建築設計の現場で困らない「色の視認性と見やすい色」

見やすい色の選び方とその仕組みについて、カラーシステムや色見本帳をを使いながら論理的かつ体験的に理解します。
Rating: 3.7 out of 5 (4 ratings)
108 students
建築設計の現場で困らない「色の視認性と見やすい色」
Rating: 3.7 out of 5 (4 ratings)
108 students
色の見やすさと視認性に関する基本的な理解
カラーシステムを用いた視認性の高い配色づくり
色知覚のしくみと色の働き
知覚的プロセスによる色の分類と整理

Requirements

  • とくにありません。
Description

色ははたらきものです。

その色の働きの一つに、視認性と言われる色の見やすさ(見えやすさ)があります。

色の見やすさは、私たちが安全に行動するために、必要な情報伝達を担っています。つまり、色の見やすさは、私たちの安全性に直結する大切な考え方です。

この視認性は、時として「目立つ色」と混同して理解されがちです。

そのために、一見すると目立ってはいるけれど、必要な情報や伝えたいメッセージなどが、正確に相手に届かないといった状況が生じるケースがあります

そのようなことを回避するために、視認性のしくみを論理的に、かつ体系的に理解することを目的としているのが、このコースです

様々なバックグラウンドの人が集う色決めの現場などで、合理的・客観的に色の選択を行うことができるように、多くの人が利用している色見本帳を参考に、視認性に関する理解と、色の選び方を学ぶことができるようにコースデザインされています。

このコースを学ぶことで、視認性に関する合理性な理解ならびに色決めの手順についての理解を得ることができます。

クライアントさんへ説明責任がある方の場合は、説得力のある説明を行うことができるようになります。

また、このコースでは、色の視認性を理解するために、必要となる色彩学の基礎理論の中から、「色知覚の条件」と「色の分類・整理」についても、分かりやすくかみ砕いて説明しています。書籍学習などで難しさを感じておられた方にとっては、理解の一助となることと思います。

是非、1度ご受講いただければと思います。

それでは、コースでご一緒できることを楽しみにしています。


Who this course is for:
  • 色の見やすさや分かりやすさについて、クライアントに説得力のある説明を行いたい方
  • ピクトグラム・室名札・名刺などを作成する時に、視認性を考慮した配色を論理的かつ合理的に行いたい方
  • 見やすい色と目立つ色との違いを論理的に理解したい方
  • 建築現場でカラーシステム・色見本帳をもっと活用したいと思っている方
Course content
8 sections • 29 lectures • 54m total length
  • はじめに
    01:17
  • なぜ見やすい色が大切なのか?
    02:39
  • コースの進め方
    02:08
  • このセクションで学ぶこと
    01:44
  • 色の見え方
    01:53
  • 色の見えのしくみ
    01:21
  • 「見やすい色」が意味するところとは?
    00:51
  • 色のはたらき
    02:46
  • このセクションのまとめ
    00:57
  • このセクションで学ぶこと
    01:42
  • 視認性と背景色1
    03:20
  • 視認性と背景色2
    02:03
  • このセクションのまとめ
    01:06
  • このセクションで学ぶこと
    01:42
  • 色の差異とは?
    02:26
  • 明暗の差異とは?
    01:54
  • 明度差を確認する
    01:13
  • 明度差と色相差との違い
    04:37
  • このセクションのまとめ
    01:10
  • このセクションで学ぶこと
    01:34
  • 色のモノサシとしての表色系
    00:51
  • 明度の数値化と視覚化
    03:27
  • 視認性を高くする色の選び方
    01:32
  • このセクションのまとめ
    00:41
  • このセクションで学ぶこと
    01:46
  • 明視性と可読性
    01:15
  • このセクションのまとめ
    01:01
  • コースのまとめと留意点
    05:32
  • ボーナスレクチャー
    Processing..

Instructor
色彩言語・色彩心理・カラーイメージ・パーソナルカラー・カラーセラピー・色の見え・色の意味・配色理論・語感のコーディネート
よしの たかみ
  • 3.5 Instructor Rating
  • 14 Reviews
  • 216 Students
  • 2 Courses

こんにちは、よしのたかみです。


大学卒業後に、ものづくり愛知に本社をおく切削工具メーカーで貿易実務業務に就き、その後は、全国展開中のログハウスメーカーで代理店管理の部門に所属していましたが、「どうしても海外で生活してみたい!」という子供の時代からの夢を叶えるために、26歳の時にニュージーランドにワーキングホリデーとして滞在しました。


滞在中は、日本人が一人もいない人気のカフェで、キッチンハンドとして働きながら、楽あり苦ありハプニングありの時間を過ごし帰国しました。


帰国後は、渡航前から学び始めていたパーソナルカラーを皮切りに、カラーセラピーや、カラーイメージなどに関する専門知識を習得し、以降は、カラリストとして、教育機関や社会人向けに講座やコンサルティングの提供を続けています。


気づけば、コミュニケーションスキル、コーチングやカウンセリングの技法、ヒーリングや瞑想などのリラーグゼーション方法、アロマセラピー、ニューロンシステム、はたまた色に因んだ神秘主義思想などなど、それこそ多種多様に学びを重ねて現在に至っています。


端から見ると漫然としているように見えるかもしれないのですが、私の意図はいつもたった一つ。それは【生徒さんやクライアントさんのファーストステップのための小さな一歩(ベィビィステップ)をサポートする】です。


ベィビィステップを踏み出すためのスイッチの在り処は、一人一人違います。その在り処を探す可能性として、結果として、色々なアプローチを提供するに至りました。


このUdemyでも、皆さん一人一人のベィビィステップをサポートするような講座をお届けできればと思っています。


経歴

20年間にわたり、色彩学をベースに、教育機関や社会人向けに講座やコンサルティング、カウンセリング、コーチングを提供する。建築設計のプレゼンテーションに伴うストーリーメイキングや、高齢者施設でのカラーセラピー講座など、多種多様な人達と時間を過ごす。最年少クライアントさんは0歳児。最高齢の生徒さんは98歳。リアル講座での指導経験は8,000人に及ぶ。