ブログの書き方・完全ガイド
3.2 (76 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
738 students enrolled

ブログの書き方・完全ガイド

ブログは先発組が圧倒的に有利です。今からブログを始めても遅いのが通例なんですけど一つだけ勝ち抜ける方法があります。それはHubSpot(インバウンドマーケティングを提唱)のいう突き抜けたコンテンツを作る事。SEOに強いブログを作りましょう。
3.2 (76 ratings)
Course Ratings are calculated from individual students’ ratings and a variety of other signals, like age of rating and reliability, to ensure that they reflect course quality fairly and accurately.
738 students enrolled
Last updated 2/2019
Japanese
Current price: $139.99 Original price: $199.99 Discount: 30% off
5 hours left at this price!
30-Day Money-Back Guarantee
This course includes
  • 30 mins on-demand video
  • 1 article
  • Full lifetime access
  • Access on mobile and TV
  • Certificate of Completion
Training 5 or more people?

Get your team access to 4,000+ top Udemy courses anytime, anywhere.

Try Udemy for Business
What you'll learn
  • 情報収集の方法
  • ネタの選抜方法
  • ブログの書き方
Requirements
  • 特になし
Description

ブログで生計を立てたいと考えている人が、検索エンジンを叩き情報を集めます。彼らが信じている4つの間違いをリストアップし解説をします。先に結論をいうとこのコースは以下に羅列する4つとは逆行する考え方を支持しています。

  1. 量を出さなきゃいけない。薄い記事はインデックスされないし、されたとしてもサイト全体の評価を下げます。量を出さんなきゃいけないと信じている人が次にやる質問はこれです。「1記事何文字くらい書けばいいですか?」・・・この発想自体がスパムであることに気づけないのは非常に残念なことです。
  2. PVが大事。アドセンス報酬やタイアップ広告から収入を得たい人はPVが大事です。やり方は簡単。iPhoneネタやガジェットのレビューを1日に20回以上する。芸能人の不倫をネタにするのもいいでしょう。でもそんな記事を書きたいでしょうか。書きたくない人は集客記事と成約記事を分けてそれぞれに役割をもたせましょう。
  3. トレンドを追う。
  4. 広告収入で稼ぐ。

詳しくはレクチャーを見ていただきたいのですが、カリキュラムの詳細を斜め読みするだけでも大体のアイディアを掴むことはできます。

Who this course is for:
  • ブログで生計を立てたい人
  • コンテンツマーケティングを知りたい人
Course content
Expand all 6 lectures 30:27
+ ここから開始しましょう。
5 lectures 30:21

ブログの書き方は基本的に1%ルールを採用しましょう。まずは情報を雨のように降らせて「情報収集」という作業を自動化します。Reeder、Feedly、Instapaperを使えば情報はスコールのように天からドバドバと流れ落ちてきます。

次に情報を絞り込みます。100記事のネタ元があれば、それを10記事まで絞り込みます。絞り込んだ記事はInstapaperで一元管理しましょう。

さらに10記事から1記事を選抜してゆきます。この1記事がブログ記事になるわけですね。お金が欲しい人はアクセスの稼げそうな記事を選抜すればいいし、ハッピーな気分でブログを書きたい人は自分の書きたいネタを選んでください。

いよいよ記事の作成です。この流れでブログを書いていたら、まずその他の情報収集を地道にやっているブロガーや情報収集すらやっていないブロガー(?)をいとも簡単に駆逐することができます。

Preview 06:09

仮に1%の記事を書いたとしても、大きな壁が立ちはだかります。それは先発組の記事です。ブログは基本的に先発組の方が有利です。ドメインの歴史もあるし、被リンクもたくさんついているし、SNSでもすでにシェアされている。

じゃあ後発組の僕たちが勝てないのか。いいや、勝つ方法は1つだけあります。それは超抜コンテンツを作ることです。HubSpotのいうRemarkable(注目に値する)突き抜けたコンテンツを作れるなら、あなたは先発組すら駆逐することができるでしょう。

Preview 05:47

さてここでブログで生計を立てたい人にアドバイスがあります。それは次の4つのドグマを信じないことです。

  1. 量を出す
  2. PVが大事
  3. トレンドを追う
  4. 広告収入で稼ぐ

量よりも質です。もちろんジブリのように2〜3年に1本のコンテンツを作るペースでは遅すぎますが(映画だからできるペースですよね)、かといって1日に20記事も投稿する必要はありません。1日に1本のハイクオリティ記事を投稿できれば素晴らしいことでございます。それを5年続けてください。いや6ヶ月でも続けてください。仮にそれほどPVが集まらなくても(たぶん集まるだろうけど)、あなたのファンが集まります。あなたのファンは比較的なホットな見込み客なので、商品を売ると高い確率で購入してくれるでしょう。100人の読者がいて1人でもいいから商品を買ってもらえれば成約率は1%です。仮に1万円の商品を1万PVに告知したら成約率1%で100人の購入者(100万円の報酬)になります。・・・ま、世の中そんなに甘くはないんですけど。

ブログで生計を立てたいと思っている人の4つの間違い
06:21

ブログを効率よくマネタイズするためにはGoogleと仲良くする必要があります。彼らが見ているものを4つ紹介しましょう。

  1. モバイルファースト。数年前までモバイルフレンドリーとか言われれて、レスポンシブにしたらアクセスが上がるとか成約率が上がるとか言われていたのに、今はファーストです。それが一番大事ってことです。実際にサーチコンソールから通知来たかたも多いはずです。「あなたのサイト、モバイルに対応していないから評価下げるね」って。
  2. 文章を見ている。Googleのクローラーは形態素解析とかN-Gram分析を使って文章を読んでいます。つまりキーワード重視の時代は終わったということです。昔は「半沢直樹」と検索しない限り目的地にたどり着けませんでしたが、今は「日曜 ドラマ 倍返しだ」だけで半沢直樹の公式ページが1位に表示されます。つまりロボットは文章や文脈を理解しているということです。
  3. 滞在時間を見ている。これは昔からずっと見ていたことだし、SEOの重要項目の一つですね。そりゃ長くGoogle経済圏に止まってもらった方がGoogleの売上に繋がりますから、自然とリテンションの長いサイトを評価するようになるでしょう。大事なのはリテンションをあげるノウハウを持っているかということですね。例えばファーストビューにYouTube/Vimeoの動画を埋め込んだり・・・。
  4. そこで検索が終わるか。これが一番大事ですね。Googleは「ダイエット」というキーワードで検索されて、1位 >> 2位 >> 3位(離脱)という順番でお客さんが遷移しているのをちゃんとチェックしています。この場合、3位のサイトでお客さんは検索をやめたわけですから、そのサイトがお客さんの疑問に答えるコンテンツを提供したと判断し上位表示します。
Googleが見ているもの -そこで検索が終わる記事
07:10

最後にコンパウンド記事。大切なことを言っているので是非動画を見ていただきたいんですけど、特徴をまとめると次の4つになります。

  1. ディケイ記事(時事性のあるものやマニアックな記事)の6倍のアクセスがある
  2. コンパウンド記事は情報提供型の記事であるため「〜の方法」「〜の理由」というタイトルになることが多い
  3. コンパウンド記事は質問への回答で成立することが多い
  4. コンパウンド記事は複雑な内容をわかりやすく解説していたり、グラフなどのビジュアルに訴える記事が多いようです
HubSpotが教えてくれるコンパウンド型の記事とは?
04:54
+ ボーナス
1 lecture 00:06
ボーナスレクチャー:収益性の高いブログを運営する方法
00:06