します。

【解説8】データ分析からのまとめと今後の戦略仮設
03:50
+ トレーニング②今期実績をもとにした来期予算計画策定
9 lectures 31:32

「今期実績をもとにした来期予算計画策定」で利用するデータの確認をします。

本トレーニングで利用するエクセルデータをダウンロードできます。

【ケース】目的・データの確認
05:56

「今期実績をもとにした来期予算計画策定」における最終アウトプットとなるパワポ資料について説明します。

本トレーニングで利用するパワポ資料(スケルトン)をダウンロードできます。

【ケース】プレゼン資料に落とし込もう
02:54

本トレーニングのような複数のPLデータを利用するときのポイントについて説明します。

【ケース】PLデータを扱うときのポイント
01:08

本トレーニングにおいて利用した元データ(エクセル)について、分析用のデータに変換していく方法について説明します。

本トレーニングにおけるエクセルとパワーポイント資料の回答例をダウンロードできます。

【解説1】分析用データの作成
07:20

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー25~29)

【解説2】全店舗の今期実績と来期予算
01:44

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー25~29)

【解説3】所属別の今期実績と来期予算
02:15

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー25~29)

【解説4】グループ別の今期実績と来期予算
01:31

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー25~29)

【解説5】店舗別の実績から見る来期予算達成に向けた課題
03:28

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー25~29)

【解説6】その他K社の課題
05:16
+ トレーニング③顧客別実績から導く営業戦略策定
7 lectures 19:13

「顧客別実績から導く営業戦略策定」で利用するデータの確認をします。

本トレーニングで利用するエクセルデータをダウンロードできます。

【ケース】目的・データの確認
02:26

「顧客別実績から導く営業戦略策定」における最終アウトプットとなるパワポ資料について説明します。

本トレーニングで利用するパワポ資料(スケルトン)をダウンロードできます。

【ケース】プレゼン資料に落とし込もう
00:44

本トレーニングのような一定程度サマライズされたデータを利用するときのポイントについて説明します。

【ケース】サマライズされた実績データを扱うときのポイント
00:54

本トレーニングにおいて利用した元データ(エクセル)について、分析用のデータに変換していく方法について説明します。

本トレーニングにおけるエクセルとパワーポイント資料の回答例をダウンロードできます。

【解説1】分析用データの作成
03:45

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー34~36)

【解説2】営業所別の価格帯別構成
03:02

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー34~36)

【解説3】営業所別の取引先業種別構成
04:59

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー34~36)

【解説4】営業所別の取引先業種×価格帯別構成
03:23
+ トレーニング④ローデータから導く売上成長に向けた施策構築
14 lectures 50:37

「販売ローデータ、マスタデータから導く課題」で利用するデータの確認をします。

本トレーニングで利用するエクセルデータをダウンロードできます。

Preview 04:46

「販売ローデータ、マスタデータから導く課題」における最終アウトプットとなるパワポ資料について説明します。

本トレーニングで利用するパワポ資料(スケルトン)をダウンロードできます。
※まずはここでダウンロードできるスケルトン資料を使ってチャレンジしてみましょう。

【ケース】プレゼン資料に落とし込もう
00:52

本トレーニングのような販売ローデータを利用するときのポイントについて説明します。

また、本トレーニングの回答例となるパワポ資料(スケルトン)もダウンロードできます。
※前レクチャー(レクチャー38)でダウンロードできるパワポ資料だと難しい場合は、こちらでダウンロードできるパワポ資料を使ってみましょう。

【ケース】実績データ(ローデータ)を扱うときのポイント
01:53

本トレーニングにおいて利用した元データ(エクセル)について、分析用のデータに変換していく方法について説明します。

本トレーニングにおけるエクセルとパワーポイント資料の回答例をダウンロードできます。

【解説1】分析用データの作成
06:37

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説2】全体傾向①
08:12

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説3】全体傾向②
04:41

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説4】会員・非会員別①
02:29

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説5】会員・非会員別②
04:57

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説6】会員の傾向①
01:17

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説7】会員の傾向②
02:04

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説8】会員の傾向③
01:33

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説9】会員の傾向④
02:18

本トレーニングについて、パワポ資料のページに沿って説明していきます。
(レクチャー41~49)

※レクチャー40でダウンロードできるエクセル回答例も確認しながらチェックしてみましょう。

【解説10】サイトへの流入者数とCVR
02:58

本トレーニングにおけるデータ分析結果を踏まえた、特徴・強みや問題点、それを踏まえた今後の課題について説明します。

【解説11】分析のまとめ
06:00
+ おわりに
2 lectures 06:46

データ分析するに当って精度を決めるデータの収集や整理方法について、プレゼン資料のポイント、そしてデータ分析~プレゼン資料作成に当ってのやり方を改めて説明します。

このコースのまとめ
04:37

当社クロスメディア・コンサルティングでは、「ビジネス」と「データ」を繋ぎ、各企業の売上・利益を増加するためのデータマネジメントを支援しています。

本コースのことについてはもちろんですが、あなたの企業や業務、ビジネスにおける「データ関連」について何かしらご質問やご要望などありましたらお気軽にお問合せください。

https://cm-consulting.jp/

株式会社クロスメディア・コンサルティング
齋藤健太

Preview 02:09