Cubaseを購入する前に知っておくべきこと:注意点と賢く購入するためのヒント

このコースでは、Cubaseを購入する前に知っておくべきことを解説します。具体的には、Cubaseを購入する際の注意点と賢く購入するためのヒントを30分で解説します。
Rating: 4.8 out of 5 (65 ratings)
382 students
Japanese
Cubaseの購入の仕方
Cubaseのどのグレードを買えばよいのか
なぜCubaseが優れたDAWなのか
Cubaseのアップデートの裏技

Requirements

  • Cubaseの購入を検討している
  • 作曲に興味がある
  • DAWに興味がある

Description

このコースは、「Cubaseのを購入する前に知っておくべきこと」について解説するコースです。


楽曲製作を始めようとする第一歩は、音楽作成ソフト(DAW)を購入することです。

しかし、そのために分からないことだらけです。


「Cubaseを安く購入する方法はないの?」

「Pro?Artists?Elements?結局どれを選べばいいの?」

「通常版とアカデミック版とクロスグレード版は何が違うの?どれがお得なの?」

「最新のバージョンへ賢くアップデートする方法はないの?」


このような疑問を解決するためのコースです。

情報量は豊富ですが、動画自体は30分と短いためすぐに視聴することができます。

既にCubaseをお持ちの方も、「アップデートの裏技」は今後の役に立つため必見です。


僕は、数あるDAWの中でも、Cubaseを一番おすすめしています。

なぜなら、Cubaseは、最強のDAWだからです。


その理由は3つあります。

 ①VSTプラグインとの相性が良い→有料無料様々プラグインはCubaseで動くことを前提として設計されています。

 ②Windows、Macどちらでも使用できる→OSの環境変化に柔軟に対応できます。

 ③国内シェアNo.1→使用方法など欲しい情報が手に入りやすいです。


「作曲に興味がある」

「DAWを始めたいが高くて手が出せない」

「どのDAWを購入すれば良いか分からない」


そのような方にピッタリのコースです。


一昔前は、作曲は音楽的教育を受けた人間だけの限られた特技でした。

しかし、現代ではPCとDAWの発達により、作曲への敷居が下がっています。


もはや限られた人間だけの特技ではありません。

作曲は、あなたにも絶対できます。


あなたにも作曲の楽しさを知ってもらいたいと思っています。

それでは、コースの中でお会いできることを楽しみにしています。

Who this course is for:

  • Cubaseの購入を検討している
  • 作曲に興味がある
  • DAWに興味がある

Course content

1 section20 lectures33m total length
  • イントロ
    00:55
  • 結論
    00:25
  • Cubaseが最強のDAWである3つの理由
    03:24
  • Pro・Artists・Elementsどのグレードを購入するべきか
    01:21
  • 新品を安く購入する方法
    00:45
  • アカデミック版より安く購入する方法
    02:10
  • 公式サイトの中古譲渡時の注意点を確認する
    03:50
  • 公式サイト:USB-eLicenserを使用するCubaseを譲渡したいです。
    00:03
  • 公式サイト:MySteinbergアカウントに登録されているUSB-eLicenserを削除する手順を教えてください。
    00:03
  • 公式サイト:USB-eLicenserやSoft-eLicenserを登録しようとすると「既に他のユーザーによって登録されています」と表示されます。
    00:03
  • 中古購入のデメリットと解消方法
    02:42
  • 実際のフリマサイトを確認する
    03:21
  • どのバージョンを購入すれば良いのか
    01:30
  • 公式サイトのバージョンと使用OSとの対応です。
    00:17
  • 予算別購入提案
    00:49
  • 公式サイトのセールを利用する
    01:31
  • アップデートの裏技
    03:32
  • アップデートの購入方法
    03:26
  • まとめ
    00:42
  • 作曲、Cubaseの上達のために行うこと
    02:15

Instructor

作曲、編曲、音楽理論、ミキシング、マスタリング、DAW操作、作業分析
宮城 晴人
  • 4.4 Instructor Rating
  • 391 Reviews
  • 1,675 Students
  • 9 Courses

作曲歴12年以上、音楽歴17年以上

作曲案内人、作曲家、編曲家、音楽理論研究家、ミキシングエンジニア、作業分析


【経歴】

公務員の両親との間に生まれ、ピアノなどの英才的音楽的教育は一切受けずに育つ。

中学生の頃に、友人に誘われギターを始め、音楽にのめり込む。


高校、大学時代は、積極的なライブ活動とデビューに向けたコンテストに精力的に参加しているバンドに加入する。

しかし、活動の中でバンド側から求められているギターの技量に到達できず、クビになる。


それ以降人間不審に陥り、1人での活動を余儀なくされる。

音楽活動を継続するために、作曲とDAWに取り組み始めるが、上達せず、低クオリティの楽曲を作り続ける。

楽曲を発表するが、誰にも聴かれない日々が続く。

学生生活の終わりに差し掛かり、世間の波には逆えず、音楽の道を諦め、就職を決意する。


音楽での挫折を忘れるため、仕事に打ち込むようになり、大学病院でリハビリ療法士として働きながら、作業分析を専門に学び、修士号を得る。

その後数年間の臨床経験と研究経験を積むと、専門的な知識と指導技術が大学関係者に認められ、大学教員として働かないかと誘われる。


順風満帆に思えたが、心の中は常に、音楽の道を夢半ばで諦めたという敗北感で支配されていた。

追い打ちをかけるように、ヒットチャートで同世代の音楽家が台頭し、敗北感が日に日に増していった。

そして、敗北感に支配された毎日に耐え切れなくなり、大学教員への道を捨て、再び音楽の道を進むことを決意する。


一念発起し、自身の作曲技術を見直すため、プロの作曲家に指導を受け、音楽理論やミキシングやマスタリングなどの音楽編集技術を幅広く学ぶ。

この時に、自身の技術改善のために、作業分析を活用した独自の上達方法を生み出す。


この頃から、インターネット上での作曲活動を中心に、ゲーム製作やオムニバスアルバム企画への参加、アーティストへの楽曲提供などを行うようになる。そして、少しずつ音楽でお金を頂けるようになる。


次第に、DAWを用いた作曲指導を依頼されるようになり、音楽劣等生としての経験を活かしながら、作曲未経験者や作曲初心者に寄り添った指導を行うようになる。

この時に、音楽の専門知識だけでなく、リハビリ現場で使用されている作業分析を用いた、独自の指導方法を確立させる。


「作曲は、あなたにも絶対できる」をモットーに、受講者の立場に立った、優しく丁寧な分かりやすいを心がけた指導を行う。


【受講生の皆さんへ】

音楽劣等生として音楽歴の大半を過ごしたため、初心者がつまずきやすいポイント、疑問に思うポイントは熟知していると自負しています。

そのため、受講生の皆さんの目線に合わせたコースを作成していきたいと思っております。


コース内でご不明な点がございましたら、遠慮なく質問してください。全力でお答えさせていただきます。


皆さんとコース内でお会いするのを楽しみにしています。