C#を勉強する順番

C#でより良いコーディングをするための7ステップ
Rating: 4.6 out of 5 (584 ratings)
3,708 students
Japanese

C#でよりよいコーディングをするために必要な知識がわかる
何をどの順番で勉強すればいいかがわかる
文法以外の知識の必要性がわかる
自信をもってコーディングするための指針の見つけ方がわかる

Requirements

  • 特になし

Description

C#の文法を学んだだけではよいプログラミングはできません。

それは家を建てるときの釘の打ち方を覚えたのと同じだからです。


プログラミングには設計が必要です。どのような形で,

どのような構成にするかという,一見センスのようなものが必要です。


しかし,それはセンスではありません。先人の知恵です。

あなたは知らないだけなのです。

知ってしまえばだれでも書けるのです。美しコードを。

逆に,自分の思いを込めたコードが我流で分かりづらいものになります。

過去の偉人の功績を学び,より良いコードを書くための

道しるべがこのレクチャーです。


センス抜群に見える建築家も,過去の建造物を勉強していますよね。

すべて我流でやっている建築家はいません。


このレクチャーを受けると

・C#でよりよいコーディングをするために必要な知識がわかる

・何を勉強すればいいかがわかる

・文法以外の知識の必要性がわかる


これまであなたがうまくいかなかったのは,

何を勉強すればいいかがわからなかっただけです。

勉強するべき指標をこのレクチャーで示しています。


内容

#1 はじめに

#2 なぜ7ステップを学ぶ 必要があるのか?

#3 7ステップ

#4 文法

#5 コーディングルール

#6 オブジェクト指向

#7 テスト駆動開発

#8 ドメイン駆動開発

#9 デザインパターン

#10 リファクタリング

#11 7ステップのまとめ

Who this course is for:

  • C#開発者
  • C#を勉強中の方
  • C#をこれから勉強したいと思っている方
  • より良いコーディングを模索している方

Course content

1 section12 lectures48m total length
  • はじめに
    04:38
  • #2 なぜ7ステップを学ぶ 必要があるのか?
    12:01
  • #3 7ステップ
    01:20
  • #4 文法
    02:53
  • #5 コーディングルール
    03:51
  • #6 オブジェクト指向
    04:44
  • #7 テスト駆動開発
    04:45
  • #8 ドメイン駆動開発
    06:12
  • #9 デザインパターン
    03:03
  • #10 リファクタリング
    02:41
  • #11 7ステップのまとめ
    02:32
  • ボーナスレクチャー
    00:18

Instructor

C#,プログラミング,SQL
ピーコック アンダーソン
  • 4.5 Instructor Rating
  • 6,268 Reviews
  • 12,848 Students
  • 31 Courses

18年ほどプログラマーとして活動しています。初期の頃はいろんな現場を転々とするプログラマーで経験をつみ,現在はメーカーの社員として製品開発のプロジェクトリーダーをしています。基本的にはC#を使ったプログラミングをしていて,データベースはSQLServerを使っています。


知識習得のきっかけは,現場に分かりづらいプログラムコードが散乱しており,それらをわかりやすくするために,オブジェクト指向,ドメイン駆動開発,テスト駆動開発,リファクタリング,デザインパターンの書籍などを読み漁りました。その結果,一つのドメイン駆動開発手法にいまはたどり着き,チームのメンバーに伝えていますが,この知識を大勢の方にお伝えすると,予想以上に喜んで頂けているので,私の学んだ知識をできるだけわかりやすくお伝えして,私のした遠回りをあまりしなくてもいいように,解説していきたいと思っています。